ハードディスクメンテナンス

ハードディスクの診断、物理フォーマット、静音化、Linux、サーバー、MySQLなどがメインだったのですが、その後広がり、カメラやハードウェアの投稿も増えてきました。 モバイルデバイスは、MacBookAir(13型)、iPad Air2、ポメラ DM100(キングジム)OLYMPUS STYLUS XZ-2など。 これらを使いながら、ブログを更新しています。

タグ:Mac



ローカル鯖(Apache,PHP,MySQLなど)として使っていたCF-R6(松下のノートPC)が古ゐし熱ゐし遅ゐンで、

CF-R6

使用頻度の低いMacBook Air(13-inch Mid 2011)を使うコトにする。

MBAMacBookAir13型2011-Mid

Linux(Ubuntu)からmacOSへの移行なンで、環境ヅクリがメティアクティア面倒杉田。

構築手順は以下に書いた。

関連:Macでサーバー(Apache,PHP,MySQL,WordPress)を作る

# ゑ?MAMPでイッパツ?だがシナイ(半島)!

# MAMPとは「Macintosh + Apache + MySQL + PHP」であるがWindows版もある。

関連:MAMP

MacBook Air(13-inch Mid 2011)は既にアッチ系の社長♪に切り捨てられているので、10.14 Mojave(2018年9月)や10.15 Catalina(2019年秋予定)は入らヘン!

ツマリ、Mac(10.13 High Sierra,盪瑩)止まりである。

盪瑩(High Sierra) 10.13.6

関連:MacBook Air(13型,Mid 2011)は対象外!macOS 10.14 Mojave

Mojave(モハベ)って何かヅィヴァク系の名前ッぽゐし、盪瑩圓里茲Δフキツな漢字で表せナゐから、その点でHigh Sierraが適しているし、ソムォソムォMacはほとんど使わないので何ら問題はナゐ(笑)。

Core i7(1.8GHz,2コア4スレッド)でRAMは4GB、ストレージはSSDなので、ローカル鯖としてのスペックは問題ない。

2677M_MacBookAir_13型

で、PHPのバージョンが異なるコトに気付く。

# PHPのバージョン確認
# php -v

実際にウゴいているのは 7.1.23 で、php -vだと 7.3.7 となっている。

PHP_on_Mac

7.1.23 はMacのデフォルトのヤツで、7.3.7 はHomebrew(macOS用のパッケージマネージャー)で入れたヤツかはシラン(SILANE)。

# brew install php@7.3

鯖を再起動しても 7.1.23 のムァムァ。

ムァ、5.xだったらアレだけど(6.xは破棄となり欠番)、7.xだったら大して変わらンと思うから放置wwwww

関連:【Homebrew】PHPの設定に注意!Homebrew/phpの廃止 (本件に近いけどチャウ)

httpd.confのLoadModuleの指定を変えるとHomebrewのPHPとなった。

# PHP7 of Mac
#LoadModule php7_module libexec/apache2/libphp7.so

# PHP7 of Homebrew
LoadModule php7_module /usr/local/opt/php/lib/httpd/modules/libphp7.so

Macの方をコメントアウト(#)し、Homebrewの方を指定し、Apacheを再起動すると、HomebrewのPHPとなる。

再起動
sudo apachectl restart

なお、

brew upgrade php

でHomebrewのPHPのアップデートが可能で、2019年8月時点では7.3.8であった。

MacのPHPではできなかったが、HomebrewのPHPではmecabやcabochaが有効にできた(phpinfoで出る)ので、イロイロとヤッてみようと思う。

私はMAMPではナゐが、以下のサイトが参考になった。

関連:CaboCha をインストールして MAMP の PHP で使う

関連:MAMPのPHPにphp-mecabを導入する

関連:macOS に PHP の `php-mecab` 拡張モジュールをビルド&インストール

上記にも当方の環境との不一致や誤りがあるので、各サイトの情報を組み合わせながら再試行するコトになるがモノゴツ面倒杉流ワ、ドァヴォ!!

# --with-php-configのハイフンは2本

生成されたmecab.soとcabocha.soは以下に入っている。

/usr/local/Cellar/php/7.3.8/pecl/20180731/

mecab -v
cabocha -v

でバージョンが表示される。

PHPで使うためには、php.iniのDynamic Extensionsで読み込みを指定する必要がある。

extension=mecab.so
extension=cabocha.so

php.iniは

/usr/local/etc/php/7.3/php.ini (Homebrew)
/private/etc/php.ini (Mac)

の2つがあるので、使っている方に書き加える。

Apacheを再起動。

PHP内で

$cabocha = cabocha_new() ;
$tree = cabocha_parse($cabocha,"アヤしゐ「專門妖語」を使ッて解説スル!") ;
print_r($tree) ;

と書ゐて実行すると、ソレラシゐモノがツラツラと出てクル!

グァ、当方の「專門妖語」は特殊言語なので、正常には判別不可能な模様wwwww

関連:Macでサーバー(Apache,PHP,MySQL,WordPress)を作る

関連:Ubuntu 18.04.2 LTSの32ビット版

[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



phpMyAdminを使ってMySQLにアクセスしているなら気付かンカムォだが、TeraTermなどのテキストでアクセスすると、結果が「???」となり文字化けしているコトがある。

MySQL文字化け

phpMyAdminの「サーバの文字セット」はUTF-8になっており、

サーバの文字セット_phpMyAdmin

TeraTermの設定やフォントもUTF-8であるにもカカワラヅだ。

設定_TeraTerm

フォント_TeraTerm

MySQLで

show variables like '%character%' ;

とすると、「character_set_results」が「latin1」になっている。

character_set_results_MySQL

# character_set_results:クライアントへ送信する文字コード

なンで、

set character_set_results = utf8 ;

としてUTF-8にシテヤルと、正常に表示される。

妖虫_冥ゐ

カクニンすると、以下の通り、「character_set_results」が「utf8」に変更されたコトが分かる。

character_set_results=UTF-8

ダレがlatin(ラテン)=ガイジン邪、ドァヴォ!!

他の「latin1」も全部「utf8」に設シタラ/設楽ゑ〜ンかはシラン(SILANE)し、utf8とutf8mb4の違いは何かもシラン(SILANE)。

set character_set_client = utf8 ;
set character_set_connection = utf8 ;
set character_set_database = utf8 ;
set character_set_server = utf8 ;

exitでMySQLを抜けて、MySQLの再起動。

mysql.server restart

再起動すると、ムァタ「latin1」に戻ッてる(文字化け復活)、このヴァクァ詐加減wwwww

だが、phpMyAdminの「その他>変数」でカクニンすると、「latin1」は存在シナイ罠!

サーバ変数と設定値_phpMyAdmin

モ〜(MOW)、ワクェが分からナゐョwwwwwwwwwwwwwww

MySQLの設定ファイル(my.cnf)を探し出し(方法は後述)、

# Default Homebrew MySQL server config
[mysqld]
character-set-server=utf8
[client]
default-character-set=utf8
# Only allow connections from localhost
bind-address = 127.0.0.1

を追記して保存、MySQLを再起動。

MySQLで

show variables like '%character%' ;

で再確認。

utf8_MySQL

再起動してもutf8が残り、成功。

[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



date("Y-m-d H:i:s")で時間を表示したら、ごつヅレてる。

9時間ヅレてる。

タイムゾーンの設定だとユ〜ンは、誰でも分かる。

php.iniの場所は、phpinfo()で分かる。

php.iniの場所

・Configuration File (php.ini) Path:/etc
・Loaded Configuration File:(none)

グァ、/etcにそのようなファイルはないし、ソムォソムォ読まれてない(none)模様w

テクァ、設定ファイルが読まれていないのにエラーもナク動いているというのが意味が分からない。

やはりガイジンがコシラゑた低レヴェルなシステムである。

/etcにはphp.ini.defaultというファイルがあるので、php.iniにリネームし、以下のコメント(;)を外してAsia/Tokyoを指定。

;date.timezone =

date.timezone = Asia/Tokyo

関連:サポートされるタイムゾーンのリスト (PHP)

アクセス権がない場合は、Macで解除(右クリック>情報を見る>最下部)。

ツゐでに、エラー時にエラーを表示させるようにする。

LAN内の鯖なので、エラー見えてもゑ〜ヤロ?セヤロ?

デフォルトでOFFになっている以下をONにする。

display_errors = on

ンで、Apacheを再起動。

sudo apachectl restart

以下のようにphp.iniがヨミコマレ、

Loaded Configuration File

時刻も神乃國のモノとなる。

テクァ、メンドクスァ!!

イマ時、スマホでも勝手に時間が合ってるのに、ゴティアゴティア階層を辿(タド)ってファイルを探しアクセス権を獲得の上編集、キーボードを叩ゐて鯖の再起動など、2019年とは思ゐナゐ不便詐。

原因は、このような面倒なテキストベースを生業とシてゐる輩タチであり、己がシステム!プログラム!IT(死語)とゐキッてるユエに、一切の進化がナゐ野田!!

ゐッて義!!!!!

<php.iniの場所>

/usr/local/etc/php/7.3/php.ini (Homebrew) ←コチラ
/private/etc/php.ini (Mac)

関連:[Mac] PHPのバージョンが異なる問題 [HighSierra]

関連:Macでサーバー(Apache,PHP,MySQL,WordPress)を作る

関連:Ubuntu 18.04.2 LTSの32ビット版

よくわかるPHPの教科書 【PHP7対応版】
たにぐちまこと
マイナビ出版 (2018-04-26)
売り上げランキング: 22,774

気づけばプロ並みPHP 改訂版--ゼロから作れる人になる!
谷藤 賢一
リックテレコム
売り上げランキング: 7,662




[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



PHPのバージョンを7.3.8に上げたカラカはシラン(SILANE)けど、

PHP Version 7.3.8

関連:[Mac] PHPのバージョンが異なる問題と解決方法 [HighSierra]

WordPressとかで、ワケの分からないエラーがドン!ドン!出てクル♪

Warning: preg_replace(): JIT compilation failed: no more memory in XXXX
Warning: preg_replace(): JIT compilation failed: no more memory in XXXX
Warning: preg_replace(): JIT compilation failed: no more memory in XXXX
Warning: preg_replace(): JIT compilation failed: no more memory in XXXX
Warning: preg_replace(): JIT compilation failed: no more memory in XXXX


phpinfo()では何らエラーなし、phpMyAdminでは下にツラツラとエラーが出てたけど無視シテタw

ローカルのテスト環境であり表には出ないので害は少ないけど。

以前のv7.1.23では、こんなコトなかった。

で、

no more memory

とユッテルから、

メモリー増設のためにパソコンショップにGO!

てなハナシでは当然ナゐwwwww

調べたら、v7.3.1で同様のエラーが出た人がゐテテ、PHP7.3のバグとのコト。

関連:WordPress PHP7.3にしたらデフォルトテーマでno more memoryってWarningが表示された件

解決方法は、php.iniでコメントアウトされている「;pcre.jit=1」を「pcre.jit=0」として有効にすればゐ々とある。

<php.iniの場所>

/usr/local/etc/php/7.3/php.ini (Homebrew) ←コチラ
/private/etc/php.ini (Mac)

書き換えたら、Apacheを再起動。

sudo apachectl restart

これでエラーが消える。

ケド、v7.3.1でエラーで、v7.3.8でもまだエラーて、どぉゅぅコト?

実はバグではないトカ/渡嘉?

市中のレンタルサーバーのPHPのバージョンが7.2.xまでなのはソノタメか!と思われたが、さくらインターネットは7.3を提供している...

# 7.2は2020年11月サポート終了



なお、phpMyAdminでAUTO_INCREMENTが変更できない(何をしても変わらないw)事案があったが、本件がソノ原因なのかはシラン(SILANE)。

あと、v7.3.8にしてから、Chromeで「このページは動作していません」「データが送信されませんでした」「ERR_EMPTY_RESPONSE」が頻発している。

このページは動作していません_Chrome

百害あって一利ナシwwwww

関連:Macでサーバー(Apache,PHP,MySQL,WordPress)を作る

[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



Windowsを使っていると、Macはメティアクティア使いにくい!

サスガ、社長がアッチ系♪だけのコトはあるwwwww

なンで、Macを鯖とスルガ(学)、Windowsから操作シてゐク方法。

正直、他で鯖を作るより面倒!Macはクヅォ!!

ゑ?

MAMPを使ゑ?

使いまセンwwwww

関連:[Mac] PHPのバージョンが異なる問題 [HighSierra]

<Mac>

盪瑩(High Sierra) 10.13.6

盪瑩(High Sierra) 10.13.6

固定IP(192.168.0.xx)

以下、LAN内に於ゐて、ぢぶンだけで使う用途なンで、セキュリティーの配慮はシトランから、幼虫/妖虫/要注意wwwww

妖虫

<Apache>

MacにはApacheが入っているが起動していないので

sudo apachectl start

で起動する。

Windows機から http://192.168.0.xx/ でアクセスすると、

「It works!」

と表示されるハヅ。

コレは、

/Library/WebServer/Documents/index.html.en

というファイルの内容である。

が、こんなワケの分からない場所を使うのはヴァクァ杉流ので、変更する。

httpd.confを編集するのだが、見えないので、以下で移動。

Finder>フォルダへ移動>/etc

/etc>apache2>httpd.conf

アクセス権で保存できないので、親のapache2やhttpd.confのアクセス権を変更(右クリック>情報を見る>最下部)。

編集にはワケの分からないviは使用せヅ、Macに入っている「テキストエディット」を使うコト。

244行目付近にある

DocumentRoot "/Library/WebServer/Documents"
<Directory "/Library/WebServer/Documents">



DocumentRoot "/users/www"
<Directory "/users/www">

と書き換える。

指定した/users/wwwに何か書いたファイルをindex.htmlとして置いておく。

Apacheを再起動。

sudo apachectl restart

Windows機から http://192.168.0.xx/ でアクセスしてその内容が見れるか確認する。

なお、Apacheは自動起動されないので、自動起動とする場合は(後述)。

上述の見えないモノ(etcやvarなど)は、

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true

の後に

killall Finder

で薄表示ではあるがFinderで見えるようになる。

後述のファイル共有により、Windows機からも見えるが、ショートカット的なアイコンとなっており、ダブルクリックでは開けないので、右クリック>ファイルの場所を開くで進める。

<mod_rewrite>

/etc>apache2>httpd.conf の

#LoadModule rewrite_module libexec/apache2/mod_rewrite.so

のコメント(#)を外して、Apacheを再起動。

mod_rewrite(URL書き換え)を有効にしないとWordPressでのパーマリンク設定でコケてしまう(Not Found)。

有効にしてもコケる場合は、WordPressのルートにある「.htaccess」にrewriteの記載があるかを確認するコト。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /wordpress/
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /wordpress/index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress

ソレでもNot Foundになるのは

/etc>apache2>httpd.conf の

AllowOverride None



AllowOverride ALL

にし、Apacheを再起動。

この記載は、上述のDocumentRootの範囲内にあるハズ。

<Directory "/users/www">〜</Directory>

ツマリwww内に於いてのみ有効なンで、ALLで安全なンかはシラン(SILANE)。

<ファイルアップロード上限>

WordPressでオオキメの画像をUPしようとすると

「このサイトのアップロードサイズ上限を超えています。」

として拒否されウヅァゐンで、以下の3行を追加、

<Directory "/users/www">
php_value memory_limit 128M
php_value post_max_size 64M
php_value upload_max_filesize 32M
</Directory>

Apacheを再起動。

ApacheだけでなくPHP側もカラみ、処理時間の問題もあるンで、詳細は以下が参考になる。

関連:phpの大容量ファイルアップロード(リクエスト)のサイズ最大値の制限解除 (外部サイト)

<ファイル共有>

システム環境設定>共有>ファイル共有 にチェックを入れ、

ファイル共有_Mac

さらにオプションと進み、

SMBを使用してファイルやフォルダを共有



Windowsファイル共有のアカウントにチェックを入れる。

Windowsファイル共有_Mac

関連:Macでファイル共有を設定する (support.apple.com)

Windows機では \\192.168.0.xx でMacにアクセス可能。

コレでWindows機からファイルが編集可能となり、ファイルのコピーもできる。

但し、アクセス権には注意。

「読み/書き」だと編集可能だが、「読み出しのみ」だと読めても編集できヅ、「アクセス不可」だと読みスラできない。

リモートログインでchmodするか、Macで 右クリック>情報を見る>最下部 でアクセス権を変更すること。

例:chmod -R 777 www

自分は読み書きできても、PHPなどのプログラムではアクセスできないという場合もある。

また、プログラムが書き出したファイルが、Windows機から開けない/編集できないという場合もある。

プログラムのユーザーとWindowsのユーザーは異なるためだ。

本件で出現しそうなユーザー(名前)は、以下の通り。

・temp(自分)
・admin
・everyone
・_www

このアクセス権の問題には、延々とクルシメラルェルことになるので、ソレが面倒でアルナラ、ソクヅァに本件から手を引き、ドカタ、野球選手、プロレスラー、芸人にでもなるコトをオススメする。

<リモートログイン(SSH)>

システム環境設定>共有>リモートログイン

リモートログイン_Mac

Tera Termとかで遠隔操作が可能になる。

以上により、Windows機でファイル編集、リモートログイン(テキスト操作)でApacheの再起動などができるので、ワケの分からないMacを操作する必要なナクナル。

<PHPを使う>

httpd.confの176行目付近にある

#LoadModule php7_module libexec/apache2/lib7.so

のコメント(#)を外して保存、Apacheを再起動。

(古い場合はlibphp5.soとなっている場合もあるので、「php」で検索。)

PHPが動いているかの確認は

<?php
phpinfo() ;
?>

でヨカロウ。

青画面に「PHP Version 7.1.23」などと表示されるハズ。

<Apacheの自動起動>

上述のように、Apacheは自動起動されない。

Macの起動と同時にApacheも起動させたい場合は、

sudo launchctl load -w /System/Library/LaunchDaemons/org.apache.httpd.plist

を実行する。


Macが起動すれば、ログインしなくても、Apacheは起動している。

起動
sudo apachectl start

停止
sudo apachectl stop

再起動
sudo apachectl restart

<MySQL>

マヅ、以下を貼り付け。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

関連:Homebrew(macOS 用パッケージマネージャー)

黄色文字等の後、

brew install mysql

MySQLの起動

mysql.server start

「SUCCESS!」と表示される。

MySQLのユーザー(root)のパスワードがないので設定する。

mysql_secure_installation

パスワードを仮に「WeSe@123456789」とする。

ログイン後にパスワードを変更する場合は、

mysqlにログイン

mysql -uroot -p

ALTER USER 'root'@'localhost' IDENTIFIED WITH mysql_native_password BY 'WeSe@123456789';

↑カンタンなパスワードだと以下が吐かれ認められない。

ERROR 1819 (HY000): Your password does not satisfy the current policy requirements

exitで抜ける。

停止
mysql.server stop

再起動
mysql.server restart

MySQLはMacの起動時に自動起動されないので、

brew tap homebrew/services

brew services start mysql

で自動起動。

のハヅが、

Error: Failure while executing; `/bin/launchctl enable gui/501/homebrew.mxcl.mysql` exited with 112. で不可。

Macに向かってログインしないとMySQLは起動しない。

・Apache:ログイン不要
・PHP:ログイン不要
・MySQL:ログイン必要 (データベース接続確立エラー)

自動起動を止める場合は

brew services stop mysql

である。

brew services list

Statusの項目がstartedであれば有効化、stoppedであれば無効化されている。

phpがstoppedになっているが何故かMac起動時に立ち上がる。

<phpMyAdmin>

brew install phpmyadmin

phpMyAdminのダウンロード

phpMyAdmin-4.9.0.1-all-languages.zip

を解凍後、phpmyadminとリネームしてwwwに移動。

そのままだと Forbidden になるので、

chmod -R 775 phpmyadmin

とする。

phpmyadmin内にあるconfig.sample.inc.phpをconfig.inc.phpにリネーム。

$cfg['blowfish_secret'] = ''; /* YOU MUST FILL IN THIS FOR COOKIE AUTH! */
↓書き換え↓
$cfg['blowfish_secret'] = 'ABCDEFG-ABCDEFG-ABCDEFG-ABCDEFG-ABCDEFG-ABCDEFG-ABCDEFG-ABCDEFG';

↑短くても動くがエラーが常に表示されウヅァゐ。

$cfg['Servers'][$i]['host'] = 'localhost';
↓書き換え↓
$cfg['Servers'][$i]['host'] = '127.0.0.1';

↑こうしないとphpMyAdminにログインできない。

以下にアクセスし、

http://192.168.0.xx/phpmyadmin/

root/WeSe@123456789 でログイン。

$cfg['TempDir'] (./tmp/) にアクセスできません。
phpMyAdmin はテンプレートをキャッシュすることができないため、低速になります。


というエラーがウヅァゐ場合は、

phpmyadminにtmp(フォルダ)を作成し、tmpのアクセス権を変更(右クリック>情報を見る>最下部>everyoneに読み/書き)

<WordPress>

WordPressの公式から

wordpress-5.2.2-ja.zip

をダウンロードして解凍、wwwの下にwordpressを入れる。

Apache,PHP,MySQLが起動した状態で、

phpMyAdminで「wordpress」というデータベースを作成しておく。

http://192.168.0.xx/wordpress/

にアクセス。

Forbiddenなので

chmod -R 777 wordpress

WordPressのセットアップ画面。

WordPressの設定開始画面_001

情報を入力。

WordPressの設定開始画面_002

↑ホスト名に注意!localhost

ファイル wp-config.php に書き込めませんでした。

となる場合は、wordpress内にwp-config.phpを作成し、示された内容を貼る。

wp-config.phpに書き込めませんでした

上述の chmod -R 777 wordpress を行っていれば出ないハズ。

しかし、テーマやプラグインのインストールや削除などができない(FTP云々が出る)ので、

wp-config.phpの最後に以下の1行を追加する。

define('FS_METHOD','direct') ;

<アクセス権>

wwwを chmod -R 777 wordpress としてしまうと、全員フルアクセスで楽になると思えるがphpMyAdminで警告が出て使えなくなる。

以上。

正直、他で鯖を作るより面倒!Macはクヅォ!!

関連:[Mac] PHPのバージョンが異なる問題 [HighSierra]

関連:Ubuntu 18.04.2 LTSの32ビット版

[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ