ハードディスクメンテナンス

ハードディスクの診断、物理フォーマット、静音化、Linux、サーバー、MySQLなどがメインだったのですが、その後広がり、カメラやハードウェアの投稿も増えてきました。 モバイルデバイスは、MacBookAir(13型)、iPad Air2、ポメラ DM100(キングジム)OLYMPUS STYLUS XZ-2など。 これらを使いながら、ブログを更新しています。

2021年02月



OS(Windows10)、並びに消費税及び送料込でアリナガラ、激安3.2万円の小型スリムパソコンである、LenovoのThinkCentre M75q-1 Tinyについて。

M.2とRAM_Lenovo

関連:[Lenovo] ThinkCentre M75q-1 Tiny の SSD(M.2,NVMe)とRAM(メモリー)の増設 [レビュー]

APUはAMD Ryzen 5 Pro 3400GEであり、ビデオとしてRadeon RX Vega 11 Graphicsが内蔵されている。

Radeon Vega 11 Graphics

標準付属のACアダプター(65W)だと電力不足でパフォーマンスを発揮できないが、135WのACアダプターにすると能力を発揮する。







その后、Call of Duty: GHOSTSで、144Hz対応のモニター(フルHD)で試してみると、画像品質をExtraにしても、90FPSほど出るコトを確認!

CoD-Gはゲーム自体に91FPSまでという制限がかかっているので、MAXまで出るというコトになる。

# 制限は裏技で回避可能。

場面によっては60FPSほどに落ちるコトもあったが、60FPSは下回らない感ぢであった。

2013-2014年ごろの古いゲームではあるが、内蔵GPUでこれだけデキたら上等ではないかね?

# Intelの内蔵ビデオであるHD/UHD Graphicsだと確実に無理!

何度か行われているRadeon Software(Adrenalin 2020)の更新で性能が伸びたンもあるンかはシラン(SILANE)。

# 2020年4月中旬の時点でv20.4.1

関連:Radeon Software(Adrenalin 2020) (AMD)

但し、Win+Gによる内部録画をすると、その負荷のためか、以下のように60FPSまで下がってしまう。



# 負荷が大きかったのか、ゲームが落ちる事案wwwww(Windowsは落ちていない)。

他のマシンでWin+Gによる内部録画をしても60FPSにはならないので、録画したら60FPS止まりになるという仕様ではない。

また、負荷をかけない外部録画(GV-HDRECとか)だと、上限が60FPSまでとなるので、60FPS以上でのプレイ且つ録画は無理。

[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



当方が使っているNAS(ファイルサーバー)はNETGEARのReadyNAS104(RN10400-100AJS)であり、ブラウザ経由で操作する。

RN10400-100AJS

が、SSHでシェルログインすることもできる。

# シェルログイン:サーバにログインし、UNIXコマンドで遠隔操作する機能

常時起動しているファイルサーバーに、Apache,PHP,MySQL,phpMyAdmin,WordPressなども入れられるので、別途鯖を用意しなくても済むという利点がある。

しかし、これは、以下の理由からオススメしない。

・CPUがシングルコアで遅杉:Marvell Armada 370 1.2GHz(1コア1スレッドwwwww)
・メモリーが512MBしかない。

関連:ReadyNAS214とReadyNAS104の新旧性能比較(NETGEAR)

WordPressをReadyNAS104に置くと、LAN内なのに展開(表示)が遅い始末である(笑)

また、シェルログインは動作保証外であり、操作をシクヂルとNASのデータを失う。

SSH_NETGEAR

コマンド操作で内部は何でも変えられるように見えるが、そうするとブラウザ経由で操作する(本来の)システムとの間に不整合が発生、面倒なコトになりかねない。

てコトで、ファイルサーバー機能にトドメテおいた方が無難。

また、何カシラの制限がかかっているようで、PHPのアップデートができなかったりもする。

はヂめに、ハードウェアの確認。

OSのバージョン



cat /etc/issue

ReadyNASOS 6.10.3 \n \l

cat /etc/debian_version

8.11

CPU



cat /proc/cpuinfo

processor : 0 ←「0」だけなのでシングルコア!
model name : ARMv7 Processor rev 1 (v7l)
BogoMIPS : 34.37
Features : half thumb fastmult vfp edsp vfpv3 vfpv3d16 tls idivt
CPU implementer : 0x56
CPU architecture: 7
CPU variant : 0x1
CPU part : 0x581
CPU revision : 1

Hardware : Marvell Armada 370/XP (Device Tree)
Revision : 0000
Serial : 0000000000000000

メモリ



cat /proc/meminfo

MemTotal: 508656 kB ←メモリーが512MBしかナゐ!
MemFree: 44660 kB
MemAvailable: 164540 kB
Buffers: 8428 kB
Cached: 218924 kB
SwapCached: 312 kB
Active: 183892 kB
Inactive: 126892 kB
Active(anon): 36676 kB
Inactive(anon): 73784 kB
Active(file): 147216 kB
Inactive(file): 53108 kB
Unevictable: 0 kB
Mlocked: 0 kB
HighTotal: 0 kB
HighFree: 0 kB
LowTotal: 508656 kB
LowFree: 44660 kB
SwapTotal: 1046524 kB
SwapFree: 1044532 kB
Dirty: 76 kB
Writeback: 0 kB
AnonPages: 83156 kB
Mapped: 54212 kB
Shmem: 27028 kB
Slab: 37560 kB
SReclaimable: 12228 kB
SUnreclaim: 25332 kB
KernelStack: 1512 kB
PageTables: 2820 kB
NFS_Unstable: 0 kB
Bounce: 0 kB
WritebackTmp: 0 kB
CommitLimit: 1300852 kB
Committed_AS: 797372 kB
VmallocTotal: 507904 kB
VmallocUsed: 0 kB
VmallocChunk: 0 kB

ディスク



df -h

Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
udev 10M 4.0K 10M 1% /dev
/dev/md0 4.0G 977M 2.8G 26% /
tmpfs 249M 0 249M 0% /dev/shm
tmpfs 249M 424K 248M 1% /run
tmpfs 125M 21M 104M 17% /run/lock
tmpfs 249M 0 249M 0% /sys/fs/cgroup
/dev/md127 8.2T 6.1T 2.1T 75% /(ボリューム名)
/dev/md127 8.2T 6.1T 2.1T 75% /apps
/dev/md127 8.2T 6.1T 2.1T 75% /home
/dev/sde1 15G 524M 14G 4% /media/(USBメモリー等)

CPU使用率の履歴



vmstat 2(2秒毎の場合)

・us:ユーザーCPU時間(カーネル以外が使用)
・sy:システムCPU時間(カーネルが使用)
・id:アイドル時間
・wa:IO待ち時間
・st:仮想マシンに取られた時間



例えば、syは、管理画面で共有の「使用量計算」を行うと、それだけで50%程度に上昇する。
イカにこのCPU(SoC)が非力か分かるだろう。

「Ctrl+C」で終了

現在の値のみ

top

「Ctrl+C」で終了

システムの稼働時間



uptime

ログイン履歴



lastlog(ユーザー毎の最後のログイン)

last(最近ログインしたユーザの日時) 上が新

必要ブツのインストール等



apt-get update

インストール可能なパッケージの一覧を更新する。
パッケージのインストール、アップグレードなどは行わない。

[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



以前書いた、MSI GeForce GTX 1660 Ti AERO ITX 6G冷却ファンの羽根が折れる事案のソノ后。

1660Ti_羽根折れ

関連:[悲報] GeForce GTX 1660 Ti の羽根が折れた件! [修理,ファン交換]

修理はゴツ高ゐ(約壱万円)シ、シナからファンを入手する(約2,500円)のも届くのに時間がかかるので、接着剤で付けてみるコトにwwwww

接着剤は、ダイソーで入手した強力瞬間接着剤のゼリータイプ。

ファンと接着剤

1gが4本入ってて、税込110円。

コレを折れた断面に塗布し、圧着。

ソノ后、接着面を覆う/奥羽ようにして、さらに塗布。

ファンを接着_001

ファンを接着_002

そンで放置。

翌日。

接着剤の成分と羽根のプラスチックが反応して、白色変化する事案wwwww

白化クリニック

# 白化クリニックwwwww

白色変化は、他の羽根や、枠にも広がる始末!

で、動作確認のタメ、サブマシンに搭載し、電源を投入してみたが、羽根欠落時に生じていた振動や騒音は見られヅ。


↑羽根欠落時


↑羽根接着后

ゲームをしばらくやってみるが、特に問題ない模様。

タドァ、サブマシンは横置き(マザーボードが地面と平行)であり、ファンには側面方向に重力がかかるようになっている。

1660Ti_サブマシン

使用予定のメインマシンは、マザーボードが地面に垂直であるから、ファンにかかる重力の向きが90度異なる。

接着した部分には、ソレラの重力と、ファン回転による遠心力、振動、さらには排熱による熱が加わる。

このビデオカード(MSI GeForce GTX 1660 Ti AERO ITX 6G)はアイドル時でも常時ファンが回転しているので、ダメージはPC起動中常にカカル。

接着断面の面積が狭いコトと、熱による劣化から、あまり長くは持たンかもシレン/試練ヌェ...

# 瞬間接着剤を塗布、圧着後、熱したはんだゴテを当てて周辺のプラスチックを溶かして補強するという手も考ゑたが、ソレ用に所持していた使い古したコテ先が行方不明なので、今回は行わヅ!

なお、この手の瞬間接着剤は、未開封でも保管期間が長いと固まって使えなくなるので、そのツモリで!

関連:未使用の瞬間接着剤が固まって使えない事案!

手元にないと何かあった時に困る部類のシナモノであり、常備しておきたいシナモノであるが、常備もホドホドに...


MSI GeForce GTX 1060 AERO ITX 6G OC グラフィックスボード VD6307
MSI COMPUTER (2017-04-08)
売り上げランキング: 1,152


[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



2020年3月に買った MSI GeForce GTX 1660 Ti AERO ITX 6G冷却ファンの羽根が折れる事案が発生wwwww

1660Ti_羽根折れ

関連:[MSI] GeForce GTX 1660 Ti AERO ITX 6G [24,980円]

何是(ナニコルェ)wwwww

同じMSIの先代である MSI GeForce GTX 1060 AERO ITX 6G OC も持ってるが、先代に比べると映像出力端子が5個→3個に減ってるし、ファンがチャチになってるし、さらには外箱も安物になってるので、相当なコストダウンをしているとは、開封時に気付いていたコトではあるが...

このママ使うこともできるが、羽根が折れると偏心でブレ、振動や騒音が生じてシマウ!



なンで、M/B(H170M Pro4,ASRock)から1660Tiを外し、Core i7-6700の内蔵ビデオであるIntel HD Graphics 530で出力する。

Intel HD Graphics 530

関連:Intel HD Graphics(内蔵ビデオ,iGPU,QSV)とビデオカード(NVIDIA GeForce,NVENC)を共存させる方法

# GTX 1060 6G を戻してもゐ〜ンだが、サブマシンに移したンで...

こういう時、内蔵ビデオがあるのは助かるヌェ!

# IntelのCPUでも、近年出現したCore i5-9400F等の「F付き」は、内蔵GPUが無効化されているので注意!

で、気付いたのが、Intel HD Graphicsの優秀さ。

H170M Pro4 にはHDMI、DVI-D、D-Sub15、DisplayPortの4端子があり(同時出力は最大3画面)、

DisplayPort_H170M Pro4

各々の最大解像度は以下となる。

・HDMI:4K(4096x2160)@24Hz,4K(3840x2160)@30Hz
・DVI-D:1920x1200@60Hz
・D-Sub:1920x1200@60Hz
DisplayPort(1.2):4K(4096x2304)@60Hz

DisplayPort限定にはなるが、4K@60Hzの出力が可能。

現在使用中のモニターはEB321HQUBbmidphx(WQHD,2560x1440,31.5型,IPS,Acer)なので、60Hzでツカエル。

Acer モニター ディスプレイ EB321HQUBbmidphx 31.5インチ WQHD(2560 x 1440)/IPS/スピーカー内蔵/HDMI端子対応

関連:EB321HQUBbmidphxの購入とレビュー [Acer,31.5型,WQHD(2560x1440),液晶モニター]

それでいながら、サイト閲覧やYouTubeの動画もモタツキはないし、ゲームしないなら何の問題もない。

当然、内蔵GPUなので、ビデオカードによる消費電力増大もないし、空冷ファンノイズもない。

消費電力は、1660Ti搭載時に比べ、アイドル時で約20W減!

・1660Ti搭載時:90W
・1060(6GB)搭載時:80W
・Intel HD 530:70W

AMD Radeon Vega 11 Graphics搭載機(ThinkCentre M75q-1 Tiny)も使っているが、ゲーム能力は Vega 11 の方が格段に上なのだが、それ以外はIntel HD Graphics 530の方が、体感的には快適!

M.2とRAM_Lenovo

関連:[Lenovo] ThinkCentre M75q-1 Tiny の SSD(M.2,NVMe)とRAM(メモリー)の増設 [レビュー]

以下のような、ワケの分からナゐ不具合もないし。

GPU_VideoEncode

関連:[AMD Ryzen 5 Pro 3400GE] ThinkCentre M75q-1 Tiny でYouTubeがカクつく問題 [Radeon Vega 11 Graphics]

多分、テユ〜カ/優香、確実及び絶対/舌苔KNEE、AMDはドライバーがクヅォ且ツ、Windows+Intel(=WinTel)から排除(ハゐぢョ)されてると思う。

ソフトやゲームの動作要件も、IntelやNVIDIA主体であり、AMDは書かれていないことスラある次第だし。

動画のエンコードも、QSV(Quick Sync Video)によるハードウェアエンコードでヤレばゐ〜シ。

関連:CPUとIntel HD Graphics,DirectX,QSV(Quick Sync Video)の関係

モウ/MOW/耗、是でゐ〜ン邪内科那wwwwwwwwww

追記:ファンの修理



販売代理店に修理代の概算を確認すると、約壱萬円とのコト!

高杉流wwwwwwwwww

なンで、自分で修理した方がゑ々!

接着剤で付けたトコロで、断面積が小さく、常時力グァ加わッてるンで、ポロリ♪の可能性大!

別途素材でモルィ♪モルィ♪盛ッて補強すると、取れないだろうが偏心再発生で意味ナシwwwww

なンで、ファンを交換する手を考える。

MSI GeForce GTX 1660 Ti AERO ITX 6Gに搭載されているファンは、idcoolerのXY-D10015BHである。

XY-D10015BH

# idcoolerのサイトには掲載ナシ

・ファン径:直径95mm
・固定ネジ間:42mm(実測:41.2mm)
・回転数:3000RPM
・電源:DC12V 0.55A 4ピン

シナの通販サイトであるAliExpressにはビデオカードの各種ファンが売られているが、XY-D10015BHはなく、型式末尾の異なるXY-D10015SHが存在するノミ。

XY-D10015SH

関連:XY-D10015SH 2,464円 送料無料 (AliExpress)

他のファンは安く数も多く出ているが、XY-D10015BHはまだ新しいので販売店が少なく、高いのだろう。

ファン径と固定ネジ間が同じ以下製品も使えるかもしれないが、2連ファンなので、電源ケーブルの加工が必要かはシラン(SILANE)。

関連:GAA8S2U 1,455円 送料173円 (AliExpress)

ファン交換するには、ヒートシンクも外す必要があるのでフォヴォ全分解となり、保証がなくなるので注意。

# ネジに付されているシールを破るので、分解が発覚する。

また、ヒートシンクを外すため、グリスの塗り直しが必要となる。

なお、前モデルのMSI GeForce GTX 1060 AERO ITX 6G OCのファン(PLD09210S12HH)は、大きさが異なるので、流用は不可である。

PLD09210S12HH

POWER LOGIC
PLD09210S12HH
DC12V 0.4A
ファン径:直径85mmmm
固定ネジ間:40mm(実測:38.5mm)

関連:[ASRock] H170M Pro4とH270M Pro4の新旧比較 [マザーボード]

関連:Intel HD GraphicsがサポートしているDirectXのバージョン



MSI GeForce GTX 1060 AERO ITX 6G OC グラフィックスボード VD6307
MSI COMPUTER (2017-04-08)
売り上げランキング: 1,152



[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ