Windows10に於いて、GeForce Experienceでの録画(Alt+F9)は可能だが、GeForce ExperienceとYouTubeのアカウントを連携しても、配信できない場合の対処。

「Alt+Z」→「ブロードキャストライブ」→「起動」としても、何の反応もない場合。

ブロードキャストライブ

Windowsの「設定」→「色」→「透明効果」をオンにして再起動すると、配信可能であった。

透明効果

なお、この「透明効果」が「Windows Aero」なンかはシラン(SILANE)。

関連:Windows Aero (Wiki)

Aeroのようなゴトェゴトェしたようなンは、常時オフにしておきたゐンだが...

GeForce Experienceでの配信は、GeForceでのハードウェアエンコード(NVENC)を使うので、負荷が小さいが、OBS(Open Broadcaster Software)ほどの複雑なことはできない。

配信のタイトルは付けられるがコピペ不可なので使い物にナラヅ、サムネイルや動画説明は付けられない。

配信中

動画説明は、勝手に以下のようなハードスペックになってしまう。

プレイステーション クラシック
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2018年12月発売 20タイトル収録
メガドライブミニ
セガゲームス
2019年9月発売 42タイトル収録
メガドライブミニW
セガゲームス
2019年9月発売 42タイトル収録
PCエンジン mini
コナミデジタルエンタテインメント
2020年3月発売 58タイトル収録
[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!