WindowsXP Professional(32bit)が動いているマザーボード(P6T Deluxe)であるが、XPのサポートが切れるということで、余っているWindows7 Pro(64bit)を入れてみた。

# WindowsXPの期限は、日本時間2014年4月9日。

インストール自体は、ドライバの問題を初め色々はあったものの、何とか終了。

# P6T Deluxeは、よく分からないRAIDとかSASとかのデバイスがあるのだ。

しかし、メモリ量が変。

P6T Deluxeに搭載しているメモリは、2GB×6枚で合計12GB(LGA1366のマザーなのでメモリスロットが6つ)。

2GB×6枚

のはずが...

8GB

何故か8GBとなっている。

リソースモニターでも、8GBしか認識していない...

リソースモニター

残り4GBはどこに消えたのだ?

Windows7 Pro(64bit)であるから3.2GB程度で止まることはないし、P6T Deluxeの最大搭載メモリ上限は24GBなので、これも問題ないはず。

で、BIOS上でも、8GBしか認識していないのだね...

以前は確実に12GB認識していたのだが...

というか、BIOS上で8GBであっても、CPU-Zでは12GBを示している謎。

CPU-Z

BIOS上で8GBしか認識していないのに、OS上でそれ以上認識することがあるのか?

-----

WindowsXP Pro(32bit)上では、12GBあってもその一部(3.2GB程度)しか使えないのは分かっており、使えない分はRAMディスクとして利用している。

その全く同じマシンに、Windows7 Pro(64bit)をインストールした。

-----

ネットで調べると、BIOSのMemory Remap Featureを変更するする必要が〜とあるが、このマザーボードのBIOSには、その項目が見当たらなかった。

-----

で、メモリを全て別のものに入れ替えてみると、問題なく12GB認識された罠。

12GB

メモリの順番を変えたことがあり、それでは改善しなかったので、接触不良ではなく、メモリの不良?

メモリ×6枚

この6枚の中の2枚が不良という可能性があるが、面倒なので放置wwwww

-----

なお、P6T Deluxeは、X58チップセットを搭載した、LGA1366のマザーボード。

2008年の製品かな?

てか、LGA1366て...

初代Corei7(900番台)なので、3世代前。

・Nehalem(第一世代) ← コレ
・SandyBridge(第二世代)
・IvyBridge(第三世代)
・Haswell(第四世代)

CPUは、TDPが130Wであり、エコ社会に堂々と逆行する動き。

搭載CPUは、例のアレであった...

[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!