ハードディスクメンテナンス

ハードディスクの診断、物理フォーマット、静音化、Linux、サーバー、MySQLなどがメインだったのですが、その後広がり、カメラやハードウェアの投稿も増えてきました。 モバイルデバイスは、MacBookAir(13型)、iPad Air2、ポメラ DM100(キングジム)OLYMPUS STYLUS XZ-2など。 これらを使いながら、ブログを更新しています。

タグ:Radeon



以前書いた、サブマシンがCoD-Gプレイ中に落ちてしまう問題。

Core i7-2600K + GeForce GTX 1060 AERO ITX 6GB

関連:サブマシンが落ちる事案(Core i7-2600K + GeForce GTX 1060 6GB)

Core i7-2600K + 例のグラボ

関連:サブマシンが落ちる事案(Core i7-2600K + 例のグラボ)

色々試したが、ヤハリ突如フリーズしてしまう。

構成(2020年6月)



・CPU:Core i7-2600K(SandyBridge)
・M/B:Z77 Extreme4(ASRock)
・RAM:16GB = 4GB(PC3-10600,DDR3-1333)×4枚
・GPU:GTX 1060 6GB例のグラボ(RX470/580)
・電源:AP-500CKMS-450EB
・OS:Windows10 Pro(64bit)
・モニター:C24G1/11(144Hz,24型,FHD,VA,曲面,AOC)

やッたコト



・グラボ入れ替え
 GTX 1060例のグラボ

・電源入れ替え
 AP-500CKMS-450EB

・Windows メモリ診断

Windows メモリ診断



例のグラボだと、ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWNの場合、ドクッ!ドクッ!とゐぅ、非常にゐカグァわシゐ脈動がある!

冬には発生していなかったンで、熱問題の可能性があるが、二種類のグラボで両方ともコケてるしね。

考えられる点は多々あるが...

・ビデオカードの熱暴走
・CPUの熱暴走
・M/Bの劣化
・電源の劣化(両方とも古ゐ)
・呪ゐ

織田無道住職ッ!

関連:サブマシンが落ちる事案(Core i7-2600K + GeForce GTX 1060 6GB)

関連:サブマシンが落ちる事案(Core i7-2600K + 例のグラボ=Radeon RX470)

[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



以前書いた、サブマシンがCoD-Gプレイ中に落ちてしまう問題だが、

Core i7-2600K + GeForce GTX 1060 AERO ITX 6GB

関連:サブマシンが落ちる事案(Core i7-2600K + GeForce GTX 1060 6GB)

ビデオカードを例のグラボ(AMD Radeon RX470)に交換しても、落ちてしまう!

Core i7-2600K + 例のグラボ

しかもGeForce GTX 1060 AERO ITX 6G OCでは問題なかったACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWNでも、ドクッ!ドクッ!とゐぅ、非常にゐカグァわシゐ脈動の末、落ちてしまう!

構成(2020年6月)



・CPU:Core i7-2600K(SandyBridge)
・M/B:Z77 Extreme4(ASRock)
・RAM:16GB = 4GB(PC3-10600,DDR3-1333)×4枚
・GPU:例のグラボ:Radeon RX470
・電源:AP-500CKM(AQTIS,500W)
・OS:Windows10 Pro(64bit)
・モニター:C24G1/11(144Hz,24型,FHD,VA,曲面,AOC)

トナルト、電源が原因のなのか?

消費電力を節電 エコチェッカー ET30Dで測った結果、電源の容量不足ではないとは、以前書いたのだが...電源がクサゐ可能性が高まってキタ〜ッ!(by 織田裕二)

てクァ、気温上昇に伴う熱が原因の可能性もあるが、ビデオカードのファンは回転してるし、対策/大作使用がナイゐでしょ、是!

関連:[ワットチェッカー] 節電エコチェッカーET30Dで、パソコンの消費電力を計測したった結果wwwww [使用レビュー]

関連:[ワットチェッカー] 節電エコチェッカーET30Dで、冷蔵庫の消費電力を計測し、電気代を知る [使用レビュー]





[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



LenovoのThinkCentre M75q-1 Tinyに関するハナシ。

Lenovo_ThinkCentre M75q-1 Tiny

関連:Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny - SSD(M.2,NVMe)やRAM(メモリー)の増設、135WのACアダプターについて

Radeon設定の「アップデートを確認」で、Radeon Software(Adrenalin 2020)の最新版がないか確認するも、2020年6月26日の段階でもv20.4.2のままであったが、

Radeon_20.4.2

WEBで探すと、v20.5.1が存在する!

Radeon_20.5.1

関連:AMDのドライバー&サポート (AMD)

ヴァクァなの?スィヌの?

と思われたが、v20.5.1は「Optional Version」であり、Radeon設定の「推奨ソフトウェアバージョン」で「推奨+オプション」を選んでおかないと検知されないのだろう。

推奨ソフトウェアバージョン

v20.5.1を入れて再起動すると、タスクマネージャのGPUの項目の選択肢が、少し変化する。

Video Decode 1

v20.4.2

・3D
・Copy
・Video Encode
・Video Decode
・High Priority Compute
・Compute 0
・Compute 1
・Internal 0
・Security
・Video Encode

v20.5.1

・3D
・Copy
・Video Encode
・High Priority Compute
・Compute 0
・Compute 1
・Timer 0
・Security 1
・Video Decode 1

v20.4.2では「Video Encode」が2ツあって区別が付かなかったが(中身は別物だが名称が同じ)、ソレが「Video Encode」と「Video Decode 1」となり、名称で区別できるようになったンかはシラン(SILANE)。

で、例のYouTubeがカクツク問題だが、残念ながら解消せず。

関連:[AMD Ryzen 5 Pro 3400GE] ThinkCentre M75q-1 Tiny でYouTubeがカクつく問題 [Radeon Vega 11 Graphics]

以下のように「Video Decode」が高負荷となり、その間は動画がカク付く。

Video Decodeが高負荷

カク付きは長時間に渡るコトもあり、非常に不快。

当然ながら、Google Chromeは最新版(v83.0.4103.116)である。

ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!

関連:ThinkCentre M75q-1 Tiny でYouTubeがカクつく問題の解消方法



購入はココThinkCentre M75q-1 Tiny(価格.com限定品)

関連:Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny - SSD(M.2,NVMe)やRAM(メモリー)の増設、135WのACアダプターについて

関連:[Lenovo] ThinkCentre M75q-1 TinyのUMA Frame Buffer Sizeについて [BIOS/UEFI]

関連:[Lenovo] ThinkCentre M75q-1 Tiny と Radeon Software を極める! [AMD]

[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



以前、LenovoのThinkCentre M75q-1 TinyでYouTubeを再生すると、結構な高頻度で、動画がカクカクとなって悲惨杉流コトがあると書いた。

Lenovo_ThinkCentre M75q-1 Tiny

関連:[AMD Ryzen 5 Pro 3400GE] ThinkCentre M75q-1 Tiny でYouTubeがカクつく問題 [Radeon Vega 11 Graphics]

事象の詳細は上記記事にあるが、Chromeで発生し、Chromeを最新にしても直らヅ、グラフィックドライバー(Radeon Software)を最新にしても直らかなった。

Video Encodeの負荷が大きくなり、YouTubeがカクつくのね。

GPU_VideoEncode

で、コノ改善方法を見つけたッポゐンで、ソレを以下に記す!

本機(ThinkCentre M75q-1 Tiny)のチップセットは何かを調べる。

CPU-Zでは「RyzenSOC」となってる。

RyzenSOC

ハァ?

チップセットて〜と/帝都、B450とかX570とかを指すのでは?

で、本機の同類の仕様を調べると、「AMD B300 チップセット」とある。

AMD B300 チップセット

関連:ThinkCentre M75q-1 Tiny 製品仕様書 11A4002LJP/11A4002KJP (Lenovo)

で、AMDのサイトを調べるも、B300というチップセットはナイ!ドァヴォ!!

AMD Chipset

関連:AMDソケットAM4プラットフォーム (AMD)

だが、「B3xx」なのは「B350」しかないので、ソ〜トと捉ゑル(笑)

次に、AMDのサイトで「B350」の最新ドライバーを探す。

Chipsets>AMD Socket AM4>B350 と進み、

B350_AMD

関連:AMDのドライバー&サポート (AMD)

Windows10(64bit)用のドライバーを入手する。

Windows10 - 64ビット版

DetailsのSupportsを見ると、各種チップセットに広く対応してるので大丈夫デショ(笑)

で、解凍して得た「AMD_Chipset_Software.exe」を実行、全3項目を選択した状態でインストールする。

AMD Chipset Software Installer

再起動は求められないが、当然再起動する。

再起動後、ChromeでYouTubeを再生すると、カクツキが生じヅ、上述のVideo Encodeを見ると、なんと負荷が「ゼロ(零)」にナッテル!

GPU_VideoEncode_001

しかも、Chromeを最小化したり、タブをYouTube以外に移したりすると、「3D」や「VideoEncode(標準から表示されている方)」の負荷も下がる!

GPU_VideoEncode_002

是で、マトモに使えるようになったカナ/佳奈?

テクァ、本機は自作機ではなく、OSやドライバーは最初から入っている。

ソノ「標準の状態」でこのヅァマとは何事か!ドァヴォ!!

で、インストールされている管理ソフト(Lenovo VANTAGE)では、BIOSのアップデートは検知できるが、ドライバのアップデートは検知できない!

ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!

バージョン情報



・BIOS:M2FKT1EA(2020/2/19)
・AMD Software(チップセットドライバ):v2.04.04.111(2020/4/7)
・Radeon Software(ビデオドライバ):v20.4.2(2020/4/21)
・Google Chrome:v81.0.4044.138(Official Build) 64bit

追記:真の原因



真の原因は、Radeonのドライバーだった!

関連:[AMD] Radeon Software v20.7.1が登場、遂に「カクカク問題」が解決? [Adrenalin 2020]


[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



OS(Windows10)、並びに消費税及び送料込でアリナガラ、激安3.2万円の小型スリムパソコンである、LenovoのThinkCentre M75q-1 Tinyについて。

M.2とRAM_Lenovo

関連:[Lenovo] ThinkCentre M75q-1 Tiny の SSD(M.2,NVMe)とRAM(メモリー)の増設 [レビュー]

APUはAMD Ryzen 5 Pro 3400GEであり、ビデオとしてRadeon RX Vega 11 Graphicsが内蔵されている。

Radeon Vega 11 Graphics

標準付属のACアダプター(65W)だと電力不足でパフォーマンスを発揮できないが、135WのACアダプターにすると能力を発揮する。







その后、Call of Duty: GHOSTSで、144Hz対応のモニター(フルHD)で試してみると、画像品質をExtraにしても、90FPSほど出るコトを確認!

CoD-Gはゲーム自体に91FPSまでという制限がかかっているので、MAXまで出るというコトになる。

# 制限は裏技で回避可能。

場面によっては60FPSほどに落ちるコトもあったが、60FPSは下回らない感ぢであった。

2013-2014年ごろの古いゲームではあるが、内蔵GPUでこれだけデキたら上等ではないかね?

# Intelの内蔵ビデオであるHD/UHD Graphicsだと確実に無理!

何度か行われているRadeon Software(Adrenalin 2020)の更新で性能が伸びたンもあるンかはシラン(SILANE)。

# 2020年4月中旬の時点でv20.4.1

関連:Radeon Software(Adrenalin 2020) (AMD)

但し、Win+Gによる内部録画をすると、その負荷のためか、以下のように60FPSまで下がってしまう。



# 負荷が大きかったのか、ゲームが落ちる事案wwwww(Windowsは落ちていない)。

他のマシンでWin+Gによる内部録画をしても60FPSにはならないので、録画したら60FPS止まりになるという仕様ではない。

また、負荷をかけない外部録画(GV-HDRECとか)だと、上限が60FPSまでとなるので、60FPS以上でのプレイ且つ録画は無理。

[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ