ハードディスクメンテナンス

ハードディスクの診断、物理フォーマット、静音化、Linux、サーバー、MySQLなどがメインだったのですが、その後広がり、カメラやハードウェアの投稿も増えてきました。 モバイルデバイスは、MacBookAir(13型)、iPad Air2、ポメラ DM100(キングジム)OLYMPUS STYLUS XZ-2など。 これらを使いながら、ブログを更新しています。

タグ:Windows10



2019年8月18日に、メインマシン(Windows10 Pro)を、バージョン1903にした。

Windows10

2019年5月22日に公開されたようなので、3ヶ月くらい待ってからということになる。

なぜ待ったかというと、過去の大型アップデートで悲惨な目に遭ったから。

音声関連がおかしいとか、挙句の果てにはネットにつながらないなどの不具合多発であった。

関連:Windows10 Fall Creators Updateでトラブル発生、削除するも新たなトラブル!

関連:悲惨杉流、Windows10 Fall Creators Update

目下、バージョン1903に於いては、特段大きな不具合は検知していないが、録画やライブ配信とかでも問題ないかはまだ未確認なので、安心はできない。

なお、2019年8月のメインマシンの構成は以下の通りである。

・CPU:Core i7-6700(Skylake)
・M/B:H170M Pro4(ASRock)
・RAM:32GB(8GB×2枚8GB×2枚)
・GPU:GeForce GTX 1060 AERO ITX 6G OC(MSI)
・SSD:SDSSDXPM2-500G-J25(500GB,M.2,SanDisk)
・電源:MPX-7501-AMAAB-JP(750W,CoolerMaster)
・OS:Windows10 Pro(64bit)

CPUとマザー、RAM16GBで、2015年のシナモノで2016年夏に組み、その後、M.2のSSD追加、電源交換、ビデオカード追加、RAM追加などを経て、現在に至る。

関連:組立作業 Core i7-6700(Skylake) H170M Pro4(ASRock) TS2133HLH-16GK(Transcend)

関連:SDSSDXPM2-500G-J25(エキプロ)の入手,レビュー,ベンチマーク,温度,サンディスク

関連:[MSI] GeForce GTX 1060 AERO ITX 6G OC 開封レビュー [NVIDIA]

関連:[電源] MasterWatt 750 MPX-7501-AMAAB-JP 換装前後レビュー [CoolerMaster]

関連:メモリー(Panram,W4U2666PS-8GC19,8GB×2枚)を買〜た件

マシンパワーに関しては、CPUがCore i7-6700と、2015年あたりの構成であり、既に4年が経過しているが、まぁ大きな不満は無い。

最近はIntelよりもAMDが優秀でコスパにも優れるようなので、そちらへの移行も考えてはいるが、
AMDに抜かれたIntelが「逆々襲」した後のタイミングで変えたいと思っている。

別に反AMDではないし、過去にはK6-2やK6-III、Athlon、Duron、Athlon 64 X2なども使ってきている。

AMD Duron 800MHz

関連:Athlon 64 X2 4400+(Socket939) ADA4400DAA6CD と ADV4400DAA6CD の違い

関連:AMD Duron800MHz(Spitfire)から1.2GHz(Morgan)へ換装する

が、やはりまだまだIntelに最適化されているのが普通なので、その点でもAMDには不安があるが、最近はそうでもない?

OSの再インストールをしたくない(面倒)ため、起動ドライブをそのまま
新環境に取り付けて使いたいので、Intel→AMDだと、修復が必要そうで嫌というのもある。

まぁ、Intelが「逆々襲」とはいっても、状況的にかなり先になりそうなので、その間にAMDに行ってしまいそうである。

その場合は、Ryzen 5 3600を選択したい。

AMD Ryzen 5 3600 with Wraith Stealth cooler 3.6GHz 6コア / 12スレッド 35MB 65W【国内正規代理店品】 100-100000031BOX
AMD Ryzen 5 3600 with Wraith Stealth cooler 3.6GHz 6コア / 12スレッド 35MB 65W【国内正規代理店品】 100-100000031BOX

価格は2.6万円程度で、6コア12スレッドである。

現在のCore i7-6700は4コア8スレッドであり、コア数もスレッド数も増加となる。

AMDで懸念されるシングルスレッドの性能であるが、Zen2になってIntel並になったとのことなので、コアが2ツ増えて、スレッドが4ツ増えた感じとなろう。

当方はYouTubeに動画を出しており、エンコードをする機会は多いのだが、CPUでエンコードすることは少なく、ほとんどがQSV(Intel HD Graphics 530)、
まれにNVENC(GeForce GTX 1060)というハードウェアエンコードなのだが、よく使うAviutlだと、QSVやNVENCを使ってもなぜかCPUが多く使われてしまうので、
Ryzen 5 3600にするとメリットは大きそうだ。

マザーに関してはX570だと無駄に高すぎるので、B450で十分。

ASRockのB450 Pro4だとアマゾンで9,700円前後で安い。

ASRock AMD B450チップ搭載 ATX マザーボード B450 Pro4
ASRock AMD B450チップ搭載 ATX マザーボード B450 Pro4

安価でありながら、M.2が2ツあったり、背面にUSB Type-Cが1ツではあるがあるので、ガチゲーマーやLEDピカピカのキティG*Yではないのでこれで十分。

背面_B450 Pro4

M.2(NVMe)とPCIe(x16)の2本目が排他など、細部には注意だが、当方はビデオカードは1枚のみなので無問題。

購入に際しては、注意点が1ツある。

B450のマザーで第三世代Ryzenを使うには、BIOSのアップデートが必須である。

B450 Pro4の場合、BIOSがP3.20以降が第三世代Ryzen対応だが、通販で買う場合、BIOSが上げられているか分からないのだ。

アマゾンレビューで調べたが不明だし、ドスパラ通販でも不明である。

ドスパラはパソコン屋なのだから明記すべきヤロ?セヤロ?

アマゾンはASRockの他のモデルも同ページ掲載となっており、レビューやFAQを読む際は機種で絞らないとならないので注意。

実店舗なら「Ryzen3000 Ready」とかのシールの有無で判別できるが、ネット通販は多くが不明。

PCワンズのように無料でアップデートしてくれる(通販も実店舗も)ところもあるが、アマゾンやドスパラよりも1,400円ほど高い。

関連:BIOSアップデートサービス (PCワンズ)

ドスパラは実店舗の場合のみ?で、BIOSアップデートサービスがあるが、有料で三千円も取る!

関連:PCの修理・アップグレード作業 (ドスパラ)

AMDが無償でBIOSアップデートのためのCPUを貸してくれる「Boot kit」というものがあるらしいが、手続きが面倒すぎるので除外。

関連:BIOSが古いAMD300マザーで第2世代Ryzenを動作させる3つの公式方法 (インプレス)

ASUSやMSIのマザーなら、CPUもメモリーも映像出力も不要でBIOSをアップデートできる「USB BIOS Flashback」という機能があるが、ASRockのマザーにはそのような機能はない。

関連:Flash BIOS Button (MSI)

BIOSのアップデートのためだけに古いCPUを買うのも無駄で面倒すぎるし、最安のAthlon 200GEでも6千円するし、最初期バージョンのBIOSだとAthlon 200GEでも認識しない罠w

なお、動画のエンコードだけなら、8コア12スレッドのRyzen 7 2700Xが約2.6万円、Ryzen 7 2700が約2.4万円と、Ryzen 5 3600とほぼ同じか安いので、

Ryzen7_3600_2700X_2700

エンコード重視(H.264限定、H.265はダメ)なら、ソチラがいいのかはシラン(SILANE)。


ASRock AMD B450チップ搭載 ATX マザーボード B450 Pro4
ASROCK (2018-07-31)
売り上げランキング: 1,761

AMD CPU Ryzen 7 2700X with Wraith Prism cooler YD270XBGAFBOX
AMD (2018-04-19)
売り上げランキング: 3,130

AMD CPU Ryzen 7 2700 with Wraith Spire (LED) cooler YD2700BBAFBOX
AMD (2018-04-19)
売り上げランキング: 2,049

AMD CPU Athlon 200GE YD200GC6FBBOX Vegaグラフィックス搭載
AMD (2018-09-28)
売り上げランキング: 1,935



ASRock Intel H170チップセット搭載 MicroATXマザーボード H170M Pro4
ASROCK (2016-04-04)
売り上げランキング: 44,327

Transcend デスクトップPC用メモリ PC4-17000(DDR4-2133) 8GB×2 1.2V 288pin DIMM TS2133HLH-16GK
トランセンド・ジャパン (2016-03-24)
売り上げランキング: 38,229


MSI GeForce GTX 1060 AERO ITX 6G OC グラフィックスボード VD6307
MSI COMPUTER (2017-04-08)
売り上げランキング: 1,152




[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



空フォルダを残さずに削除するのが原因らしい。

関連:Windows10 October Updateでファイルが消失する原因が判明 (Impress)

関連:Windows10 October Updateにファイル消失問題で提供中断 (Impress)

条件は限られるが、アリエン話ではナゐ。

「デスクトップ」「ドキュメント」「ピクチャー」「スクリーンショット」「ビデオ」といったフォルダは、デフォルトではCドライブに存在するが、CドライブがSSDであり、容量を圧迫したくないとの理由で、他ドライブに設定する場合もあるンで...

ムァ、この手のアップデートは、出たからとゐッてスグには入れヅ、しばらく様子を見るコト。

M$は信用シてはならン!

ワシの場合はゐッても問題のナゐサブマシンにのみ入れて、メインマシンは1803(Windows10 April Update 2018)でトメ/NYにゐクィたゐクァ〜!てアル。

勝手に入れてコヨ〜とするンで、要注意!警戒をオコタルな!!

関連:Windows10 October 2018 Update(バージョン1809)が登場も、要警戒!

関連:Windows10 Ver.1803 更新プログラム KB4100347
[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



Intel製マイクロコードの更新プログラム

次の製品(CPU)に関するIntel製マイクロコードの更新プログラムが更新されました。
この最新の更新プログラムを適用して最新の状態を保つことをおすすめします。

KB4100347

関連:2018-09 x64ベース システム用 Windows10 Version1803 更新プログラム(KB4100347)

Core-i7-6700K

ヅェゐぢャくセゐwwwww

関連:[H170M Pro4] Update CPU Microcode [Skylake C2,Kabylake 84]




[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



Windows10 October 2018 Update(バージョン1809)が公開されてる。

Windows10_October_2018_Update_1809

<新機能や機能強化など>

・Your Phone:iPhoneやAndroidのスマートフォンとPCをワイヤレスで連携できる同期電話アプリ
・クラウドクリップボード:クラウド経由でクリップボード履歴機能やデバイスをまたいだコピー&ペーストが利用できる
・スクリーンショットの新アプリ
・エクスプローラーのダークモード対応
・Edgeブラウザの改善、検索プレビューの強化
・Windows Mixed Realityの更新など

Windows10 April Update 2018(バージョン1803)

Windows10 October 2018 Update(バージョン1809)

タドァ(無料)や!M$は神!とか/渡嘉ユッてヨロコンでソクヅァに入ルェルと、LANシヴォ〜、音が出ン/藤デンデン、録画/配信不可とか/渡嘉、悲惨杉流不具合同時多発発生でメティアクティアになるから、様子見た方がゑ〜で...

Windows10 Fall Creators Update(バージョン1709)の時は、「前のバージョンに戻す」だけではダムェで、システムの復元までオイコマレタからな/辛菜...

中断不可_システムの復元

関連:Windows10 Fall Creators Updateでトラブル発生、削除するも新たなトラブル!

コンナン/困難は、様子見が常識/定石/定説ユァし、新機能とユッテモ、使いもシなゐ、ワクェの分からナゐ無駄機能鹿内!!

例のゴトク、何回も再起動シて時間カカルさかゐ/堺、特に業務(=メシ代カセギ)マシンは要注意!

シクぢッたら「焼肉→オチャヅケ」になりカネンし、ヘタしたら/設楽コンビニの廃●弁当をモラぅハムェになる!

ワシはトラブル/虎舞竜を予期し、サブマシン(ゐッてもョゐ)に入れてミたけど、完了後のノックェ(壹発目)が

1809_完了後

日本語に決まッとるヤロ!ドァヴォ!!

コノように、ミンヅォクぢョ〜化までシカケテくるM$、スィナと真ッ向勝負、神乃國(by モリキロ〜)はソレラにノムァレルだけwwwww

関連:悲惨杉流、Windows10 Fall Creators Update

関連:Windows10 バージョン1803(Spring Creators Update)適用後、Intel製SSDシステムがクラッシュする事案!

関連:[Windows10] 前回のインストールが失敗しました 0xc1900101 [バージョン1803]

今すぐ使えるかんたん Windows 10 完全ガイドブック 困った解決&便利技 改訂3版
リブロワークス
技術評論社
売り上げランキング: 5,749

できる大事典 Windows 10 Home/Pro/Enterprise 対応 (できる大事典シリーズ)
羽山 博 吉川 明広 できるシリーズ編集部
インプレス (2016-02-25)
売り上げランキング: 153,620

Windows 10完全ガイド 基本操作+疑問・困った解決+便利ワザ (一冊に凝縮)
井上 香緒里
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 913

[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



Windows10のC(起動)ドライブのルートに「inetpub」というフォルダーがある。

inetpub_001

不要ッぽゐンで、コレを削除センとするが(駿河学)、ファイルを開ゐてゐルとか言ッて、削除できない。

inetpub_002

調べると、IIS(Internet Information Services、Windowsのクヅォ鯖)が有効になっていると生成されるようなので、IISを速攻削除する。

「コントロールパネル」→「プログラムと機能」→「Windowsの機能の有効化または無効化」と進み、「インターネット インフォメーション サービス」のチェックを外す。

inetpub_003

何か言ッてくるけど、無視して「はい」を選択。

inetpub_004

その後再起動、速やかに「inetpub」を削除すればOKかはシラン(SILANE)。

他にも、目立つトコロ(芳賀)に「3D Objects」とかワケの分からンもンを勝手に出シたりとかシテくるンで、M$はクヅォ(常識)。

3D Objects

「3D Objects」を削除するには、レジストリの編集が必要で面倒杉流。

一刻も早く日本(「神の國」by 銛鬼朗)國産のOSを完成させる必要があるが、ガイジンがアラユル手を使ッてソシしてくるンで困難。

「ゴティアゴティアゅ〜ンなら、使ぅなドァヴォ!!」 by 名寺聡也


Q&Aでわかりやすい! Windows10超入門 2018 (TJMOOK)

宝島社 (2018-02-06)
売り上げランキング: 539,204

Windows 10 パーフェクトマニュアル 2018年改訂版
タトラエディット
ソーテック社
売り上げランキング: 38,762


[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ