ハードディスクメンテナンス

ハードディスクの診断、物理フォーマット、静音化、Linux、サーバー、MySQLなどがメインだったのですが、その後広がり、カメラやハードウェアの投稿も増えてきました。 モバイルデバイスは、MacBookAir(13型)、iPad Air2、ポメラ DM100(キングジム)OLYMPUS STYLUS XZ-2など。 これらを使いながら、ブログを更新しています。

タグ:2020



OS(Windows10)、並びに消費税及び送料込でアリナガラ、激安3.2万円の小型スリムパソコンである、LenovoのThinkCentre M75q-1 Tinyについて。

M.2とRAM_Lenovo

関連:[Lenovo] ThinkCentre M75q-1 Tiny の SSD(M.2,NVMe)とRAM(メモリー)の増設 [レビュー]

APUはAMD Ryzen 5 Pro 3400GEであり、ビデオとしてRadeon RX Vega 11 Graphicsが内蔵されている。

Radeon Vega 11 Graphics

標準付属のACアダプター(65W)だと電力不足でパフォーマンスを発揮できないが、135WのACアダプターにすると能力を発揮する。







その后、Call of Duty: GHOSTSで、144Hz対応のモニター(フルHD)で試してみると、画像品質をExtraにしても、90FPSほど出るコトを確認!

CoD-Gはゲーム自体に91FPSまでという制限がかかっているので、MAXまで出るというコトになる。

# 制限は裏技で回避可能。

場面によっては60FPSほどに落ちるコトもあったが、60FPSは下回らない感ぢであった。

2013-2014年ごろの古いゲームではあるが、内蔵GPUでこれだけデキたら上等ではないかね?

# Intelの内蔵ビデオであるHD/UHD Graphicsだと確実に無理!

何度か行われているRadeon Software(Adrenalin 2020)の更新で性能が伸びたンもあるンかはシラン(SILANE)。

# 2020年4月中旬の時点でv20.4.1

関連:Radeon Software(Adrenalin 2020) (AMD)

但し、Win+Gによる内部録画をすると、その負荷のためか、以下のように60FPSまで下がってしまう。



# 負荷が大きかったのか、ゲームが落ちる事案wwwww(Windowsは落ちていない)。

他のマシンでWin+Gによる内部録画をしても60FPSにはならないので、録画したら60FPS止まりになるという仕様ではない。

また、負荷をかけない外部録画(GV-HDRECとか)だと、上限が60FPSまでとなるので、60FPS以上でのプレイ且つ録画は無理。

[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



日本時間、2020年9月16日 午前2時から行われた、アッチ系の社長ニョル、ゐクァぐぁワシ〜発表会。

関連:Apple Event - September 15, 2020

広大な社屋を自慢するサイアクな出々(デダ)シで始まッた、不快極ムァりナゐイベントである。

で、ゑ?

iPad Air、税別で54,800円→62,800円の値上グェぢゃネ?

iPad Air_iPad_2020年9月

・iPad Air(3th):A12(7nm),64GB(Wi-Fi),RAM3GB,10.5型,456g,2019年3月
・iPad Air(4th):A14(5nm),64GB(Wi-Fi),RAM●GB,10.9型,458g,2020年9月

ヴォッタクリが更に進行/侵攻/信仰!!

上位モデルであるiPad Proの発表がなかッた(A12Zのママ)ので、A14の混乱に乗じてヴォッタクットケ!てナコトだろう。

# iPad Airも、LightningからUSB Type-Cにヤット変化。

なお、下位モデルであるiPadの「34,800円」とユ〜ンは、ストレージがタッタの32GBだからwwwww

ソレ以上となると、一気に128GBと成り、価格は44,800円に暴騰wwwww

ゑげツなゐダマし商売/笑売、関西/癇災人もドォン引きwwwwwwwwww

2020年10月末追記:買(コ)ぅ〜た!

iPad Air4(iPad Air 第4世代)

関連:iPad Air4(iPad Air 第4世代)の入手とレビュー

[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ