ハードディスクメンテナンス

ハードディスクの診断、物理フォーマット、静音化、Linux、サーバー、MySQLなどがメインだったのですが、その後広がり、カメラやハードウェアの投稿も増えてきました。 モバイルデバイスは、MacBookAir(13型)、iPad Air2、ポメラ DM100(キングジム)OLYMPUS STYLUS XZ-2など。 これらを使いながら、ブログを更新しています。

タグ:214



NETGEARのNASであるReadyNAS 214(RN214)に関する、以下の続き。

ReadyNAS 214(RN214)

関連:[NETGEAR] ReadyNAS 214(RN214)の振舞を調べる試験 [ディスク追加]

再構築により、500GB+3TBのX-RAID(RAID 1)が完成。

その後、X-RAIDを解除し、Flex-RAIDにする。

そして、2TB(ST2000DL003)をユニット番号に入れると、認識はされるが、何も起こらないし、赤●が付き、2TBに対しては何の操作もできない。

2TBを追加

これは、追加した2TBが、Windowsで使用していたNTFSフォーマットであるためである。

これを解決するためには、歯車マーク>破棄を選ぶコト。

歯車マーク>破棄

データの入ったハードディスクを間違って挿した場合に、勝手に消されないための安全策かな/佳奈?

破棄後に2TBを選択すると、先のボリューム(TEST_500GB)の「拡張」が選択できるようになる。

拡張
↑灰色が押せて白は押せない

「拡張」を選択すると、再構築が始まる。

再構築

上述のように、X-RAIDを解除しFlex-RAIDとしているため、自動での「拡張」は行われないようだ。

この時の、本体前面下部のディスプレイは、以下の通り。

Reshape TEST_500GB
↑Reshape TEST_500GB 10.24%

振舞を調べる試験の時とは表示が異なる(Recover/Reshape)点に注目。

で、以下のような通知が出てきた。

ボリューム: 異なるディスクタイプを混在させることは推奨されていません。
現在のボリュームはSATA 7200 RPMドライブを使用しています。
チャンネル3(Internal)内のディスクを交換し、ボリュームTEST_500GBの残りのディスクと一致させて、最高のパフォーマンスを実現します。


「回転数が異なる」とハッキリ言わない、非常にアレな通知だが、回転数は以下の通りであり、

・500GB(HDP725050GLA360):7200回転
・3TB(ST33000650NS):7200回転
・2TB(ST2000DL003):5900回転

7200回転(2台)の環境に、遅い5900回転を投入したため、パフォーマンス(速度)が落ちるよ、と言いたいのだろう。

なお、再構築後(500GB+3TB+2TB)の内容は、以下となる模様。

500GB+3TB+2TB

関連:RAID Calculator (NETGEAR)

X-RAID(RAID 5)とFlex-RAID(RAID 5)の内容が、えらく異なるようだが...

再構築中のログ

ボリューム: 異なるディスクタイプを混在させることは推奨されていません(以下略)

ディスク: チャンネル 2 (Internal) に接続されたディスクのステータスが ONLINE から RESYNC に変更されました。

ボリューム: 異なるディスクタイプを混在させることは推奨されていません(以下略)

ディスク: チャンネル 2 (Internal) に接続されたディスクのステータスが RESYNC から ONLINE に変更されました。

ディスク: チャンネル 3 (Internal) に接続されたディスクのステータスが RESYNC から ONLINE に変更されました。

ボリューム: ボリューム TEST_500GB がresyncしました。

再構築が完了すると、内容は下の方(容量922GB)となった。

関連:ReadyNAS 104(RN10400)/214(RN214)の関連記事

関連:[NETGEAR] ReadyNAS 214(RN214)を購入した件 [8TB×4台]

関連:[NETGEAR] ReadyNAS104とApache,PHP,MySQL,phpMyAdmin,WordPress [ファイルサーバー]

関連:[Seagate] ST8000DM004(8TB)を4台購入 [合計5.8万円]

関連:SeaTools for Windows - Seagateのディスクチェックツール

関連:[018] SeaToolsでのSeagate製HDD診断方法

[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



NETGEARのNASであるReadyNAS 214(RN214)に関し、色々試してきた。

ReadyNAS 214(RN214)

関連:[NETGEAR] ReadyNAS 214(RN214)の振舞を調べる試験 [ディスク追加]

関連:[NETGEAR] ReadyNAS 214(RN214)の振舞を調べる試験 [ディスク追加]

今回は、上記△慮紊如RN214をiSCSIストレージとして使ってみる試験。

iSCSI(アイスカジー):Internet Small Computer System Interface

PC(iSCSIイニシエーター)-RN214(iSCSIターゲット)

「iSCSIッて何?」とゆぅ輩は、適当に調べてヌェ!

RN214の操作 - LUNの作成



初期状態では、iSCSIに関して何も設定されていないので、設定シテイク必要がある。

RN214の管理画面で iSCSI>新しいLUN をクリックする。

iSCSI_001

LUN:Logical Unit Number

ボリュームは先に用意していたモノ(TEST_500GB)、名前や説明は適当に(今回は「iSCSI_001」)。

iSCSI_002

プロビジョニングは、以下から選択。

・Thin(薄い):指定した容量をLUN作成時に確保せず、データが書き込まれた時点で容量を消費
・Thick(厚い):指定した容量をLUN作成時に確保する

今回は試験(テスト)なので、Thinとする。

サイズ(容量)も、テストなので100GBとする。

なお、一度設定したプロビジョニング方式は、後で変更できないが、

iSCSI_003

Thin/Thickとも、後から容量を拡張することは可能。

なお、作成したLUN(iSCSI_001)は、管理画面の「共有」に出現しているので、

iSCSI_004

歯車マークからリネームや容量拡張などの再設定が可能。

RN214の操作 - LUNグループの作成



LUNを作成したダケではダメで、LUNグループの作成を作成し、そこにLUNを割り当てる必要がある。

RN214の管理画面で iSCSI>新しいグループ をクリックする。

LUNグループに名前を付ける。

iSCSI_005

ターゲットはその名称を最後尾に含んだモノが自動でツケラレルが、上のように、ターゲットの文字列には制限があるので、LUNグループの名前には注意する。

例えば、「_(アンダーバー/安駄婆)」は使用できないので、ハイフン(-)などに置き換える必要がある。

今回はLAN内のどのPCからも接続できるように、許可されたイニシエーターには「Any」を選択する。

iSCSI_006

自己環境内でのテストなので、パスワード(CHAP認証)は空欄に。

で、作ったLUNグループに、先に用意したLUN(iSCSI_001)を割り当てる。

iSCSI_007

割り当てられていないLUN>割り当て

iSCSI_008

コレで、RN214側の設定は終了、次はWindows機の設定だ。

Win機の操作 - iSCSIイニシエーター



Windows機内の検索(画面左下のスタートボタンの右にある虫眼鏡アイコン)に「iSCSI」と入れると、「iSCSIイニシエーター」が見つかるのでクリックする。

だが、初期状態では、以下のようにiSCSIサービスは実行されていない。

iSCSI_009

関連:Microsoft iSCSIサービスが実行されていません

「はい」をクリックすることで、iSCSIサービスが自動的に実行されるようになる。

なお、iSCSIサービスは、Windows10 Homeでも実行可能だ(確認済)。

iSCSIイニシエーターのプロパティが開くので、ターゲットにRN214のIPアドレスを入れ、クイック接続をクリックする。

iSCSI_010

すると、先に用意したLUNグループに「接続完了」となるハヅ。

iSCSI_011

Win機の操作 - ディスクの管理



接続が完了しているので、後は「ディスクの管理」で設定する。

新品のハードディスクやSSDを組み込んだ際、ディスクの管理で設定(初期化,フォーマット)すると思うが、ネットワーク越しのNASであっても、全く同じように操作できるのだ!

ソレが、iSCSIとゆぅモノである。

「ディスクの管理」で「ディスクの再スキャン」を選ぶと、ディスクが追加されているのが分かるだろう(赤★)。

iSCSI_012

是が、先に作った「新しいLUN」ソノモノである。

iSCSI_013

マヅは、ディスクの初期化を行う。

iSCSI_014

そして、ドライブレターの設定やボリュームラベルの設定、フォーマットを行う。

iSCSI_015

iSCSI_016

作業は、ローカルディスクと全く同じ!

で、マイコンピュータにドライブが出現していればOK!

データの読み書きは当然のコト、エラーチェックやデフラグなども、ローカルディスク同様に可能だ。

エラーチェック_デフラグ_iSCSI

なお、このドライブにデータを保存すると、作成時には0であった使用量が増加する。

iSCSI_017

これが、上述したプロビジョニングの「Thin」ね。

・Thin(薄い):指定した容量をLUN作成時に確保せず、データが書き込まれた時点で容量を消費
・Thick(厚い):指定した容量をLUN作成時に確保する

iSCSIドライブの速度計測



テスト環境であり、500GB+3TB+2TB(Flex-RAID,RAID 5)という意味不明なドライブ構成であるが、速度を計測シテミタ。

・500GB(HDP725050GLA360):7200回転
・3TB(ST33000650NS):7200回転
・2TB(ST2000DL003):5900回転

・経路:Win機-Router(HUB内蔵)-RN214

・接続:Gigabit(1Gbps)

iSCSI_018

経路が1Gbps(1000Mbps)なので、125MByte/sが理論上の最大。

なンで、Readの123.53MB/sとユ〜ンは、フォヴォ頭打ち?

Writeはイマイチだが、コレは

・500GB(HDP725050GLA360):2007年(13年前)
・3TB(ST33000650NS):2011年(9年前)
・2TB(ST2000DL003):2010年(10年前)

という古すぎるディスク群のタメであり、最新のモノにシタラ/設楽もッと速くなるンかはシラン(SILANE)けど、多分/恐らく/絶対に/確実に/間違ゐナく速くなるだろう。

ST8000DM004(8TB)×4台

関連:[Seagate] ST8000DM004(8TB)を4台購入 [合計5.8万円]

ディスクスピンダウン



RN210の電源設定に、「ディスクスピンダウン」がある。

ディスクスピンダウン

コレをONにすると、ドライブにアクセスがない場合、スタンバイモードに移行するようにでき、NASの消費電力が削減できる。

だが、コレがONだと、スタンバイモードに入っている状態で、iSCSIドライブ(PCからだとドライブ)にアクセスすると、復帰までに時間を要するため、ナカナカ開かず、イルァ!イルァ!する!!

PC内のローカルディスクでも、電力設定によってはスピンダウンが有効になるが、NASだとローカルの復帰よりも時間を要する。

スケジュール設定ができる(スピンダウンタイマー)ので、作業曜日や時間が決まっている場合は、イルァ!イルァ!を回避できるが...

スピンダウンタイマー

使い勝手を重視し、ソノタメに電気代(+騒音や排熱)を出せるか、ソレはキミの判断である!

iSCSIは必要か?



テクァ是、ゴチャゴチャやッて極めたツモリでドヤ顔シテルけど、個人レベルだと、SMBでの共有に対し、ネットワークドライブの割り当てでドライブレターを割り当てたンと、大差ナゐンでは?

ネットワークドライブの割り当て

ネットワークドライブの割り当てでもマイコンピュータには出るし、コッチの方が、作業的にも知識的にも、圧倒的にラクだし...

NASとSAN



RN214はNAS(Network Attached Storage)であるが、iSCSIに対応し、SAN(Storage Area Network)が構築できる。

本品のiSCSI機能を使って、他のPCでも「共有」できるかもしれないが、ソレは非常に危険である。

iSCSIはSCSIのネットワーク版なので、ゆぅなれば、1台のSCSI HDDに対して、複数PCから同時にアクセスできるようなモノ。

あるPCがファイルを書き込んでいる時に、別PCがフォーマットを実行したら...

ツマリ、排他利用が管理されていないのである。

NAS:ファイル共有

SAN:
・遠隔地のディスクをローカルディスクのように扱える
・ファイル共有不可
・NASよりも速い

というコトで、ファイル共有が目的なら、iSCSI(SAN)は使わないコト。

そりゃ、iSCSIを都度外して別PCで接続、ゐワば「外付けHDDの使い回しによるファイル共有(同時アクセス不可)」のようなコトは可能だが、ンな面倒なコト、誰もセン/賤!

RN214はLANケーブルでしか接続できず、USBケーブルでPCにつなげて使うことはできない。

が、iSCSIを使うと、USB接続のハードディスクのような使い方ができるコトになる。

共有ではなく占有、ソレ、何の意味がアル?てコトだが、ソフトによっては、NAS上へのデータ生成を禁止しているものがある。

ネットワークドライブの割り当てでドライブレターを割り当てていても、バレてしまうのね。

そのような場合でもiSCSIならローカルとして扱われるので、問題は回避できる。

また、iSCSIの方が、NASよりも速いとユワレル。

実際に、NASの共有(フォルダ)に対して、速度計測を行ってみると...

RN214_NAS_500GB+3TB+2TB

iSCSIは先の結果だと計測に時間差があるので、NAS計測→iSCSI計測と、連続で測った結果...

RN214_iSCSI_500GB+3TB+2TB

確かにiSCSIの方が若干速いが、大きな差ではない?

ムァ、各々、ハードディスク内の位置が異なるだろうから、是を以て、NASとiSCSIの比較とはデキナイが...

この程度であれば、やはり個人レベルでは、NASの方が勝る/若様猿/花堕魔猿ンじゃない?

関連:ReadyNAS 104(RN10400)/214(RN214)の関連記事

関連:[NETGEAR] ReadyNAS 214(RN214)を購入した件 [8TB×4台]

関連:[NETGEAR] ReadyNAS104とApache,PHP,MySQL,phpMyAdmin,WordPress [ファイルサーバー]

関連:[Seagate] ST8000DM004(8TB)を4台購入 [合計5.8万円]

関連:SeaTools for Windows - Seagateのディスクチェックツール

関連:[018] SeaToolsでのSeagate製HDD診断方法

[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



NETGEARのNASであるReadyNAS 214(RN214)を購入した件。

ReadyNAS 214(RN214)

関連:[NETGEAR] ReadyNAS 214(RN214)を購入した件 [8TB×4台]

正式運用する前に、振舞を調べる試験を行う。

ユニット番号(左端)に、500GBのハードディスク(HDP725050GLA360)を入れてボリューム(TEST_500GB)を作成、その状態で運用後、起動(通電)したまま、ユニット番号△3TBのハードディスク(ST33000650NS)を追加した直後のログを示す。

ユニット_RN214

[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



(2020年6月-7月)

NETGEARのNASであるReadyNAS 214(RN214)を購入。

ReadyNAS 214(RN214)

前モデルであるReadyNAS 104(RN10400)を使っているのだが、性能が低すぎて遅すぎるので、入れ替える次第。

ReadyNAS 104とReadyNAS 214
↑ReadyNAS 104(左)とReadyNAS 214(右)

関連:ReadyNAS 104(RN10400)の関連記事

発売時期は、以下の通り。

・旧(ReadyNAS 104):2013年5月下旬 発売
・新(ReadyNAS 214):2016年2月中旬 発売

新でも2016年2月なので、決して新しくはないが、後継機が出ンので仕方がナゐ!

3年間隔だったンで、2019年頃には新機種が出るカナ/佳奈と、期待してはいたのだが、GigabitのNAS程度だとReadyNAS 214でも十分だとユ〜コトで、後継機が出ないのかはシラン(SILANE)。

ReadyNAS 214は、CPUの性能向上とメモリー増加により、大幅に速度が上がっている模様。

RN10400-100AJS_RN21400-100AJS_速度比較
↑ワシの実測ではなく、「NETGEAR曰く」の値

新旧のスペック詳細や比較については、以下の記事を参考にされたい。

関連:ReadyNAS214とReadyNAS104の新旧性能比較(NETGEAR)

必要コスト(=カネ)



SeagateのハードディスクであるST8000DM004(8TB)を4台買ったと書いたが、

ST8000DM004(8TB)×4台

関連:[Seagate] ST8000DM004(8TB)を4台購入 [合計5.8万円]

ソレはこのNASのためのハードディスクだったのだ。

ReadyNAS 214とST8000DM004

さて、その合計金額は...

ReadyNAS 214:2.7万円
・ST8000DM004×4台:14,500円×4台=5.8万円

合計:8.5万円!

当然乍ら/長柄、是がアルからといって、収入が8.5万円増加するコトは確実にナゐ!

よッて、コぢキになッてシまうwwwww

以後の手順



ReadyNAS 104にある4台のハードディスク(3TB×4台)を、そのままReadyNAS 214に突っ込んでも動くらしいが(未保証)、そうはせず、ReadyNAS 104はそのままにし、ReadyNAS 214を新規に組んで、両方稼働させた上で、ReadyNAS 104→ReadyNAS 214へデータをコピーする方法をトリタイ。

ST8000DM004×4台を、Windowsでチェックする。
 初期不良があるかもしれないため(後述)。
 但し、Seagate純正のチェックツールであるSeaToolsを使うと非常に時間がかかるので、軽いチェックに留めるか?
 ついでにベンチマーク(速度計測)も取るか。

ReadyNAS 214に余っているハードディスクを入れ、ファームウェアを最新にする。

チェック済みのST8000DM004×4台をヴチ込む。

ざν設定等を行う。

ReadyNAS 104→ReadyNAS 214へデータコピー

Δ靴个蕕運用後、問題がなければ、ReadyNAS 104のデータを削除、その後、解散させるかはシラン(SILANE)。

イ完了するまで、結構時間がカカルと思うヅォ!

なお、データコピー中のルーターへの負荷を避けるため、LAN内にHUBを追加し、経路を工夫するのがゐ〜ンかはシラン(SILANE)。

新旧の容量



容量は、RAID Calculatorで計算可能。

関連:RAID Calculator (NETGEAR)

旧(ReadyNAS 104):3TB×4台(X-RAID,RAID5):2020年7月2日現在

ReadyNAS 104_2020年7月2日

 全容量:8.16TB
 保護:2.73TB
 データ:5.85TB
 空き:2.29TB

新(ReadyNAS 214):8TB×4台(X-RAID,RAID5)

ReadyNAS 214_RAID Calculator

 全容量:21.8TB
 保護:7.28TB
 使用:ナシ
 空き:21.8TB

当然ながら、8TBとユッテモ8TB使えるワケではない。

・3TB→2.73TB
・8TB→7.28TB

コレで、結構減る。

次に、RAID5だと、使える容量は「全台数−1」となるので、

・3TB×4台→2.73TB×3台=8.19TB
・8TB×4台→7.28TB×3台=21.84TB

となり、思った以上に減る。

ソレでも、旧(ReadyNAS 104)の8.19TBに比べれば、新(ReadyNAS 214)の21.84TBは2.66...倍となり、しばらくは乗り越えられるだろう。

ReadyNAS 214は12TBまでのハードディスクに対応しており、その場合、

・12TB×4台→10.9TB×3台=32.7TB

のRAID5が準備可能である。

できるなら、最初から大きな容量を作っておくのが後々ラクだが、12TBのハードディスクは最安でも3.2万円、4台で12.8万円もスルので、容量逼迫後に考えよう...

懸念



旧(ReadyNAS 104)で使用しているのは、NAS用の購入モデルであるST33000650NSである。

しかし、今回用意したのは、NAS用のモデルではない、安物のBarraCuda。

ムァ、NAS用にしたからといって壊れないわけではないのだろうが、不安は残るね。

当然ながら、予備のハードディスクを用意しておく必要がある。

4台でRAID5だと、1台逝ッた場合は生き残るが、2台イクとスィヴォ〜。

1台逝ッた時点で予備と交換し、ミラーの再構築を行わなければナラナイ。

だが、再構築中の負荷により他がイキ、データ消失という事案が発生シガチである!

なお、Seagateの現行のNAS用ドライブは、IronWolfやIronWolf Proである。

BarraCuda_FireCuda_IronWolf_SkyHawk

BarraCuda:安物
FireCuda:ゲーム用(SSHD)
IronWolf:NAS用
SkyHawk:監視カメラ用

このような、中二病のゲーマー的な/適菜ネーミングにするのが流行ッ天皇?

以下は、今回以前に買っていたST8000DM004(8TB)の、初期不良の様子である。



関連:[Seagate] ST8000DM004(8TB) 謎のビープ音 [初期不良]

同型の速度結果(ベンチマーク)は、以下参照。

関連:SSD/HDD速度計測(2019年11月) SDSSDXPM2-500G-J25,SL500 640G,C300-MTFDDAC064MAG,SSDSA2MH080G1GC

自己責任にはナルが、SSHでログインすると、色々できるョwwwww

SSH_NETGEAR

関連:[NETGEAR] ReadyNAS104とApache,PHP,MySQL,phpMyAdmin,WordPress [ファイルサーバー]

関連:ReadyNAS 104(RN10400)/214(RN214)の関連記事

[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



現在、NASは、NETGEARのReadyNAS 104を使用中。

NETGEAR ReadyNAS 104 3年保証 4ベイ Diskless 個人/SOHO RN10400-100AJS

現在使用中の、実際の値

3TBを4台搭載、X-RAID(RAID5)、アプリなし

ReadyNAS 104_2019年9月

・データ:5.72TB
・スナップショット:3.40GB
・空き:2.43TB

つまり、データ保存領域は、約8.15TB。

メーカーが謳うデータ保存領域は、12TBを4台で33TB。

これから計算するに、

・8TBを4台:22TB
・6TBを4台:16.5TB
・4TBを4台:11TB
・3TBを4台:8.25TB

実際の値と比べると分かるが、スナップショットなどにより、容量はさらに減る。

2019年9月頭時点での、HDDの価格(容量あたり単価で最安のもの)

・4TB(ST4000DM004):7,300円(1,825円/TB)
・6TB(ST6000DM003):11,500円(1,917円/TB)
・8TB(ST8000DM004):15,700円(1,962円/TB)

# WDよりもSeagateの方が安い。

10TBとなると、最安でもST10000VN0004(31,100円=3,110円/TB)と、ゴツ高ゐ。
12TBとなると、最安でもST12000VN0007(37,400円=3,117円/TB)と、ゴツ高ゐ。

14TB(ST14000VN0008)となると、メティアクティア高ゐ。
16TB(ST14000VN0008)となると、メティアクティア高ゐ。

よって、コスパと容量を考えると、8TBを4台として、22TBのNASを作るのがベスト。

ReadyNAS 104の後継であるReadyNAS 214が出ており、格段に性能が向上しているので、遅すぎる旧機種を選ぶ意味はない。

旧機種:ReadyNAS 104
CPU:シングルコア(1.2GHz)
RAM:512MB

新機種:ReadyNAS 214
CPU:クアッドコア(1.4GHz)
RAM:2GB

性能向上は、CPUで4倍以上、RAMでも4倍以上!

# かとゐッて、R/W速度が4倍になるハヅはナゐグァw

NETGEAR NAS ディスクレス 4ベイ スマホ/タブレット対応 アンチウィルス クラウド対応 ReadyNAS 214 3年保証 RN21400-100AJS

関連:ReadyNAS214とReadyNAS104の新旧性能比較(NETGEAR)

関連:NAS(ReadyNAS104)の容量と速度に悩ムァされてゐル事案!

そのコストは...

ReadyNAS 214:25,300円×1=25,300円
・8TB(ST8000DM004):15,700円×4=62,800円

ReadyNAS 214_2019年9月_アマゾン

合計:88,100円

意外とスルね...

結局、HDDが高ゐ!

容量増大の鈍化、そして価格下落の鈍化。

神乃國のメーカーが撤退し、雨工のSeagateやWDが独占、談合でウラで組み、闇会合で話シ合ゐをしてる状況では、容量も増えず、安くなるハヅもナゐ!


神乃國のメーカーが生き残っていれば、イマゴロ25TBで5千円が普通になってるンかはシラン(SILANE)。










[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ