ハードディスクメンテナンス

ハードディスクの診断、物理フォーマット、静音化、Linux、サーバー、MySQLなどがメインだったのですが、その後広がり、カメラやハードウェアの投稿も増えてきました。 モバイルデバイスは、MacBookAir(13型)、iPad Air2、ポメラ DM100(キングジム)OLYMPUS STYLUS XZ-2など。 これらを使いながら、ブログを更新しています。

タグ:Pro



LenovoのThinkCentre M75q-1 Tinyに関するハナシ。

Lenovo_ThinkCentre M75q-1 Tiny

関連:Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny - SSD(M.2,NVMe)やRAM(メモリー)の増設、135WのACアダプターについて

Radeon設定の「アップデートを確認」で、Radeon Software(Adrenalin 2020)の最新版がないか確認するも、2020年6月26日の段階でもv20.4.2のままであったが、

Radeon_20.4.2

WEBで探すと、v20.5.1が存在する!

Radeon_20.5.1

関連:AMDのドライバー&サポート (AMD)

ヴァクァなの?スィヌの?

と思われたが、v20.5.1は「Optional Version」であり、Radeon設定の「推奨ソフトウェアバージョン」で「推奨+オプション」を選んでおかないと検知されないのだろう。

推奨ソフトウェアバージョン

v20.5.1を入れて再起動すると、タスクマネージャのGPUの項目の選択肢が、少し変化する。

Video Decode 1

v20.4.2

・3D
・Copy
・Video Encode
・Video Decode
・High Priority Compute
・Compute 0
・Compute 1
・Internal 0
・Security
・Video Encode

v20.5.1

・3D
・Copy
・Video Encode
・High Priority Compute
・Compute 0
・Compute 1
・Timer 0
・Security 1
・Video Decode 1

v20.4.2では「Video Encode」が2ツあって区別が付かなかったが(中身は別物だが名称が同じ)、ソレが「Video Encode」と「Video Decode 1」となり、名称で区別できるようになったンかはシラン(SILANE)。

で、例のYouTubeがカクツク問題だが、残念ながら解消せず。

関連:[AMD Ryzen 5 Pro 3400GE] ThinkCentre M75q-1 Tiny でYouTubeがカクつく問題 [Radeon Vega 11 Graphics]

以下のように「Video Decode」が高負荷となり、その間は動画がカク付く。

Video Decodeが高負荷

カク付きは長時間に渡るコトもあり、非常に不快。

当然ながら、Google Chromeは最新版(v83.0.4103.116)である。

ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!

関連:ThinkCentre M75q-1 Tiny でYouTubeがカクつく問題の解消方法



購入はココThinkCentre M75q-1 Tiny(価格.com限定品)

関連:Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny - SSD(M.2,NVMe)やRAM(メモリー)の増設、135WのACアダプターについて

関連:[Lenovo] ThinkCentre M75q-1 TinyのUMA Frame Buffer Sizeについて [BIOS/UEFI]

関連:[Lenovo] ThinkCentre M75q-1 Tiny と Radeon Software を極める! [AMD]

[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



以前、LenovoのThinkCentre M75q-1 TinyでYouTubeを再生すると、結構な高頻度で、動画がカクカクとなって悲惨杉流コトがあると書いた。

Lenovo_ThinkCentre M75q-1 Tiny

関連:[AMD Ryzen 5 Pro 3400GE] ThinkCentre M75q-1 Tiny でYouTubeがカクつく問題 [Radeon Vega 11 Graphics]

事象の詳細は上記記事にあるが、Chromeで発生し、Chromeを最新にしても直らヅ、グラフィックドライバー(Radeon Software)を最新にしても直らかなった。

Video Encodeの負荷が大きくなり、YouTubeがカクつくのね。

GPU_VideoEncode

で、コノ改善方法を見つけたッポゐンで、ソレを以下に記す!

本機(ThinkCentre M75q-1 Tiny)のチップセットは何かを調べる。

CPU-Zでは「RyzenSOC」となってる。

RyzenSOC

ハァ?

チップセットて〜と/帝都、B450とかX570とかを指すのでは?

で、本機の同類の仕様を調べると、「AMD B300 チップセット」とある。

AMD B300 チップセット

関連:ThinkCentre M75q-1 Tiny 製品仕様書 11A4002LJP/11A4002KJP (Lenovo)

で、AMDのサイトを調べるも、B300というチップセットはナイ!ドァヴォ!!

AMD Chipset

関連:AMDソケットAM4プラットフォーム (AMD)

だが、「B3xx」なのは「B350」しかないので、ソ〜トと捉ゑル(笑)

次に、AMDのサイトで「B350」の最新ドライバーを探す。

Chipsets>AMD Socket AM4>B350 と進み、

B350_AMD

関連:AMDのドライバー&サポート (AMD)

Windows10(64bit)用のドライバーを入手する。

Windows10 - 64ビット版

DetailsのSupportsを見ると、各種チップセットに広く対応してるので大丈夫デショ(笑)

で、解凍して得た「AMD_Chipset_Software.exe」を実行、全3項目を選択した状態でインストールする。

AMD Chipset Software Installer

再起動は求められないが、当然再起動する。

再起動後、ChromeでYouTubeを再生すると、カクツキが生じヅ、上述のVideo Encodeを見ると、なんと負荷が「ゼロ(零)」にナッテル!

GPU_VideoEncode_001

しかも、Chromeを最小化したり、タブをYouTube以外に移したりすると、「3D」や「VideoEncode(標準から表示されている方)」の負荷も下がる!

GPU_VideoEncode_002

是で、マトモに使えるようになったカナ/佳奈?

テクァ、本機は自作機ではなく、OSやドライバーは最初から入っている。

ソノ「標準の状態」でこのヅァマとは何事か!ドァヴォ!!

で、インストールされている管理ソフト(Lenovo VANTAGE)では、BIOSのアップデートは検知できるが、ドライバのアップデートは検知できない!

ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!

バージョン情報



・BIOS:M2FKT1EA(2020/2/19)
・AMD Software(チップセットドライバ):v2.04.04.111(2020/4/7)
・Radeon Software(ビデオドライバ):v20.4.2(2020/4/21)
・Google Chrome:v81.0.4044.138(Official Build) 64bit

追記:真の原因



真の原因は、Radeonのドライバーだった!

関連:[AMD] Radeon Software v20.7.1が登場、遂に「カクカク問題」が解決? [Adrenalin 2020]


[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



追記:YouTubeがカクつく問題を、ツイに解決シたッた!

関連:ThinkCentre M75q-1 Tiny でYouTubeがカクつく問題の解消方法

−−−−−

Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny



OS(Windows10)、並びに消費税及び送料込でアリナガラ、激安3.2万円の小型スリムパソコンである、LenovoのThinkCentre M75q-1 Tinyに関して。

Lenovo_ThinkCentre M75q-1 Tiny

関連:[特価] ThinkCentre M75q-1 Tiny(税込3.2万円) [注文済]

AMD Ryzen 5 Pro 3400GE と Radeon Vega 11 Graphics



CPUはAMD Ryzen 5 Pro 3400GEであり、

AMD Ryzen 5 Pro 3400GE

ビデオは内蔵のRadeon Vega 11 Graphicsである。

Radeon Vega 11 Graphics

YouTubeを再生するくらいでは何の問題のないスペックであるハヅだが、メティアクティアカクつくコトがある。

どのタイミングで発生するかはイマイチ不明なのだが、YouTube再生中のブラウザからフォーカスを外し(他をアクティブにし)、その後、YouTube再生中のブラウザをアクティブにすると、発生するコトが多い雰囲気。

また、Chromeがアクティブであっても、別タブからYouTube再生中のタブに移ると発生するコトもある。

発生すると、しばらくの間(数十秒-1分程度)はカクついた状態が続き、非常に不快。

タスクマネージャーを見ても、CPU及びGPUには余裕があるし、ネット速度も無問題。

なので、原因が不明!

だったのだが、ワシの高度な研究により、原因が判明したので、以下に記シタル!

タスクマネージャー



タスクマネージャーのGPUでは、3D、Copy、Video Encode、Video Decodeの4項目のグラフが表示されているが、そのCopy(文字列)をクリックすると、他の項目を選択できる。

Video Encode

ここで、最下部にあるVideo Encodeを選択する。

選択肢にVideo Encodeが2ツあるが、上から3ツ目のソレと、最下部のソレは別物。

標準で表示されている4項目のグラフ内のVideo Encodeは上から3ツ目のVideo Encodeであり、最下部のVideo Encodeは標準では表示されていない。

こうして表示させた「(最下部の)Video Encode」で、上述のカクつく時を観察してみると、高負荷状態となっているコトが分かる。

GPU_VideoEncode

カクつくのは、これが原因だろう。

ハードウェアアクセラレーションを切る



これを解消する方法。

Chromeを使っている場合、設定>詳細設定>システム と進み、そこにある「ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する」をOFFにする。

ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する

そしてChromeを再起動すると、上述の「最下部のVideo Encode」が高負荷となる事象はなくなり、カクつきも発生しなくなる。

他のブラウザでも同様にカクつく場合は、同様に設定で「ハードウェアアクセラレーションをOFF」にするとゐ々ンかはシラン(SILANE)。

ハードウェアアクセラレーションを切るコトで、CPU負荷が高まるのではないかという懸念があるが、CPUの負荷を調べてみたが、そうでもない模様。

ただ、是をヤルと、Google マップがモタツクようになり、地球表示や3D表示が使ゑナくナルなどの弊害がある。

Google マップ

クヅォ杉流wwwww

クヅォは誰か?



是、Windowsのバグなのか、Chromeのバグなのか、AMD(Radeon)のバグなのか?

Radeonアルアルで、ドライバーのバグが考えられるが、最新のRadeon Software(Adrenalin 2020)のv20.2.2(2/28/2020、日本での公開は3月5日)でも発生することを確認済。

Adrenalin_2020_v20.2.2

旧バージョンのv20.2.1(1/30/2020)でも発生しており、最新版にしても解消されていないことになる。

AMD(Radeon)がヴァクァなのか、Chromeがアフォなのか、WindowsがNVIDIAと結託シ、ゐカツゐシナ系のオバチャンが率ゐルAMDを排除(ハゐぢォ)シょぅとシてるンかはシラン(SILANE)。



購入はココThinkCentre M75q-1 Tiny(価格.com限定品)

関連:ThinkCentre M75q-1 Tiny でYouTubeがカクつく問題の解消方法

関連:[Lenovo] ThinkCentre M75q-1 Tiny の SSD(M.2,NVMe)とRAM(メモリー)の増設 [レビュー]

関連:[特価] ThinkCentre M75q-1 Tiny(税込3.2万円) [注文済]

関連:[AMD] Fluid Motion(ヌルゥ!ヌルゥ!)を使う方法 [Radeon/Vega/APU]

[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



当方が所有している、NVMe(NVM Express)のSSDの速度計測結果を、以下に記す。

SanDisk Extreme Pro 500GB



SDSSDXPM2-500G-J25

型式:SDSSDXPM2-500G-J25

・容量:500GB
・インターフェース:M.2 PCIe Gen3x4
・データ転送速度(Read:3,400MB/s Write:2,500MB/s)
・SanDisk製3D NANDを採用
・5年保証
・登場:2018年5月
・購入時期:2018年8月
・購入価格:2.1万円(42円/GB)
・用途:メインマシンの起動ドライブ(Cドライブ)

使用状況_SDSSDXPM2-500G-J25_2020年2月

メインマシンのスペック



・CPU:Core i7-6700(Skylake,4Core 8thread)
・M/B:H170M Pro4(ASRock)
・RAM:32GB(8GB×4枚) Transcend(8GB×2枚) CFD販売(8GB×2枚)
・GPU:GeForce GTX 1060 AERO ITX 6G OC(MSI)
・電源:MPX-7501-AMAAB-JP(750W,CoolerMaster)
・OS:Windows10 Pro(64bit)

SanDisk Extreme Pro 500GB の速度



速度結果_SDSSDXPM2-500G-J25_2020年2月

------------------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 7.0.0 x64 (C) 2007-2019 hiyohiyo
Crystal Dew World: https://crystalmark.info/
------------------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

[Read]
Sequential 1MiB (Q= 8, T= 1): 3475.635 MB/s [ 3314.6 IOPS] < 2407.55 us>
Sequential 1MiB (Q= 1, T= 1): 2181.071 MB/s [ 2080.0 IOPS] < 480.20 us>
Random 4KiB (Q= 32, T=16): 1747.857 MB/s [ 426722.9 IOPS] < 1194.62 us>
Random 4KiB (Q= 1, T= 1): 48.638 MB/s [ 11874.5 IOPS] < 84.01 us>

[Write]
Sequential 1MiB (Q= 8, T= 1): 2578.222 MB/s [ 2458.8 IOPS] < 3247.14 us>
Sequential 1MiB (Q= 1, T= 1): 2201.648 MB/s [ 2099.7 IOPS] < 475.48 us>
Random 4KiB (Q= 32, T=16): 1260.061 MB/s [ 307632.1 IOPS] < 1661.76 us>
Random 4KiB (Q= 1, T= 1): 149.086 MB/s [ 36397.9 IOPS] < 27.24 us>

Profile: Default
Test: 1 GiB (x5) [Interval: 5 sec]
OS: Windows 10 Professional [10.0 Build 18363] (x64)

AGI AGI512G16AI198



AGI_AGI512G16AI198

型式:AGI512G16AI198

・容量:512GB
・インターフェース:M.2 PCIe Gen3x4
・データ転送速度(Read:1,624MB/s Write:1,473MB/s)
・Intel製NANDとSMI製コントローラーを採用
・3年保証
・登場:2018年12月?
・購入時期:2020年1月
・購入価格:5,680円(11.09円/GB)
・用途:サブマシンの起動ドライブ(Cドライブ)

使用状況_AGI512G16AI198_2020年2月

サブマシンのスペック



コレThinkCentre M75q-1 Tiny(価格.com限定品)



・CPU:AMD Ryzen 5 Pro 3400GE (3.30GHz,L2 2MB,4Core 8thread)
・GPU:Radeon Vega 11 Graphics (CPUに内蔵)
・RAM:RAM:16GB = 8GB(DDR4-2666)×2枚
・電源:ACアダプター(65W)
・OS:Windows10 Home(64bit)

関連:[特価] ThinkCentre M75q-1 Tiny(税込3.2万円) [注文済]

関連:[Lenovo] ThinkCentre M75q-1 Tiny の SSD(M.2,NVME)とRAM(メモリー)の増設 [レビュー]

AGI AGI512G16AI198 の速度



速度結果_AGI512G16AI198_2020年2月

------------------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 7.0.0 x64 (C) 2007-2019 hiyohiyo
Crystal Dew World: https://crystalmark.info/
------------------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

[Read]
Sequential 1MiB (Q= 8, T= 1): 2023.930 MB/s [ 1930.2 IOPS] < 4141.21 us>
Sequential 1MiB (Q= 1, T= 1): 1792.492 MB/s [ 1709.5 IOPS] < 584.29 us>
Random 4KiB (Q= 32, T=16): 947.726 MB/s [ 231378.4 IOPS] < 2209.50 us>
Random 4KiB (Q= 1, T= 1): 53.771 MB/s [ 13127.7 IOPS] < 75.94 us>

[Write]
Sequential 1MiB (Q= 8, T= 1): 1662.042 MB/s [ 1585.0 IOPS] < 5035.28 us>
Sequential 1MiB (Q= 1, T= 1): 1659.942 MB/s [ 1583.0 IOPS] < 630.79 us>
Random 4KiB (Q= 32, T=16): 805.088 MB/s [ 196554.7 IOPS] < 2597.89 us>
Random 4KiB (Q= 1, T= 1): 128.843 MB/s [ 31455.8 IOPS] < 31.54 us>

Profile: Default
Test: 1 GiB (x5) [Interval: 5 sec]
OS: Windows 10 [10.0 Build 18363] (x64)

備考



使用率や使用期間などの差はあるモノノ、やはりSDSSDXPM2-500G-J25の方が高速であった。

速度結果_SDSSDXPM2-500G-J25_2020年2月
速度結果_AGI512G16AI198_2020年2月

両者とも、公称のデータ転送速度を超えているが、AGI512G16AI198の超ゑが特に大きい!

2018年5月に登場したSDSSDXPM2-500G-J25を、同年8月に買っているので、今(2020年2月)に考えると、容量あたりの単価が42円/GBと高過ぎる!

今は最安で1.3万円程度に下落しており、26円/GBにまで下がっている。

以下のグラフを見ても、グゥン!と下がっているコトが分かるが、これは本モデルに限った話ではなく、SSD全般的に言えるコトだ。

価格推移_SDSSDXPM2-500G-J25_SanDisk

速度は劣るが、購入時の価格を考えれば、コスパ的にはAGI512G16AI198が圧勝かもシレン!

しかし、重要なのは耐久性であり、SDSSDXPM2-500G-J25は17ヶ月稼働してきた実績があるが、AGI512G16AI198は1ヶ月にも満たず、耐久性は不明!

速度的には、M.2 PCIe Gen4x4に対応したCSSD-M2B1TPG3VNF(1TB,CFD販売)とかだと、シーケンシャルリードで5,000MB/sとか出るから、

CFD販売 内蔵SSD M.2 2280 NVMe PCI-E Gen.4 x 4(NVMe 1.3) PG3VNFシリーズ 1TB CSSD-M2B1TPG3VNF

速度命(ゐヌォティ)!の御仁は、買ッてはゐルが購入はシてゐナゐwwwww



関連:SSD/HDD速度計測(2019年11月) SDSSDXPM2-500G-J25,SL500 640G,C300-MTFDDAC064MAG,SSDSA2MH080G1GC

関連:SSD速度計測(2018年8月) SDSSDXPM2-500G-J25,SL500 640G,TS256GSSD370,SSDSA2MH080G1GC,C300-MTFDDAC064MAG

関連:TS256GSSD370の速度計測(2016年7月計測) Core i7-6700,H170M Pro4


CFD販売 内蔵SSD M.2 2280 NVMe PCI-E Gen.4 x 4(NVMe 1.3) PG3VNFシリーズ 500GB CSSD-M2B5GPG3VNF
シー・エフ・デー販売 (2019-09-11)
売り上げランキング: 4,553

CFD販売 内蔵SSD M.2 2280 NVMe PCI-E Gen.4 x 4(NVMe 1.3) PG3VNFシリーズ 1TB CSSD-M2B1TPG3VNF
シー・エフ・デー販売 (2019-07-05)
売り上げランキング: 2,465

CFD販売 内蔵SSD M.2 2280 NVMe PCI-E Gen.4 x 4(NVMe 1.3) PG3VNFシリーズ 2TB CSSD-M2B2TPG3VNF
シー・エフ・デー販売 (2019-07-05)
売り上げランキング: 10,197


[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



2F「まヅまヅに収まッたwwwww」



【Amazon.co.jp先行予約販売分】NEOGEO Arcade Stick Pro
SNK (2019-11-11)
売り上げランキング: 264

プレイステーション クラシック
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2018-12-03)
売り上げランキング: 360


[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ