ハードディスクメンテナンス

ハードディスクの診断、物理フォーマット、静音化、Linux、サーバー、MySQLなどがメインだったのですが、その後広がり、カメラやハードウェアの投稿も増えてきました。 モバイルデバイスは、MacBookAir(13型)、iPad Air2、ポメラ DM100(キングジム)OLYMPUS STYLUS XZ-2など。 これらを使いながら、ブログを更新しています。

タグ:ミラー



Debianのミラーの片方に不良セクタが発生した(代替処理待ちのセクタ)。

Current Pending Sector Count

代替処理待ちのセクタの数です。

代替処理待ちのセクタの数です。

代替処理待ちのセクタが結果的に読み込みまたは書き込みに成功した場合、この値は減りセクタは代替処理されません。
セクタの読み取りエラーはセクタを代替処理しません。
書き込みに失敗した場合のみ代替処理されます。


突然のバッドセクタの発生。

原因は熱かな?

私は「ハードディスクは熱に弱い」という認識を持っており、実際そうだと思う。

が、扱った台数が少なく(百台以上はあるが千台はおそらくない)、詳細にデータを取ったわけではないし、メーカーによっても異なるだろう。

Googleを支える技術の第5章5(224ページ)に「ハードディスクはいつ壊れるか」という内容がある。

それによると、

・長く使うと壊れやすくなるわけではない。

・よく使うと壊れやすくなるとも限らない。

という予想に反する結果が書かれている。

その中には、

・温度が高いほど壊れやすいということもない。

という驚くべき(通説に反する)内容も。

Failure Trends in a Large Disk Drive Population

S.M.A.R.T.に関係なく(何の前触れもなく)故障するのもよくあることなので、S.M.A.R.T.を過信しないように。

しかし、S.M.A.R.T.の値はあてにならないかもしれないが、何かしらの問題が生じていることを知るのは必要だろう。

なお、Linuxでは多くの場合標準でS.M.A.R.T.を取得できるが、Windowsでは取得できない。

発生しやすいのは

05:代替処理済のセクタ数
C5:代替処理保留中のセクタ数
C6:回復不可能セクタ数

の異常である。

関連:ローレベルフォーマットによるS.M.A.R.T.の変化(代替処理保留中のセクタ数,代替処理保留中のセクタ数,回復不可能セクタ数)

値が悪化するだけでなく、改善する変化もある。

が、一度不良が出たハードディスクは、以後使用すべきではないだろう。

また、新品=異常ナシとは限らないので、新品のハードディスクを購入したとしても、S.M.A.R.T.の値は調べておこう。

S.M.A.R.T.には異常がなくても動作が不穏なディスクがあるので注意。

いずれにしても、ハードディスクは消耗品でありいつかは故障するので、ミラーリングは必須だろう。

関連:ハードディスクは消耗品

ミラーリングの上、バックアップを。

ミラーリングは「鏡」なので、誤って消したデータは戻らない。


[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



Debian(7.5)サーバーを再起動したら、ブート途中で死亡。

Debianの起動に失敗
この状態で止まってしまう

どうも、ブートに必要なファイルが読み込めないようだね。

このサーバー、ソフトウェアRAID(ミラー)を組んでる。

sdaとsdbの2台(スペアはなし)。

BIOS上では、2台とも認識はされている。

そのどちらに問題があるのかを確かめるため、sdaを切り離して起動させると、同じ画面でコケる。

よって、sdbが異常と判断。

sdbを取り外し、sdaのみとすると起動することを確認。

ただ、この状態では片肺で危険なので、速やかにハードディスクを追加する必要がある。

しかし、同型式のハードディスクがなかったので、同容量のディスクを追加。

# 同容量以上であれば、他のメーカーや型式のハードディスクでも構わない。

ハードディスクを追加し起動させ、ディスクの管理画面(ディスク・ユーティリティー)へ。

左の下方にあるミラーを選択し「%d個のコンポーネント」を編集をクリック。

スペアを追加すると、リカバリ中となり、リカバリが進行する。

リカバリ完了後、grubをアップデートし、sdbにもインストール。

update-grub

grub-install /dev/sdb

これをしておかないと、sdaが逝った場合に、sdbから起動できないのだ。

それでは、ミラー組んでる意味ないよね。

ミラー領域に起動パーティションが含まれている場合は、パーティション・フラグを「ブート可能」にする。

この後、スペアとしてsdcも追加しておく。

ミラーを選択し「%d個のコンポーネント」を編集をクリックすると、sdcをスペアとして追加できる。

スペアを追加した
スペアを追加した

スペアとして追加されたsdcは、sdaやsdbが逝った場合に、自動的に上がってくれる。

当然、sdcには電源ケーブルとSATAケーブルの両方を挿しておかなければならない。

通電している以上、sdaやsdbよりも先にsdcが逝ってしまう可能性があるが...

sdcにも、grubをインストールしておく必要がある。

update-grub

grub-install /dev/sdc

そして、パーティション・フラグを「ブート可能」にする。

以上で復旧は終了。

[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



例の豪華マシン(但し古杉wwwww)に、Sil3124Sil3132の2枚を刺し、

Sil3124:1TB×2(ミラー)

Sil3132:1TB×1(PASS-THRU)

としているのだが、前者(Sil3124)のミラーに属するハードディスクが片方認識されなくなった。

Mirroredとあるが1台しか認識されていない
Mirroredとあるが1台しか認識されていない

認識されないので、当然、リビルドもできない。

認識されなくなる直前、以前書いた突然の再起動が連発していた。

電源を交換しても、改善せず。

リビルド作業いうか、Sil3124に2台のディスクを付けていると落ちるというか、消えた片方に原因があるのかも。

実際、上記のように片方消えている状態では、全く落ちなかった。

しかし...仮にディスクに異常があるにせよ、起動(OS)ドライブではないのだから、それで落ちるのは如何なものか。

この後、ケースを開けて問題のディスクのケーブル接続を確認すると、認識された(抜けていたワケではない)。

そしてリビルド進行中であるが、落ちるのか落ちないのか?

[PR] au PAY / au WALLET カード 情報

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ