ハードディスクメンテナンス

ハードディスクの診断、物理フォーマット、静音化、Linux、サーバー、MySQLなどがメインだったのですが、その後広がり、カメラやハードウェアの投稿も増えてきました。 モバイルデバイスは、MacBookAir(13型)、iPad Air2、ポメラ DM100(キングジム)OLYMPUS STYLUS XZ-2など。 これらを使いながら、ブログを更新しています。

タグ:AMD



LenovoのThinkCentre M75q-1 Tinyに関するハナシ。

Lenovo_ThinkCentre M75q-1 Tiny

関連:Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny - SSD(M.2,NVMe)やRAM(メモリー)の増設、135WのACアダプターについて

Radeon設定の「アップデートを確認」で、Radeon Software(Adrenalin 2020)の最新版がないか確認するも、2020年6月26日の段階でもv20.4.2のままであったが、

Radeon_20.4.2

WEBで探すと、v20.5.1が存在する!

Radeon_20.5.1

関連:AMDのドライバー&サポート (AMD)

ヴァクァなの?スィヌの?

と思われたが、v20.5.1は「Optional Version」であり、Radeon設定の「推奨ソフトウェアバージョン」で「推奨+オプション」を選んでおかないと検知されないのだろう。

推奨ソフトウェアバージョン

v20.5.1を入れて再起動すると、タスクマネージャのGPUの項目の選択肢が、少し変化する。

Video Decode 1

v20.4.2

・3D
・Copy
・Video Encode
・Video Decode
・High Priority Compute
・Compute 0
・Compute 1
・Internal 0
・Security
・Video Encode

v20.5.1

・3D
・Copy
・Video Encode
・High Priority Compute
・Compute 0
・Compute 1
・Timer 0
・Security 1
・Video Decode 1

v20.4.2では「Video Encode」が2ツあって区別が付かなかったが(中身は別物だが名称が同じ)、ソレが「Video Encode」と「Video Decode 1」となり、名称で区別できるようになったンかはシラン(SILANE)。

で、例のYouTubeがカクツク問題だが、残念ながら解消せず。

関連:[AMD Ryzen 5 Pro 3400GE] ThinkCentre M75q-1 Tiny でYouTubeがカクつく問題 [Radeon Vega 11 Graphics]

以下のように「Video Decode」が高負荷となり、その間は動画がカク付く。

Video Decodeが高負荷

カク付きは長時間に渡るコトもあり、非常に不快。

当然ながら、Google Chromeは最新版(v83.0.4103.116)である。

ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!

関連:ThinkCentre M75q-1 Tiny でYouTubeがカクつく問題の解消方法



購入はココThinkCentre M75q-1 Tiny(価格.com限定品)

関連:Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny - SSD(M.2,NVMe)やRAM(メモリー)の増設、135WのACアダプターについて

関連:[Lenovo] ThinkCentre M75q-1 TinyのUMA Frame Buffer Sizeについて [BIOS/UEFI]

関連:[Lenovo] ThinkCentre M75q-1 Tiny と Radeon Software を極める! [AMD]

[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



Comet Lake-S(Intel)



IntelのデスクトップPC向け第10世代Coreプロセッサー(Comet Lake-S)が、2020年5月20日に発売される。

Comet Lake-Sには様々あるようだが、今回発売されるのは以下の3モデル。

Core i9-10900K(10コア/20スレッド):72,000円(税込)
Core i7-10700K(8コア/16スレッド):56,000円(税込)
Core i5-10400(6コア/12スレッド):26,000円(税込)

Intel第10世代

ソケットが「LGA1200」に変更になるンで、M/Bの買い替えが必要!

最新チップセット「Intel Z490」が必要になるが、無駄に高杉流ので当然様子見。

オーバークロックしないンでH470?で十分だし/出汁/山車、初物は危険杉流!!

関連:[Intel] Comet Lake-Sのクヅォ詐加減! [ゴムィ]

Ryzenの低価格モデル(AMD)



一方、中華系のオヴァチャン率(ヒキ)〜ルAMDは、第3世代Ryzen(Zen2)の低価格モデルや、第2世代(Zen+)を出してきた。

Ryzen 3 3100(4コア/8スレッド):13,000円(税込)
Ryzen 3 3300X(4コア/8スレッド):16,000円(税込)
Ryzen 5 1600AF(6コア/12スレッド):11,000円(税込)

Ryzen 5 1600AFは、品薄になってきたRyzen 5 2600(最安時税込1.3万円)の後継であり、Zen+でありシングルスレッドが弱いので注意だが、税別壱万円ながら/長柄、6コア/12スレッドという、中華パワー炸裂の危険杉流激安価格!

テクァ、ソレなら/奈良、「Ryzen 5 1600AF」とかゆぅワケの分からない名称やノ〜テ、「Ryzen 5 2550」とか/渡嘉に聖★矢!ドァヴォ!!

ヴァクァ杉流 名称設定の例

・Ryzen 5 3600:第3世代なのに「Zen2」
・Ryzen 5 3400G:3千番台なのに第2世代「Zen+」
・Ryzen 5 2600:2千番台なのに「Zen2」ではなく「Zen+」
・Ryzen 5 1600AF:1千番台なのに「Zen」ではなく「Zen+」

ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!

Ryzen 3 3300Xはクロック高めであり、Core i7-6700K(Skylake)をクッテル模様!

Core i7-6700Kは2015年Q3に登場、Core i7-7700K(2017年Q1)が登場するまではデスクトップ向けの最上位にあったシナモノ。

ソレが1.6万円程度にヤラれるのだから、ソレはアレでナニである。

で、ワス(田舎者)のメインマシンのCPUは、Core i7-6700(Kナシ)!

メインマシンの構成(2020年5月)



・CPU:Core i7-6700(Skylake)
・M/B:H170M Pro4(ASRock)
・RAM:32GB(8GB×2枚8GB×2枚)
・GPU:GeForce GTX 1660 Ti AERO ITX 6G(MSI)
・SSD:SDSSDXPM2-500G-J25(500GB,M.2,SanDisk)
・電源:MPX-7501-AMAAB-JP(750W,CoolerMaster)
・OS:Windows10 Pro(64bit)

Ryzen 3 3300XがCore i7-6700Kをクッテルとはユッテも、アフォほどの大差はないし、CPUは当然のコト、M/Bも変ゑンとならン。

なンで、少なくとも6コア/12スレッドのRyzen 5 3600以上でないと、ワヅァワヅァ変える意味ないヤロ/野郎ヌェ...

カネと手間かけて多少超ゑル程度じゃ、ヤル意味ないヤロ?セヤロ?

次のチップセット(B550)も出るし、コチラ(AMD)も様子見...

APUの次は?



個人的には、Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tinyを使ってる関係上、ビデオ内蔵CPU(APU)の次が気になる。



関連:[Lenovo] ThinkCentre M75q-1 Tiny の SSD(M.2,NVMe)とRAM(メモリー)の増設 [レビュー]

Raven Ridge(Zen,14nm,2017年10月)
Ryzen 3 2200G(定格3.5GHz/ターボ3.7GHz,TDP65W):Vega8(SP512,1100MHz)
Ryzen 5 2400G(定格3.6GHz/ターボ3.9GHz,TDP65W):Vega11(SP704,1250MHz)
・Ryzen 5 PRO 2400GE(定格3.2GHz/ターボ3.8GHz,TDP35W):Vega11(SP704,1250MHz)

Picasso(Zen+,12nm,2019年6月)
Ryzen 3 3200G(定格3.6GHz/ターボ4.2GHz,TDP65W):Vega8(SP512,1250MHz)
Ryzen 5 3400G(定格3.7GHz/ターボ4.2GHz,TDP65W):Vega11(SP704,1400MHz)
・Ryzen 5 PRO 3400GE(定格3.3GHz/ターボ4.0GHz,TDP35W):Vega11(SP704,1300MHz) ← Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tinyに載ッてるヤツ

この命名順序からすると、次はRyzen 3 4200GとRyzen 5 4400Gになるンかはシラン(SILANE)。

次のAPUは「Renoir(ルノワール)」てコトで、Zen2(7nm)+Vegaらしい。

正直、Vegaはもう時代遅れなので次に逝ッてホシ〜ノ♪だが...

Radeon Vega 11 Graphics

8コア/16スレッドのRyzen 7 4700Gだとか、2020年7月登場だとか、ゐクァぐぁワシ〜話が出テルが!

Lenovo ThinkCentre M75q-1 TinyのRyzen 5 PRO 3400GEを換装できればオモロイケド、過去に売られてたRyzen 5 PRO 2400GE搭載機にRyzen 5 3400Gを載せても動かヅ、対応BIOSのアップデートもないようなので、Ryzen 5 PRO 3400GE→Ryzen 5 4400Gの換装は無理ッポゐヌェ...

多少ゲームをするが、ビデオカードはウルサイし消費電力喰うので不要!

しかし、Intel HD/UHD Graphicsは性能が低杉手クヅォ!

という人は、Ryzen 5 4400Gを自作で組むとゑ々ンかはシラン(SILANE)。

邪魔なビデオカードが爆音で熱風放出、湿度の高い神乃国で真夏に35度を超える灼熱地獄、アイドル時でも電気を喰うという、このヴァクァ詐加減から脱セョ♪

QSV(Quick Sync Video)は使えないし、AMDのAPUのビデオ部分は安定性に欠けるので、安定を求める筋(スぢ)には無理だろうけど...

購入はココThinkCentre M75q-1 Tiny(価格.com限定品)

関連:[AMD Ryzen 5 Pro 3400GE] ThinkCentre M75q-1 Tiny でYouTubeがカクつく問題 [Radeon Vega 11 Graphics]

関連:ThinkCentre M75q-1 Tiny でYouTubeがカクつく問題の解消方法







BUFFALO WiFi 無線LAN 子機 WI-U3-866DS 11ac 866+300Mbps USB3.0
バッファロー (2017-05-16)
売り上げランキング: 1,225


アイネックス ハンドルネジインチ黒 PB-031BK
AINEX (2014-05-30)
売り上げランキング: 2,022


[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



以前、LenovoのThinkCentre M75q-1 TinyでYouTubeを再生すると、結構な高頻度で、動画がカクカクとなって悲惨杉流コトがあると書いた。

Lenovo_ThinkCentre M75q-1 Tiny

関連:[AMD Ryzen 5 Pro 3400GE] ThinkCentre M75q-1 Tiny でYouTubeがカクつく問題 [Radeon Vega 11 Graphics]

事象の詳細は上記記事にあるが、Chromeで発生し、Chromeを最新にしても直らヅ、グラフィックドライバー(Radeon Software)を最新にしても直らかなった。

Video Encodeの負荷が大きくなり、YouTubeがカクつくのね。

GPU_VideoEncode

で、コノ改善方法を見つけたッポゐンで、ソレを以下に記す!

本機(ThinkCentre M75q-1 Tiny)のチップセットは何かを調べる。

CPU-Zでは「RyzenSOC」となってる。

RyzenSOC

ハァ?

チップセットて〜と/帝都、B450とかX570とかを指すのでは?

で、本機の同類の仕様を調べると、「AMD B300 チップセット」とある。

AMD B300 チップセット

関連:ThinkCentre M75q-1 Tiny 製品仕様書 11A4002LJP/11A4002KJP (Lenovo)

で、AMDのサイトを調べるも、B300というチップセットはナイ!ドァヴォ!!

AMD Chipset

関連:AMDソケットAM4プラットフォーム (AMD)

だが、「B3xx」なのは「B350」しかないので、ソ〜トと捉ゑル(笑)

次に、AMDのサイトで「B350」の最新ドライバーを探す。

Chipsets>AMD Socket AM4>B350 と進み、

B350_AMD

関連:AMDのドライバー&サポート (AMD)

Windows10(64bit)用のドライバーを入手する。

Windows10 - 64ビット版

DetailsのSupportsを見ると、各種チップセットに広く対応してるので大丈夫デショ(笑)

で、解凍して得た「AMD_Chipset_Software.exe」を実行、全3項目を選択した状態でインストールする。

AMD Chipset Software Installer

再起動は求められないが、当然再起動する。

再起動後、ChromeでYouTubeを再生すると、カクツキが生じヅ、上述のVideo Encodeを見ると、なんと負荷が「ゼロ(零)」にナッテル!

GPU_VideoEncode_001

しかも、Chromeを最小化したり、タブをYouTube以外に移したりすると、「3D」や「VideoEncode(標準から表示されている方)」の負荷も下がる!

GPU_VideoEncode_002

是で、マトモに使えるようになったカナ/佳奈?

テクァ、本機は自作機ではなく、OSやドライバーは最初から入っている。

ソノ「標準の状態」でこのヅァマとは何事か!ドァヴォ!!

で、インストールされている管理ソフト(Lenovo VANTAGE)では、BIOSのアップデートは検知できるが、ドライバのアップデートは検知できない!

ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!ドァヴォ!!

バージョン情報



・BIOS:M2FKT1EA(2020/2/19)
・AMD Software(チップセットドライバ):v2.04.04.111(2020/4/7)
・Radeon Software(ビデオドライバ):v20.4.2(2020/4/21)
・Google Chrome:v81.0.4044.138(Official Build) 64bit

追記:真の原因



真の原因は、Radeonのドライバーだった!

関連:[AMD] Radeon Software v20.7.1が登場、遂に「カクカク問題」が解決? [Adrenalin 2020]


[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



AMDのビデオカード(Radeon等)に比べ、NVIDIAのビデオカード(GeForce等)の発色は地味だと言われる。

昔(ATI時代)は確かにそうだった記憶があるが、最近はそうでもないのでは?

で、地味なNVIDIAの発色を、AMD(ATI)のソレに近付ける方法。

NVIDIAのコントロールパネルを開き、ディスプレイ>デスクトップカラー設定の調整>デジタルバイブランスを変えるとよい。

デジタルバイブランス_NVIDIA

デフォルトでは50だが、これを55-60程度に上げるのだ。

値を変更し、「適用」を押して決定。

色は「適用」を押さなくても即座に変わるので、変化を見ながら値をキメタレ!

液晶モニターのボタンをポティ々ゐぢッて、ア〜デもナゐコ〜デもナゐとユ〜より、各段にラクだろう。

なお、デジタルバイブランスを100にすると、色がゴツどギツクなるが、認識しやすくなるンで、チャカでハぢく系のゲーム(FPS等)に向くンかはシラン(SILANE)。

関連:[NVIDIA] GeForce Experienceで配信できない場合の対処方法(Windows Aero) [YouTube]

関連:GeForce Experience の NVIDIA ShadowPlay(Share) による録画方法詳解

関連:[Win+G] ゲームキャプチャの設定(フレームレートや画質等) [Windows]

関連:[NVIDIA] FREESTYLE(フィルター)を使い、敵を発見しやすくする方法 [GeForce]

関連:[Windows10] マウスを振ると隠れる「エアロシェイク(AeroShake)」を無効にする方法 [DisallowShaking]

[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



追記:YouTubeがカクつく問題を、ツイに解決シたッた!

関連:ThinkCentre M75q-1 Tiny でYouTubeがカクつく問題の解消方法

−−−−−

Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny



OS(Windows10)、並びに消費税及び送料込でアリナガラ、激安3.2万円の小型スリムパソコンである、LenovoのThinkCentre M75q-1 Tinyに関して。

Lenovo_ThinkCentre M75q-1 Tiny

関連:[特価] ThinkCentre M75q-1 Tiny(税込3.2万円) [注文済]

AMD Ryzen 5 Pro 3400GE と Radeon Vega 11 Graphics



CPUはAMD Ryzen 5 Pro 3400GEであり、

AMD Ryzen 5 Pro 3400GE

ビデオは内蔵のRadeon Vega 11 Graphicsである。

Radeon Vega 11 Graphics

YouTubeを再生するくらいでは何の問題のないスペックであるハヅだが、メティアクティアカクつくコトがある。

どのタイミングで発生するかはイマイチ不明なのだが、YouTube再生中のブラウザからフォーカスを外し(他をアクティブにし)、その後、YouTube再生中のブラウザをアクティブにすると、発生するコトが多い雰囲気。

また、Chromeがアクティブであっても、別タブからYouTube再生中のタブに移ると発生するコトもある。

発生すると、しばらくの間(数十秒-1分程度)はカクついた状態が続き、非常に不快。

タスクマネージャーを見ても、CPU及びGPUには余裕があるし、ネット速度も無問題。

なので、原因が不明!

だったのだが、ワシの高度な研究により、原因が判明したので、以下に記シタル!

タスクマネージャー



タスクマネージャーのGPUでは、3D、Copy、Video Encode、Video Decodeの4項目のグラフが表示されているが、そのCopy(文字列)をクリックすると、他の項目を選択できる。

Video Encode

ここで、最下部にあるVideo Encodeを選択する。

選択肢にVideo Encodeが2ツあるが、上から3ツ目のソレと、最下部のソレは別物。

標準で表示されている4項目のグラフ内のVideo Encodeは上から3ツ目のVideo Encodeであり、最下部のVideo Encodeは標準では表示されていない。

こうして表示させた「(最下部の)Video Encode」で、上述のカクつく時を観察してみると、高負荷状態となっているコトが分かる。

GPU_VideoEncode

カクつくのは、これが原因だろう。

ハードウェアアクセラレーションを切る



これを解消する方法。

Chromeを使っている場合、設定>詳細設定>システム と進み、そこにある「ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する」をOFFにする。

ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する

そしてChromeを再起動すると、上述の「最下部のVideo Encode」が高負荷となる事象はなくなり、カクつきも発生しなくなる。

他のブラウザでも同様にカクつく場合は、同様に設定で「ハードウェアアクセラレーションをOFF」にするとゐ々ンかはシラン(SILANE)。

ハードウェアアクセラレーションを切るコトで、CPU負荷が高まるのではないかという懸念があるが、CPUの負荷を調べてみたが、そうでもない模様。

ただ、是をヤルと、Google マップがモタツクようになり、地球表示や3D表示が使ゑナくナルなどの弊害がある。

Google マップ

クヅォ杉流wwwww

クヅォは誰か?



是、Windowsのバグなのか、Chromeのバグなのか、AMD(Radeon)のバグなのか?

Radeonアルアルで、ドライバーのバグが考えられるが、最新のRadeon Software(Adrenalin 2020)のv20.2.2(2/28/2020、日本での公開は3月5日)でも発生することを確認済。

Adrenalin_2020_v20.2.2

旧バージョンのv20.2.1(1/30/2020)でも発生しており、最新版にしても解消されていないことになる。

AMD(Radeon)がヴァクァなのか、Chromeがアフォなのか、WindowsがNVIDIAと結託シ、ゐカツゐシナ系のオバチャンが率ゐルAMDを排除(ハゐぢォ)シょぅとシてるンかはシラン(SILANE)。



購入はココThinkCentre M75q-1 Tiny(価格.com限定品)

関連:ThinkCentre M75q-1 Tiny でYouTubeがカクつく問題の解消方法

関連:[Lenovo] ThinkCentre M75q-1 Tiny の SSD(M.2,NVMe)とRAM(メモリー)の増設 [レビュー]

関連:[特価] ThinkCentre M75q-1 Tiny(税込3.2万円) [注文済]

関連:[AMD] Fluid Motion(ヌルゥ!ヌルゥ!)を使う方法 [Radeon/Vega/APU]

[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ