ハードディスクメンテナンス ブログ

ハードディスクの診断、物理フォーマット、静音化、Linux、サーバー、MySQLなどがメインだったのですが、その後広がり、カメラやハードウェアの投稿も増えてきました。 モバイルデバイスは、MacBookAir(13型)、iPad Air2、ポメラ DM100(キングジム)OLYMPUS STYLUS XZ-2など。 これらを使いながら、ブログを更新しています。

タグ:UEFI






現在はサブマシンとしてイキナガラゑテル、ASRockのZ77 Extreme4にツゐて。

Z77 Extreme4

<サブマシンの構成(2018年10月)>

・CPU:Core i7-2600K(SandyBridge)
・GPU:Intel HD Graphics 3000(CPU内蔵)
・RAM:16GB(4GB×4枚)
・MB:Z77 Extreme4(ASRock)
・OS:Windows10 Pro(64bit)

2012年4月8日発売の古ゐマザーボードやさかゐ/堺、BIOSは2013年7月23日時点のv2.90で止まッてるが、

BIOS_Z77 Extreme4

以下の2つのベータ版BIOSがリリースされてる。

・v2.90P:2017年9月21日:Supports NVMe Configuration
・v3.00:2018年5月2日:Update CPU Microcode

v3.00は、Intel製CPUの脆弱性(ヅェゐぢャくセゐ)のソレと思われ、適用すればパフォーマンスが大幅に低下するだろう。

関連:[H170M Pro4] Update CPU Microcode [Skylake C2,Kabylake 84]

関連:Windows10 Ver.1803 更新プログラム KB4100347

v2.90Pは、「Supports NVMe Configuration」とあるコトからも分かるように、NVMe(NVM Express)のサポートである。

具体的には、NVMeのデバイス(=SSD)からの起動が可能となる。

v2.90だと、NVMeのSSDからの起動は不可なのだ。

BIOS/UEFIでの起動順序に、NVMeのSSDが表示されない(=起動できない)のね。

ソレが、v2.90Pにするコトで可能となる。

# 当然、対象デバイスを取り付けナゐと選択肢には出ナゐンで、何も変わッてナゐように見ゑる。

ケド、Z77 Extreme4にはM.2ソケットがナゐから、意味ナゐン茶運?と思われるが、ビデオカード的な形状をシタ、PCIe接続のSSDってあるやン?

インテル SSD 750シリーズ 400GB 1/2 Height PCI-Express 3.0対応拡張カード型SSD MLC SSDPEDMW400G4X1

ソレを取り付けた際に、意味が出てくるのね。

シカシ、PCIe接続のSSDはM.2バカリとなり、ビデオカード形状のSSDは数が少なくなり、メティアクティア高ゐので、選択は困難。

ダカラ、M.2向けのSSDをPCIe接続するコンバーター/アダプターの類を使って接続するコトにナロ〜/NARROW。

玄人志向 STANDARDシリーズ PCI-Express x4接続 M.2スロット増設インターフェースボード M.2-PCIE

ムァ、SATA接続のSSDも体感的には大して変わらンので、ソコまでシてPCIe接続にシタイかとゆ〜コトダグァw

関連:SSD速度計測(2018年8月) SDSSDXPM2-500G-J25,SL500 640G,TS256GSSD370,SSDSA2MH080G1GC,C300-MTFDDAC064MAG

加ゑて、起動させるなら、Option ROMのあるM.2向けのSSDを選ぶ必要があるだろう。

なお、PCIeスロットについて、第3世代CPU(Core i7-3770Kとか)を載せた場合にのみGen3となり、第2世代CPU(Core i7-2600Kとか)を載せた場合はGen2になるので、ソのツモリ/津守で。

発売から六/陸年経過シても、ベータではあるがBIOSを提供するASRockは神なのかはシラン(SILANE)し、J*P乃國、マサ/雅にテンヌォ〜を中心とシてゐル神乃国であるヅォ!とゐぅコトを、國民の皆さンにシッカリと承知シてゐタドァクのかもシラン(SILANE)。

関連:SDSSDXPM2-500G-J25(エキプロ)の入手,レビュー,ベンチマーク,温度,サンディスク

関連:SDSSDXPM2-500G-J25(エキプロ)のアライメント調整とベンチマーク

関連:サブマシンの入れ替え作業(Xeon E3110,P5B Deluxe→Core i7-2600K,Z77 Extreme4)

ASRock Z77 ATX Z77 Extreme4
ASRock Z77 ATX Z77 Extreme4
posted with amazlet at 18.10.12
ASROCK
売り上げランキング: 73,789



Intel CPU Core i7 3770K 3.5GHz 8M LGA1155 Ivy Bridge BX80637I73770K【BOX】
インテル (2012-04-29)
売り上げランキング: 9,091

Intel CPU Core i7 i7-2600K 3.4GHz 8M LGA1155 SandyBridge BX80623I72600K
インテル (2011-01-09)
売り上げランキング: 24,380

Microsoft Windows 10 Pro April 2018 Update
マイクロソフト (2017-12-15)
売り上げランキング: 36

[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote






古いマザーボードだけどね。

ASRock Z77 Extreme4

ASRock Z77 Extreme4

2012年4月8日の販売開始なので、2年前。

市場予想価格は15,980円前後だったから、中級マザー?

(上位にはASRock Z77 Extreme6があり、同価格は20,980円前後)

ソケットはLGA1155なので、最新の4770K(LGA1150)は載らない。

載るのは、旧世代(Core i7 2600Kとか、3770K等)だね。

まぁ、旧世代であってもまだ十分使えるし、価格性能比で優れたCeleron G1610も載るし、旧板でもまだまだ現役?



起動すると、UEFI(グラフィカルなBIOSっぽいヤツ)になる。

カーソルが表示され、マウスも使える。

UEFIのアップデートは、アップデートファイルを入手し、USBメモリに入れて、メニューから選ぶだけ。

ASRock Z77 Extreme4

ASRock Z77 Extreme4
分かりにくいが、ここでファイル名をクリックすると進む

ASRock Z77 Extreme4

ASRock Z77 Extreme4

ASRock Z77 Extreme4

SDカード+カードリーダーでも読めたし、UEFI起動後に挿しても認識された。

SDカード+カードリーダー

LANケーブルを挿していれば、インターネット経由で可能なようだね。

DOS起動のフロッピーディスクを作成し、その中にBIOSファイルを入れて...とやってたんですな、昔は。

最新のアップデートファイル

Z77EXT42.90 (ver.2.90,7/23/2013)

であったが、そのサイズは8MB

フロッピーでは無理だね(笑)

メモリーは4枚刺さるのだが、3枚挿すとエラーのビープ音。

3枚目を1-2枚目に挿すとエラーではないので、メモリーは正常。

奇数枚挿しはエラーなんですかね、これ。

USBメモリから起動したUbuntu

Ubuntu

Ubuntuでのシステム情報。



UbuntuはLinuxの中でもWindows的であり、インターネットやメール程度であればこれで十分だね。

WindowsXPの期限が今年4月9日に迫っているが、深い用途でなければ、そのマシンにUbuntuを入れると延命可能?

まぁ、インターネットやメール程度であればiPad等のタブレットで十分なのだが。

移動可能、バッテリーは持つし、マウスもキーボードも不要。

関連:iPad Air(第5世代)を入手 - 感動はない(笑)

しかし、少し凝ったことをしようとすると、タブレットでは不可能。

見るだけならタブレットでOK、作る側ならやはりパソコン。
[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ