DELLサーバーであるPowerEdgeT105のCPUを

Athlon64X2 5600+

から

Phenom X3 8400

に入れ替えた。

Athlon64X2 5600+

Athlon64X2 5600+

Freq:2.8GHz
Core:2
L2 Cache:2 x 1MB
Socket:AM2
TDP:89W

Phenom X3 8400

Phenom X3 8400

Freq:2.1GHz
Core:3
L2 Cache:3 x 512KB
L3 Cache:1 x 2MB
Socket:AM2+
TDP:95W

このPowerEdgeT105には、最初はOpteron1212(2GHz)が付いていた?と思うが、,料阿Opteron1216(2.4GHz)を付けていた。

Opteron1212(2GHz)
Opteron1212(2GHz)

Opteron1216(2.4GHz)
Opteron1216(2.4GHz)

Opteron1216(2.4GHz)→Athlon64X2 5600+(2.8GHz)への換装で、何か変わった感じはしなかった。

遅いSQL文は、同程度に遅い。

これは、今回も同様。

今回のCPU換装で、周波数は落ちている(2.8GHz→2.1GHz)のだが、コアは1つ増加(2→3)している。

Athlon64X2 5600+
Athlon64X2 5600+

DualCore(2コア)
DualCore(2コア)

Phenom X3 8400
Phenom X3 8400

TripleCore(3コア)
TripleCore(3コア)

用途はDBサーバー(MySQL@Linux)なのであるが、CPUに於いてはTripleCore(3コア)の効果はあまりなく、周波数が重要なのだろう。

ということは、やはり灼熱波動拳PentiumD 960(3.6GHz)しかないのか...(←それはナイ)

なお、PowerEdgeT105には、PhenomIIX4 980 Black Editionまで載るようである(未確認)。

PhenomIIX4 980 Black Edition
Freq:3.7GHz
Core:4
L2 Cache:4 x 512KB
L3 Cache:1 x 6MB
Socket:AM3
TDP:125W

AMD Phenom II X4 955 TDP 95W HDX955WFGMBOX
AMD (2010-09-03)
売り上げランキング: 29,740


次回、PowerEdgeT105のメモリー編に続く。
プレイステーション クラシック
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2018年12月発売 20タイトル収録
メガドライブミニ
セガゲームス
2019年9月発売 42タイトル収録
メガドライブミニW
セガゲームス
2019年9月発売 42タイトル収録
PCエンジン mini
コナミデジタルエンタテインメント
2020年3月発売 58タイトル収録
[PR] au PAY / au WALLET カード 情報