ハードディスクメンテナンス

ハードディスクの診断、物理フォーマット、静音化、Linux、サーバー、MySQLなどがメインだったのですが、その後広がり、カメラやハードウェアの投稿も増えてきました。 モバイルデバイスは、MacBookAir(13型)、iPad Air2、ポメラ DM100(キングジム)OLYMPUS STYLUS XZ-2など。 これらを使いながら、ブログを更新しています。

タグ:Windows10



MacBookAir(2011,Mid,13型)のBootCampでWindows10 Proを動かしているンだが、WindowsUpdateを行うと、CPU占有率が100%に張り付く事案wwwww

WindowsUpdate_MacBookAir

・CPU:Core i7-2677M(2コア4スレッド)
・VGA:Intel HD Graphics 3000(CPUに内蔵)
・RAM:4GB
・SSD:256GB

Core i7-2677M

RAMが4GBユ〜ンは少奈杉流が、当時はコレでMAXであり、当時から増設不可!

WindowsUpdate_MBA(2011,Mid,13inch)

コルェはダメかも若乱ヌェwwwww

液晶もTNッぽく、色変で薄色判別不可、且つ、視野角狭杉で非常に不快!

サスガに九/玖/9年になるンで、ヨク/耐ゑた方カナ/佳奈?

新型MacBookAir



今(2020年春)なら/奈良、MacBookAirだと13インチの最小構成で、税別104,800円。

・True Toneを採用したRetinaディスプレイ
・第10世代の1.1GHzデュアルコアIntel Core i3プロセッサ(Turbo Boost時最大3.2GHz)
・Intel Iris Plus Graphics
・8GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ
・256GB SSDストレージ
・Magic Keyboard
・Touch ID
・感圧タッチトラックパッド
・Thunderbolt 3ポート x 2

但し是だと、デュアルコアで使い物にナラナゐンで、壱万円足して、以下のクアッドコアにできる。

・第10世代の1.1GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost時最大3.5GHz)

RAMも、長く使うコトを考えれば、計16GBは欲しゐ佳奈?

・8GB→16GB:+弐万円

BootCampでWindowsを動かすコトも考ゑると、ストレージは最低でも計512GBは欲しゐ佳奈?

・SSD 256GB→512GB:+弐万円

自作機とは異なり、RAMもSSDも追ッての増設は不可だろうから、注文時に決めとかンとナらン!

加ゑて、USB-TypeCしかナゐンで、コノママだと何もツナゲナイから、それ相応のHUBも必要になる。

・104,800円+壱万円(CPU)+弐万円(RAM)+弐万円(SSD)+HUB=154,800円+HUB

・(154,800円+HUB)×1.1(バカへの上納金)=税込170,280円+HUB

結局高杉流ワ!ドァヴォ!!

・RAMは8GBで肆千円が相場 → 弐万円(伍倍)でウリツケ!
・SSDは256GBで参千円が相場 → 弐万円(6.6倍)でウリツケ!

朗蟹ボッタクリ邪!ドァヴォ!!

関連:MacBookAir(13型,Mid,2011)をWindows7からWindows10にした場合の問題 Bluetoothと入力切替

関連:MacBookAirのWindows(BootCamp)でBluetooth機器がドライバーがなく使えない問題

関連:MacBookAir(13-inch,Mid 2011)にWindows10 Proを入れたった結果wwwww

[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



Windows10で「Win+G」を押すと、ゲームバーが出現し、指定したウィンドウの録画ができる。

しかし、設定をしないとフレームレートが30fpsと荒かったり、短時間で終了したりする。

これを避けるためには、予め設定をしておかなければならない。

\瀋蝓筌押璽燹筌押璽爛弌爾ONにする。

ゲームバー

ここで、XBOXのコントローラーのXボタンでゲームバーを出すようにもできる。

Xボタン_XBOX

∪瀋蝓筌押璽燹筌ャプチャで設定する

動画の保存場所



キャプチャ

録画物の保存場所を指定する。
動画の容量は大きくなるので、空き容量の大きな場所に指定するコト。

だが、場所の指定はWindows標準の「ビデオ」内にあるCapturesフォルダと同一にしかできヅ、本キャプチャのみ個別の場所にするコトができない、このヴァクァ詐加減!!

変更するには、Windows標準の「ビデオ」フォルダそのものの場所を変更しなければならない。

Windows標準のCapturesフォルダは、標準ではOSが存在するCドライブに存在し、SSD搭載機では概して容量不足になるので、ココで個別に設定できない意味が分からない。

名寺、話シてる、ハルァ切ッてスィヌェ!!

「ビデオ」の場所は、設定>システム>ストレージ>新しいコンテンツの保存先を変更する で変更可能。

新しいコンテンツの保存先を変更する

さすれヴァ、Capturesフォルダもその中に移動となるハヅ!

バックグラウンド録画



オフにしておく。

記録の最大長



30分、1時間、2時間、4時間の選択肢から選ぶ。

録音されたオーディオ



ゲームを記録するときにオーディオを録音する:オン

ゲームを記録するときにマイクを既定でオンにする:任意

音質:96,128,160,192kbpsから選択

マイクのボリューム:任意

システムの音量:任意

ゲームオーディオのみの録画:オン

これをオンにしておかないと、ゲーム以外の音(メール着信音など)も録られてしまう。

録画されたビデオ



ビデオフレームレート:30fpsか60fpsかを選択

容量は倍増するが、FPSやレースゲームなら60fpsを選択したい。

ビデオ品質:標準か高を選択

動画のビットレートのコトであろう。

記録でマウスカーソルをキャプチャする:任意

録画される対象範囲は、ウィンドウ内(上部バーは除く)に限られ、解像度もそれに準じる。

なので、ヘンな解像度(16:9や4:3以外)のウィンドウを撮ってしまうと、録画物の解像度もヘンとなり、そのままYouTubeに上げると、再生品質の選択肢が制限される場合がある。

また、解像度が低いと、YouTubeでビットレートが低く扱われる(=画質が劣化する)場合があるので注意。

録画中の振舞をタスクマネージャーで見ていると、NVIDIAのビデオカードを搭載しており、そのハードウェアエンコードであるNVENCが使用できる状態だと、NVENCを使用するようだ。



なので、ゲーム中もCPUやビデオカードの負荷は少なく済む。

NVIDIA純正の録画ツールであるShadowPlayと似たような感じ。

関連:GeForce Experience の NVIDIA ShadowPlay(Share) による録画方法詳解

ShadowPlayが常にゲームのウィンドウで反応すれば「Win+G」ナヅォ不要なのだが、ShadowPlayのクヅォ加減(アップデートでも直らないバグ)でShadowPlayが反応しないゲームもあるので、その場合は「Win+G」を使ゑばヨカロウ。

なお、QSV(Quick Sync Video)とNVENCが共存している場合に、QSVを優先させる項目はココにはないし、できるのシラン(SILANE)。

関連:Intel HD Graphics(内蔵ビデオ,iGPU,QSV)とビデオカード(NVIDIA GeForce,NVENC)を共存させる方法

関連:[OBS] NVENCによるエンコード改善とその設定方法 [v23.0]

関連:[MSI] GT 1030 2G LP OC と GeForce GT 1030 2GD4 LP OC の比較と注意点! [NVIDIA]

Xbox One ワイヤレスコントローラー (ホワイト)
日本マイクロソフト (2016-11-24)
売り上げランキング: 264

Xbox One  ワイヤレス コントローラー (ブラック)
日本マイクロソフト (2016-11-28)
売り上げランキング: 621

Xbox ワイヤレス コントローラー (スポーツ ブルー)
日本マイクロソフト (2019-10-01)
売り上げランキング: 3,362


[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



Windows10 バージョン 1909(November 2019 Update)にすると、ファイルマネージャー(エクスプローラー)の右上にある検索窓が一切反応しなくなる不具合に遭遇する。

検索窓_Windows10_001

一切反応しないので、コピペも不可。

ムァタ、エクスプローラーだけでなく、コントロールパネル等の検索窓も一切無反応!!

検索窓_Windows10_002

名寺、話シてる、ハルァ切ッてスィヌェ!!(又吉ゐゑス)

[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



2019年8月18日に、メインマシン(Windows10 Pro)を、バージョン1903にした。

Windows10

2019年5月22日に公開されたようなので、3ヶ月くらい待ってからということになる。

なぜ待ったかというと、過去の大型アップデートで悲惨な目に遭ったから。

音声関連がおかしいとか、挙句の果てにはネットにつながらないなどの不具合多発であった。

関連:Windows10 Fall Creators Updateでトラブル発生、削除するも新たなトラブル!

関連:悲惨杉流、Windows10 Fall Creators Update

目下、バージョン1903に於いては、特段大きな不具合は検知していないが、録画やライブ配信とかでも問題ないかはまだ未確認なので、安心はできない。

なお、2019年8月のメインマシンの構成は以下の通りである。

・CPU:Core i7-6700(Skylake)
・M/B:H170M Pro4(ASRock)
・RAM:32GB(8GB×2枚8GB×2枚)
・GPU:GeForce GTX 1060 AERO ITX 6G OC(MSI)
・SSD:SDSSDXPM2-500G-J25(500GB,M.2,SanDisk)
・電源:MPX-7501-AMAAB-JP(750W,CoolerMaster)
・OS:Windows10 Pro(64bit)

CPUとマザー、RAM16GBで、2015年のシナモノで2016年夏に組み、その後、M.2のSSD追加、電源交換、ビデオカード追加、RAM追加などを経て、現在に至る。

関連:組立作業 Core i7-6700(Skylake) H170M Pro4(ASRock) TS2133HLH-16GK(Transcend)

関連:SDSSDXPM2-500G-J25(エキプロ)の入手,レビュー,ベンチマーク,温度,サンディスク

関連:[MSI] GeForce GTX 1060 AERO ITX 6G OC 開封レビュー [NVIDIA]

関連:[電源] MasterWatt 750 MPX-7501-AMAAB-JP 換装前後レビュー [CoolerMaster]

関連:メモリー(Panram,W4U2666PS-8GC19,8GB×2枚)を買〜た件

マシンパワーに関しては、CPUがCore i7-6700と、2015年あたりの構成であり、既に4年が経過しているが、まぁ大きな不満は無い。

最近はIntelよりもAMDが優秀でコスパにも優れるようなので、そちらへの移行も考えてはいるが、
AMDに抜かれたIntelが「逆々襲」した後のタイミングで変えたいと思っている。

別に反AMDではないし、過去にはK6-2やK6-III、Athlon、Duron、Athlon 64 X2なども使ってきている。

AMD Duron 800MHz

関連:Athlon 64 X2 4400+(Socket939) ADA4400DAA6CD と ADV4400DAA6CD の違い

関連:AMD Duron800MHz(Spitfire)から1.2GHz(Morgan)へ換装する

が、やはりまだまだIntelに最適化されているのが普通なので、その点でもAMDには不安があるが、最近はそうでもない?

OSの再インストールをしたくない(面倒)ため、起動ドライブをそのまま
新環境に取り付けて使いたいので、Intel→AMDだと、修復が必要そうで嫌というのもある。

まぁ、Intelが「逆々襲」とはいっても、状況的にかなり先になりそうなので、その間にAMDに行ってしまいそうである。

その場合は、Ryzen 5 3600を選択したい。

AMD Ryzen 5 3600 with Wraith Stealth cooler 3.6GHz 6コア / 12スレッド 35MB 65W【国内正規代理店品】 100-100000031BOX
AMD Ryzen 5 3600 with Wraith Stealth cooler 3.6GHz 6コア / 12スレッド 35MB 65W【国内正規代理店品】 100-100000031BOX

価格は2.6万円程度で、6コア12スレッドである。

現在のCore i7-6700は4コア8スレッドであり、コア数もスレッド数も増加となる。

AMDで懸念されるシングルスレッドの性能であるが、Zen2になってIntel並になったとのことなので、コアが2ツ増えて、スレッドが4ツ増えた感じとなろう。

当方はYouTubeに動画を出しており、エンコードをする機会は多いのだが、CPUでエンコードすることは少なく、ほとんどがQSV(Intel HD Graphics 530)、
まれにNVENC(GeForce GTX 1060)というハードウェアエンコードなのだが、よく使うAviutlだと、QSVやNVENCを使ってもなぜかCPUが多く使われてしまうので、
Ryzen 5 3600にするとメリットは大きそうだ。

マザーに関してはX570だと無駄に高すぎるので、B450で十分。

ASRockのB450 Pro4だとアマゾンで9,700円前後で安い。

ASRock AMD B450チップ搭載 ATX マザーボード B450 Pro4
ASRock AMD B450チップ搭載 ATX マザーボード B450 Pro4

安価でありながら、M.2が2ツあったり、背面にUSB Type-Cが1ツではあるがあるので、ガチゲーマーやLEDピカピカのキティG*Yではないのでこれで十分。

背面_B450 Pro4

M.2(NVMe)とPCIe(x16)の2本目が排他など、細部には注意だが、当方はビデオカードは1枚のみなので無問題。

購入に際しては、注意点が1ツある。

B450のマザーで第三世代Ryzenを使うには、BIOSのアップデートが必須である。

B450 Pro4の場合、BIOSがP3.20以降が第三世代Ryzen対応だが、通販で買う場合、BIOSが上げられているか分からないのだ。

アマゾンレビューで調べたが不明だし、ドスパラ通販でも不明である。

ドスパラはパソコン屋なのだから明記すべきヤロ?セヤロ?

アマゾンはASRockの他のモデルも同ページ掲載となっており、レビューやFAQを読む際は機種で絞らないとならないので注意。

実店舗なら「Ryzen3000 Ready」とかのシールの有無で判別できるが、ネット通販は多くが不明。

PCワンズのように無料でアップデートしてくれる(通販も実店舗も)ところもあるが、アマゾンやドスパラよりも1,400円ほど高い。

関連:BIOSアップデートサービス (PCワンズ)

ドスパラは実店舗の場合のみ?で、BIOSアップデートサービスがあるが、有料で三千円も取る!

関連:PCの修理・アップグレード作業 (ドスパラ)

AMDが無償でBIOSアップデートのためのCPUを貸してくれる「Boot kit」というものがあるらしいが、手続きが面倒すぎるので除外。

関連:BIOSが古いAMD300マザーで第2世代Ryzenを動作させる3つの公式方法 (インプレス)

ASUSやMSIのマザーなら、CPUもメモリーも映像出力も不要でBIOSをアップデートできる「USB BIOS Flashback」という機能があるが、ASRockのマザーにはそのような機能はない。

関連:Flash BIOS Button (MSI)

BIOSのアップデートのためだけに古いCPUを買うのも無駄で面倒すぎるし、最安のAthlon 200GEでも6千円するし、最初期バージョンのBIOSだとAthlon 200GEでも認識しない罠w

なお、動画のエンコードだけなら、8コア12スレッドのRyzen 7 2700Xが約2.6万円、Ryzen 7 2700が約2.4万円と、Ryzen 5 3600とほぼ同じか安いので、

Ryzen7_3600_2700X_2700

エンコード重視(H.264限定、H.265はダメ)なら、ソチラがいいのかはシラン(SILANE)。


ASRock AMD B450チップ搭載 ATX マザーボード B450 Pro4
ASROCK (2018-07-31)
売り上げランキング: 1,761

AMD CPU Ryzen 7 2700X with Wraith Prism cooler YD270XBGAFBOX
AMD (2018-04-19)
売り上げランキング: 3,130

AMD CPU Ryzen 7 2700 with Wraith Spire (LED) cooler YD2700BBAFBOX
AMD (2018-04-19)
売り上げランキング: 2,049

AMD CPU Athlon 200GE YD200GC6FBBOX Vegaグラフィックス搭載
AMD (2018-09-28)
売り上げランキング: 1,935



ASRock Intel H170チップセット搭載 MicroATXマザーボード H170M Pro4
ASROCK (2016-04-04)
売り上げランキング: 44,327

Transcend デスクトップPC用メモリ PC4-17000(DDR4-2133) 8GB×2 1.2V 288pin DIMM TS2133HLH-16GK
トランセンド・ジャパン (2016-03-24)
売り上げランキング: 38,229


MSI GeForce GTX 1060 AERO ITX 6G OC グラフィックスボード VD6307
MSI COMPUTER (2017-04-08)
売り上げランキング: 1,152





[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



空フォルダを残さずに削除するのが原因らしい。

関連:Windows10 October Updateでファイルが消失する原因が判明 (Impress)

関連:Windows10 October Updateにファイル消失問題で提供中断 (Impress)

条件は限られるが、アリエン話ではナゐ。

「デスクトップ」「ドキュメント」「ピクチャー」「スクリーンショット」「ビデオ」といったフォルダは、デフォルトではCドライブに存在するが、CドライブがSSDであり、容量を圧迫したくないとの理由で、他ドライブに設定する場合もあるンで...

ムァ、この手のアップデートは、出たからとゐッてスグには入れヅ、しばらく様子を見るコト。

M$は信用シてはならン!

ワシの場合はゐッても問題のナゐサブマシンにのみ入れて、メインマシンは1803(Windows10 April Update 2018)でトメ/NYにゐクィたゐクァ〜!てアル。

勝手に入れてコヨ〜とするンで、要注意!警戒をオコタルな!!

関連:Windows10 October 2018 Update(バージョン1809)が登場も、要警戒!

関連:Windows10 Ver.1803 更新プログラム KB4100347

[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ