ハードディスクメンテナンス

ハードディスクの診断、物理フォーマット、静音化、Linux、サーバー、MySQLなどがメインだったのですが、その後広がり、カメラやハードウェアの投稿も増えてきました。 モバイルデバイスは、MacBookAir(13型)、iPad Air2、ポメラ DM100(キングジム)OLYMPUS STYLUS XZ-2など。 これらを使いながら、ブログを更新しています。

タグ:MySQL



phpMyAdminを使ってMySQLにアクセスしているなら気付かンカムォだが、TeraTermなどのテキストでアクセスすると、結果が「???」となり文字化けしているコトがある。

MySQL文字化け

phpMyAdminの「サーバの文字セット」はUTF-8になっており、

サーバの文字セット_phpMyAdmin

TeraTermの設定やフォントもUTF-8であるにもカカワラヅだ。

設定_TeraTerm

フォント_TeraTerm

MySQLで

show variables like '%character%' ;

とすると、「character_set_results」が「latin1」になっている。

character_set_results_MySQL

# character_set_results:クライアントへ送信する文字コード

なンで、

set character_set_results = utf8 ;

としてUTF-8にシテヤルと、正常に表示される。

妖虫_冥ゐ

カクニンすると、以下の通り、「character_set_results」が「utf8」に変更されたコトが分かる。

character_set_results=UTF-8

ダレがlatin(ラテン)=ガイジン邪、ドァヴォ!!

他の「latin1」も全部「utf8」に設シタラ/設楽ゑ〜ンかはシラン(SILANE)し、utf8とutf8mb4の違いは何かもシラン(SILANE)。

set character_set_client = utf8 ;
set character_set_connection = utf8 ;
set character_set_database = utf8 ;
set character_set_server = utf8 ;

exitでMySQLを抜けて、MySQLの再起動。

mysql.server restart

再起動すると、ムァタ「latin1」に戻ッてる(文字化け復活)、このヴァクァ詐加減wwwww

だが、phpMyAdminの「その他>変数」でカクニンすると、「latin1」は存在シナイ罠!

サーバ変数と設定値_phpMyAdmin

モ〜(MOW)、ワクェが分からナゐョwwwwwwwwwwwwwww

MySQLの設定ファイル(my.cnf)を探し出し(方法は後述)、

# Default Homebrew MySQL server config
[mysqld]
character-set-server=utf8
[client]
default-character-set=utf8
# Only allow connections from localhost
bind-address = 127.0.0.1

を追記して保存、MySQLを再起動。

MySQLで

show variables like '%character%' ;

で再確認。

utf8_MySQL

再起動してもutf8が残り、成功。

[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



以下のようなテーブルがあるとスル。

↓SELECT * from `test` ;
MySQLのIN_001

DISTINCTは重複除外なので、2つあるaaaは1つしか表示されない。

↓SELECT DISTINCT `vid` from `test` ;
MySQLのIN_002

コノ時、idやcontsは表示されない(しようがナゐ)。

重複除外ツッタッテ、ドレが除外され、ドレが残ったンかは分からん/若乱からヌェ。

さて、INは複数指定可能なので、vidがaaaかbbbのモノが選ばれる。

↓SELECT * from `test` WHERE `vid` IN ('aaa','bbb') ;
MySQLのIN_003

ナヌォで、INにSELECT DISTINCTを使い(サブクエリ)、SELECT *で全項目表示が可能だと思われるが、

↓SELECT * from `test` WHERE `vid` IN (SELECT DISTINCT `vid` from `test`) ;
MySQLのIN_004

重複除外しているハヅのid=5が表示される、コノ意味不明詐であるwwwww

ティヌァミに、

SELECT * from `test` WHERE `vid` IN (SELECT `vid` from `test`) ;

とシても、結果は同じでアル...

DISTINCTが無視される、隠蔽改竄虚偽捏造偽装!!!

DISTINCTは重複除外であるが、GROUP by(グループ化)でも書ける。

以下の2つは同じ結果を返す。

SELECT DISTINCT `vid` from `test` ;

SELECT `vid` from `test` GROUP by `vid` ;

,肋綵劼里茲Δidやcontsは表示されヅ(できない)、△魯哀襦璽弉修靴討い襯灰箸らも分かるように表示できない。

関連:DISTINCTの逆(重複を抽出するSQL文)

関連:[MySQL] ランキングなどで順位を取得する方法 [自己結合]

関連:[MySQL] idを詰める(連番を振り直す)方法

関連:163data.com.cnの拒否IPリストを自動生成(deny)

関連:Macでサーバー(Apache,PHP,MySQL,WordPress)を作る

関連:[Mac] PHPのバージョンが異なる問題 [HighSierra]

関連:Ubuntu 18.04.2 LTSの32ビット版

SQL 第2版 ゼロからはじめるデータベース操作
翔泳社 (2016-07-11)
売り上げランキング: 5,007

SQLアンチパターン
SQLアンチパターン
posted with amazlet at 19.08.05
Bill Karwin
オライリージャパン
売り上げランキング: 7,819


[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



Windowsを使っていると、Macはメティアクティア使いにくい!

サスガ、社長がアッチ系♪だけのコトはあるwwwww

なンで、Macを鯖とスルガ(学)、Windowsから操作シてゐク方法。

正直、他で鯖を作るより面倒!Macはクヅォ!!

ゑ?

MAMPを使ゑ?

使いまセンwwwww

関連:[Mac] PHPのバージョンが異なる問題 [HighSierra]

<Mac>

盪瑩(High Sierra) 10.13.6

盪瑩(High Sierra) 10.13.6

固定IP(192.168.0.xx)

以下、LAN内に於ゐて、ぢぶンだけで使う用途なンで、セキュリティーの配慮はシトランから、幼虫/妖虫/要注意wwwww

妖虫

<Apache>

MacにはApacheが入っているが起動していないので

sudo apachectl start

で起動する。

Windows機から http://192.168.0.xx/ でアクセスすると、

「It works!」

と表示されるハヅ。

コレは、

/Library/WebServer/Documents/index.html.en

というファイルの内容である。

が、こんなワケの分からない場所を使うのはヴァクァ杉流ので、変更する。

httpd.confを編集するのだが、見えないので、以下で移動。

Finder>フォルダへ移動>/etc

/etc>apache2>httpd.conf

アクセス権で保存できないので、親のapache2やhttpd.confのアクセス権を変更(右クリック>情報を見る>最下部)。

編集にはワケの分からないviは使用せヅ、Macに入っている「テキストエディット」を使うコト。

244行目付近にある

DocumentRoot "/Library/WebServer/Documents"
<Directory "/Library/WebServer/Documents">



DocumentRoot "/users/www"
<Directory "/users/www">

と書き換える。

指定した/users/wwwに何か書いたファイルをindex.htmlとして置いておく。

Apacheを再起動。

sudo apachectl restart

Windows機から http://192.168.0.xx/ でアクセスしてその内容が見れるか確認する。

なお、Apacheは自動起動されないので、自動起動とする場合は(後述)。

上述の見えないモノ(etcやvarなど)は、

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true

の後に

killall Finder

で薄表示ではあるがFinderで見えるようになる。

後述のファイル共有により、Windows機からも見えるが、ショートカット的なアイコンとなっており、ダブルクリックでは開けないので、右クリック>ファイルの場所を開くで進める。

<mod_rewrite>

/etc>apache2>httpd.conf の

#LoadModule rewrite_module libexec/apache2/mod_rewrite.so

のコメント(#)を外して、Apacheを再起動。

mod_rewrite(URL書き換え)を有効にしないとWordPressでのパーマリンク設定でコケてしまう(Not Found)。

有効にしてもコケる場合は、WordPressのルートにある「.htaccess」にrewriteの記載があるかを確認するコト。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /wordpress/
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /wordpress/index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress

ソレでもNot Foundになるのは

/etc>apache2>httpd.conf の

AllowOverride None



AllowOverride ALL

にし、Apacheを再起動。

この記載は、上述のDocumentRootの範囲内にあるハズ。

<Directory "/users/www">〜</Directory>

ツマリwww内に於いてのみ有効なンで、ALLで安全なンかはシラン(SILANE)。

<ファイルアップロード上限>

WordPressでオオキメの画像をUPしようとすると

「このサイトのアップロードサイズ上限を超えています。」

として拒否されウヅァゐンで、以下の3行を追加、

<Directory "/users/www">
php_value memory_limit 128M
php_value post_max_size 64M
php_value upload_max_filesize 32M
</Directory>

Apacheを再起動。

ApacheだけでなくPHP側もカラみ、処理時間の問題もあるンで、詳細は以下が参考になる。

関連:phpの大容量ファイルアップロード(リクエスト)のサイズ最大値の制限解除 (外部サイト)

<ファイル共有>

システム環境設定>共有>ファイル共有 にチェックを入れ、

ファイル共有_Mac

さらにオプションと進み、

SMBを使用してファイルやフォルダを共有



Windowsファイル共有のアカウントにチェックを入れる。

Windowsファイル共有_Mac

関連:Macでファイル共有を設定する (support.apple.com)

Windows機では \\192.168.0.xx でMacにアクセス可能。

コレでWindows機からファイルが編集可能となり、ファイルのコピーもできる。

但し、アクセス権には注意。

「読み/書き」だと編集可能だが、「読み出しのみ」だと読めても編集できヅ、「アクセス不可」だと読みスラできない。

リモートログインでchmodするか、Macで 右クリック>情報を見る>最下部 でアクセス権を変更すること。

例:chmod -R 777 www

自分は読み書きできても、PHPなどのプログラムではアクセスできないという場合もある。

また、プログラムが書き出したファイルが、Windows機から開けない/編集できないという場合もある。

プログラムのユーザーとWindowsのユーザーは異なるためだ。

本件で出現しそうなユーザー(名前)は、以下の通り。

・temp(自分)
・admin
・everyone
・_www

このアクセス権の問題には、延々とクルシメラルェルことになるので、ソレが面倒でアルナラ、ソクヅァに本件から手を引き、ドカタ、野球選手、プロレスラー、芸人にでもなるコトをオススメする。

<リモートログイン(SSH)>

システム環境設定>共有>リモートログイン

リモートログイン_Mac

Tera Termとかで遠隔操作が可能になる。

以上により、Windows機でファイル編集、リモートログイン(テキスト操作)でApacheの再起動などができるので、ワケの分からないMacを操作する必要なナクナル。

<PHPを使う>

httpd.confの176行目付近にある

#LoadModule php7_module libexec/apache2/lib7.so

のコメント(#)を外して保存、Apacheを再起動。

(古い場合はlibphp5.soとなっている場合もあるので、「php」で検索。)

PHPが動いているかの確認は

<?php
phpinfo() ;
?>

でヨカロウ。

青画面に「PHP Version 7.1.23」などと表示されるハズ。

<Apacheの自動起動>

上述のように、Apacheは自動起動されない。

Macの起動と同時にApacheも起動させたい場合は、

sudo launchctl load -w /System/Library/LaunchDaemons/org.apache.httpd.plist

を実行する。


Macが起動すれば、ログインしなくても、Apacheは起動している。

起動
sudo apachectl start

停止
sudo apachectl stop

再起動
sudo apachectl restart

<MySQL>

マヅ、以下を貼り付け。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

関連:Homebrew(macOS 用パッケージマネージャー)

黄色文字等の後、

brew install mysql

MySQLの起動

mysql.server start

「SUCCESS!」と表示される。

MySQLのユーザー(root)のパスワードがないので設定する。

mysql_secure_installation

パスワードを仮に「WeSe@123456789」とする。

ログイン後にパスワードを変更する場合は、

mysqlにログイン

mysql -uroot -p

ALTER USER 'root'@'localhost' IDENTIFIED WITH mysql_native_password BY 'WeSe@123456789';

↑カンタンなパスワードだと以下が吐かれ認められない。

ERROR 1819 (HY000): Your password does not satisfy the current policy requirements

exitで抜ける。

停止
mysql.server stop

再起動
mysql.server restart

MySQLはMacの起動時に自動起動されないので、

brew tap homebrew/services

brew services start mysql

で自動起動。

のハヅが、

Error: Failure while executing; `/bin/launchctl enable gui/501/homebrew.mxcl.mysql` exited with 112. で不可。

Macに向かってログインしないとMySQLは起動しない。

・Apache:ログイン不要
・PHP:ログイン不要
・MySQL:ログイン必要 (データベース接続確立エラー)

自動起動を止める場合は

brew services stop mysql

である。

brew services list

Statusの項目がstartedであれば有効化、stoppedであれば無効化されている。

phpがstoppedになっているが何故かMac起動時に立ち上がる。

<phpMyAdmin>

brew install phpmyadmin

phpMyAdminのダウンロード

phpMyAdmin-4.9.0.1-all-languages.zip

を解凍後、phpmyadminとリネームしてwwwに移動。

そのままだと Forbidden になるので、

chmod -R 775 phpmyadmin

とする。

phpmyadmin内にあるconfig.sample.inc.phpをconfig.inc.phpにリネーム。

$cfg['blowfish_secret'] = ''; /* YOU MUST FILL IN THIS FOR COOKIE AUTH! */
↓書き換え↓
$cfg['blowfish_secret'] = 'ABCDEFG-ABCDEFG-ABCDEFG-ABCDEFG-ABCDEFG-ABCDEFG-ABCDEFG-ABCDEFG';

↑短くても動くがエラーが常に表示されウヅァゐ。

$cfg['Servers'][$i]['host'] = 'localhost';
↓書き換え↓
$cfg['Servers'][$i]['host'] = '127.0.0.1';

↑こうしないとphpMyAdminにログインできない。

以下にアクセスし、

http://192.168.0.xx/phpmyadmin/

root/WeSe@123456789 でログイン。

$cfg['TempDir'] (./tmp/) にアクセスできません。
phpMyAdmin はテンプレートをキャッシュすることができないため、低速になります。


というエラーがウヅァゐ場合は、

phpmyadminにtmp(フォルダ)を作成し、tmpのアクセス権を変更(右クリック>情報を見る>最下部>everyoneに読み/書き)

<WordPress>

WordPressの公式から

wordpress-5.2.2-ja.zip

をダウンロードして解凍、wwwの下にwordpressを入れる。

Apache,PHP,MySQLが起動した状態で、

phpMyAdminで「wordpress」というデータベースを作成しておく。

http://192.168.0.xx/wordpress/

にアクセス。

Forbiddenなので

chmod -R 777 wordpress

WordPressのセットアップ画面。

WordPressの設定開始画面_001

情報を入力。

WordPressの設定開始画面_002

↑ホスト名に注意!localhost

ファイル wp-config.php に書き込めませんでした。

となる場合は、wordpress内にwp-config.phpを作成し、示された内容を貼る。

wp-config.phpに書き込めませんでした

上述の chmod -R 777 wordpress を行っていれば出ないハズ。

しかし、テーマやプラグインのインストールや削除などができない(FTP云々が出る)ので、

wp-config.phpの最後に以下の1行を追加する。

define('FS_METHOD','direct') ;

<アクセス権>

wwwを chmod -R 777 wordpress としてしまうと、全員フルアクセスで楽になると思えるがphpMyAdminで警告が出て使えなくなる。

以上。

正直、他で鯖を作るより面倒!Macはクヅォ!!

関連:[Mac] PHPのバージョンが異なる問題 [HighSierra]

関連:Ubuntu 18.04.2 LTSの32ビット版

[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



2万円以下の激安サーバーを紹介しよう。

富士通 PRIMERGY MX130 S2

PRIMERGY MX130 S2

19,800円が、2,000円引きクーポン使用で17,800円!!

在庫僅少!

OSレスタイプだが、自分でLinux入れるから不要だしね。

CPUもメモリーもハードディスク(250GB)もDVD-ROMドライブも載っているから、あとはLinuxを焼いてインストールするだけ。

激安サーバーはタワー型が大半だが、どうしても邪魔になる。

そんな中、スリム型縦置き可能なサーバーはイイね。

見た目がNAS風のサーバーもあるよ。

HP ProLiant MicroServer Turion II NEO N5

HP ProLiant MicroServer Turion II NEO N5

16,980円が、1,000円引きクーポン使用で15,980円!!

こちらも在庫僅少!

こちらはCPU、メモリー、ハードディスク(500GB)はあるが、光学ドライブがないので用意するか、USBメモリーからインストールすればよい。

Linuxを入れてファイルサーバーにしてもヨシ、MySQLを入れてDBの学習用にしてもヨシ!

サーバーの管理は、ハードを含めた知識が必要であると、私は考えている。

それならば、やはり実機だ。



MySQL全機能バイブル ~現場で役立つAtoZ~
鈴木 啓修
技術評論社
売り上げランキング: 61,578


実践ハイパフォーマンスMySQL 第3版
Baron Schwartz Peter Zaitsev Vadim Tkachenko
オライリージャパン
売り上げランキング: 112,943


[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



データベースで重要なindexであるが、全てのfieldにindexを定義するのは、多くの場合は無駄である。

定義しても、それが使用されなければ意味がない。

indexを定義することは、fieldのコピーを作ることに近く、更新性能の低下を招く。

全てのfieldにindexを追加すれば、テーブルが2つあるのと同じだ。

書込が発生すると、両方に書き込まねばならない(更新も同様)。

indexが役立つか分からないのに、全てのfieldに対してindexを設定するのは無駄。

読取がメインの場合は、ないよりはマシだろうが...

indexを設定しても全く使わないだろうfieldは、それほど考えなくても分かるはずだ。

よく見るのが、主キーには既にindexがあるのに、それとは別にindexを定義しているパターン。

冗長で無駄である。

なお、SQLによっては、indexが役に立たない(使われない)場合もある。

姓名の姓が●は、紙の電話帳で探せる。

紙の電話帳には、姓の順で並んでいるからだ。

しかし、名が●の場合は、これが使えない。

全ての姓に対して、名が●である可能性があるからだ。

複合indexを姓(sei),名(mei)の順で設定しても、名でのSELECT時には役に立たない。

同様に、名を第一基準にするORDER BY時にも役に立たない。

SELECT * FROM `user` ORDER BY `mei`,`sei` ;

また、LIKEで'%●'と前に%を入れた場合(後方一致)も、全てに一致する可能性があるのでindexが役立たない。

'%●%'と挟んだ中間一致も同様。

演算しての比較なども、indexは役に立たない。

WHERE `price` * 1.08 > 1000 ;

のような場合。

indexにあるデータは`price`であって`price` * 1.08ではないからだ。

これは、両辺を1.08で割って

WHERE `price` > 1000/1.08 ;

とすると、indexが使用できるようになる。

否定形(<>)や、IS NULL、ORも、indexが利用できない。

但し、ORはINで書き換えると、indexを使用できるようになる。

EXPLAINで、設定したindexがpossible_keysに含まれており、keyで実際し使用されているか確認しておく。



以下のSQLアンチパターンはおすすめ。

悪例を提示して解説してある。

あー、これこれ、あるある!みたいなwwwww

問題なく動いているから、というSQLの書き方をしていると、レコードが増えると重くなったりしない?

あとのことを考えていないのね。

また、予想した結果がSELECTされているからOK!と判断したりしてない?

様々なレコードが増えてきた場合、予期しない結果を返してこない?

SQLアンチパターン
SQLアンチパターン
posted with amazlet at 14.06.29
Bill Karwin
オライリージャパン
売り上げランキング: 7,908


SQL中で型の変換を「意識せずに」してしまい、あれ?index使用してない?とかwww
[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ