ハードディスクメンテナンス ブログ

ハードディスクの診断、物理フォーマット、静音化、Linux、サーバー、MySQLなどがメインだったのですが、その後広がり、カメラやハードウェアの投稿も増えてきました。 モバイルデバイスは、MacBookAir(13型)、iPad Air2、ポメラ DM100(キングジム)OLYMPUS STYLUS XZ-2など。 これらを使いながら、ブログを更新しています。

タグ:USB3.0






クヅォ!!!!!!!!!!



関連:このディスクは書き込み禁止になっています。

関連:フォーマット中 - このディスクは書き込み禁止になっています。



[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote






ちょッと危険?

関連:[ロジテック] 災恐のHDDケース? [LHR-2BRHU3]

ロジテック HDDケース 3.5インチ 2Bay USB3.0 RAID機能搭載 ガチャベイ LHR-2BRHU3
ロジテック HDDケース 3.5インチ 2Bay USB3.0 RAID機能搭載 ガチャベイ LHR-2BRHU3

限定数は30台。

急グェ!



なお、以下のように、閲覧時にまだタイムセールに参加できない場合は、

プライム限定先行タイムセール

プライム会員になることで、30分早く参加することができます。

関連:プライム限定先行タイムセールについて - タイムセールに30分早く参加する方法



[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote






前回の(玄立)KURO-DACHIで930GB(24ファイル)をコピーする際の速度のその後。

この速度を最後まで維持できるかが問題と書いたが、その後の速度はどうだったか。

131MB/s
131MB/s


99.8MB/s
99.8MB/s


93.6MB/s
93.6MB/s



92.3MB/s
92.3MB/s

100MB/sを超えていたのは最初だけで、序盤の段階()で100MB/sを下回ったが、ハードディスクなのでこんなもんだろう。

途中から速度が落ちたため、,了点での残り時間は約2時間5分、△了点では約2時間35分と増加している。

単純にその時点での速度を元に残り時間を算出しているため、以後に速度が落ちると分からない以上、残り時間はアテにならない。

まぁ、Windowsは大容量のファイルの扱いは不得手なので、残り時間以前にコピー/移動が完遂できるかもアヤシイわけだがwwwwwwwwww

なお、USB3.0接続の玄立(KURO-DACHI)だから出た速度であり、これがUSB2.0のモノだったら出ないはずだ。

・USB2.0:480Mbps=60MB/s
・USB3.0:5Gbps=5120Mbps=640MB/s

USB2.0の場合、上のように60MB/sで頭打ちとなるからだ。

USB2.0のハードディスクケースの類を使っている場合は、USB3.0のモノに買い換えることをすすめる。

当然、パソコン側にもUSB3.0がなければならない。

但し、古いUSB3.0は不安定なコトがあるので注意なwwwww

関連:Renesas(ルネサス)のUSB3.0(MPD720200)のドライバの更新(不具合解消)

USB3.0は2008年11月に発表された規格で、登場してからかなり日が経つ。

初期のUSB3.0で不安定な場合は、マザーボードごと交換するか、面倒であればUSB3.0の増設ボードの類を取り付けるか。

関連:(玄立)KURO-DACHI/CLONE+ERASE/U3で消去できない(ドライブとの相性も?)

関連:(玄立)KURO-DACHI/CLONE/U3とKURO-DACHI/CLONE+ERASE/U3の比較レビュー

関連:(玄立)KURO-DACHI/CLONE/U3(HDDスタンド,USB3.0接続,玄人志向)を入手(ベンチマーク)

関連:マザーボード上のUSB3.0をケース前面で使う方法 - 前面へ増設し便利に!
















[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote






同じ端末にあるファイル群(合計558GB)を、同じ端末内の他のハードディスクにコピーしていると...

558GB
WindowsXPの画面に見えるが、Windows7である

ブルースクリーン

ブルースクリーンが発生する罠wwwww

現象としては、まずコピー中にフリーズ(画面停止,操作不可)、そのまま待つとブルースクリーンへ。

コピーにはFire File Copyを使用し、コピー先のディスクは玄立接続での3TB(Seagate)。

前回、GPTディスクで容量を確保したやつね。

玄立は、X58 Extreme3USB3.0に接続しているので、USB3.0接続のはずだが、Fire File Copyが示す速度は...

37MB/sで、残り4時間

37MB/sで、残り4時間とかwwwww

LGA1366のマザーボードなので、USB3.0の初期であり、例のごとく不安定?

しかし、その後、速度は下がり、

23MB/sで残り5時間

23MB/sで、残り5時間とかwwwww

残り時間が増加してるwwwww

どんどん低下していき、残り時間15時間とかなるのではないかwwwww

たかだか558GBごときにwwwww

USB3.0ではないのかwwwwwwwwww

コピー失敗に備えて、移動希望であっても、移動は厳禁。

まずはコピーし、成功したら、元を削除という方法wwwwwwwwww

危険杉流wwwwwwwwwwwwwwwwwwww


[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote






SATA接続の内蔵ハードディスクから、外付けハードディスク(USB2.0接続)にファイルをコピーしようとすると、たかだか155GB程度に、残り時間:約7時間30分とか出る罠

残り時間:約7時間30分

スピードは、15MB/秒とある。

全く使いモノにならないwwwww

内蔵同士だと速度は出るだろうが、内蔵させるのが面倒。

外付けでも、例のUSB3.0を使えば相当速いはずだが、この端末にはUSB3.0がない罠wwwww



で、これは例の豪華マシン(with古杉and不安定)のハナシ。

つまり、コピー中に途中で落ちると、最初からやり直しwwwww

電源を交換したものの、不安定さは相変わらずで、晩に起動したまま放置しておいたら、やはり落ちて再起動されていた模様wwwww

SATAカードを全て取り外しても改善せず、その監視ソフトやJavaを削除しても改善せず。

CPUも発熱の大きい初代Corei7のEEだが、50-60度なので問題ないはず。

Corei7 Extreme 965

テキストエディタに打ってるだけで落ちることも。

この端末、危険杉流wwwwwwwwwww

ハードの問題ではないのかな?

ということで sfc /scannow を実行

Windowsリソース保護は、整合性違反を検出しませんでした。

何も問題なし。

もう、全て取り替えた方がいいね。

時間の無駄だ。

しかし、起動ドライブをそのまま新環境に持っていく予定(インストールや設定の時間がない)なので、ソフトの問題なら悲惨だなwwwww

ハードをいくら交換しても、再現する可能性大wwwwwwwwww
[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ