ハードディスクメンテナンス ブログ

ハードディスクの診断、物理フォーマット、静音化、Linux、サーバー、MySQLなどがメインだったのですが、その後広がり、カメラやハードウェアの投稿も増えてきました。 モバイルデバイスは、MacBookAir(13型)、iPad Air2、ポメラ DM100(キングジム)OLYMPUS STYLUS XZ-2など。 これらを使いながら、ブログを更新しています。

タグ:phpMyAdmin






phpMyAdmin 3.4.11.1deb2

phpMyAdminの標準のデザイン(テーマ/スタイル)は、いつしかpmahommeというものに変更になっている。

pmahomme
pmahomme

しかし、前のテーマ(Original)に慣れている場合、Originalの方がいいこともあろう。

Original
Original

テーマは、ホームにある 外観の設定>テーマ/スタイル から変更できる。

外観の設定>テーマ/スタイル

これを、標準でOriginalにするには、

/var/www/phpmyadmin/libraries

にある

config.default.php

のファイル中の以下をOriginalに書き換える。

/**
* set up default theme, if ThemePath not empty you can set up here an valid
* path to themes or 'original' for the original pma-theme
*
* @global string $cfg['ThemeDefault']
*/
$cfg['ThemeDefault'] = 'pmahomme';



$cfg['ThemeDefault'] = 'Original';

なお、テーマのファイル群は

/var/www/phpmyadmin/themes

に格納されており、他のテーマも配布されている。

複数のサーバーを持って複数のphpMyAdminを扱う場合、試験サーバーのDBと思ってDROPしたら、実は実運用サーバーのDBであった、となると困る。

どちらのDBであるか分かりやすくするため、試験サーバーと実運用サーバーのphpMyAdminのテーマを大きく変えておくとよいだろう。

phpMyAdminの左上にはクリックするとホームに飛ぶロゴがあるが、これを「試験サーバー」とか「実サーバー」とかに変えておくと分かりやすいだろう。

Originalの場合は

http://192.168.0.10/phpmyadmin/themes/original/img/logo_left.png

が左上のロゴであり、pmahommeでは

http://192.168.0.10/phpmyadmin/themes/pmahomme/img/logo_left.png

である。

なお、phpMyAdminでテーブル選択後に「SQL」をクリックすると「データベース xxx 上でクエリを実行する」ことができるが、この標準のSQL文(SELECT * FROM @TABLE@ WHERE 1)も変更可能だ。

上記のconfig.default.phpの該当箇所を書き換える。

/**
* Default query for table
*
* @global string $cfg['DefaultQueryTable']
*/
$cfg['DefaultQueryTable'] = 'SELECT * FROM @TABLE@ WHERE 1';

インポートの最長サイズはの変更はこれらの設定ではできないので、

phpMyAdminでのインポートファイルの最長を変更(Debian)を参照のこと。
[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote






phpMyAdmin>インポート>インポートするファイル>参照 でsqlファイルを上げようとすると、
容量が大きすぎて受け付けられないことがある。

最長:2,048KiB
(最長:2,048KiB)

これは、容量の上限が2MBに設定されているため。

たった2MBとはナニゴトか!

この設定を変えれば2MBを越えるものもインポートできるのだが、
phpMyAdminの画面上からは変更できず、php.iniの書換えが必要。

php.iniの場所

/etc/php5/apache2/php.ini

; Maximum allowed size for uploaded files.
; http://php.net/upload-max-filesize
upload_max_filesize = 2M



upload_max_filesize = 100M

これだけでは有効にならないので、Apacheを再起動する。

/etc/init.d/apache2 restart

すると、

最長:8,192KiB
(最長:8,192KiB)

となり、増加はしているが、10MBではない。

8MB以上にする場合は、もう1箇所変更する必要がある。

; Maximum size of POST data that PHP will accept.
; http://php.net/post-max-size
post_max_size = 8M



post_max_size = 100M

これでApacheを再起動し、確認すると...

最長:100MiB
(最長:100MiB)

となり、大きいファイルもインポートできるようになる。

権限の理由で、phpMyAdminからは変更できないようになっている。

関連:php.iniの編集や保存ができない場合

できるPRO Apache Webサーバー 改訂版 Version 2.4/2.2/2.0対応 (できるPROシリーズ)
辻 秀典 渡辺 高志 鈴木 幸敏 できるシリーズ編集部
インプレス
売り上げランキング: 192,337

初めてのWebサーバ「Apache」CentOS 7編 (NextPublishing)
インプレスR&D (2017-05-26)
売り上げランキング: 35,780

サーバ構築の実際がわかる Apache[実践]運用/管理 (Software Design plus)
鶴長 鎮一
技術評論社
売り上げランキング: 116,112

[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ