ハードディスクメンテナンス

ハードディスクの診断、物理フォーマット、静音化、Linux、サーバー、MySQLなどがメインだったのですが、その後広がり、カメラやハードウェアの投稿も増えてきました。 モバイルデバイスは、MacBookAir(13型)、iPad Air2、ポメラ DM100(キングジム)OLYMPUS STYLUS XZ-2など。 これらを使いながら、ブログを更新しています。

タグ:異音



気温上昇でムクァ!ムクァ!してクル、悲惨杉流季節に突入!

なンで、扇風機の登場!

始動に合わせて掃除をシたンだが、以前書ゐた割れた羽止めが、

扇風機_プラが割れた部品

関連:扇風機を掃除したったwwww (古い扇風機は注意)

トゥゐに完全分解wwwww

扇風機_羽止め

軸にはモーターからの熱が伝わるので、ソレがプラの劣化を促進したンだろう。

ムァ、そンな部分にティアティな素材使ったメーカーに喝〜ッ!(張本)

ネジは金属やサカゐ(堺)、ペンチで取ったり付けたりはできるケド、ソレだけだと羽が前に移動して空回りするンで、奥に押し付けるために、プラ軸を追加!

扇風機_プラ軸

ノック式消しゴムの軸を切ッたヤツwwwww

軸作成

コレ、以下でも使ったね。

ノック式消しゴムの筒

関連:Fighting Stick PS(HPS-07)の軸周辺の修理

コンナン(困難)を廃棄(フォ)らンと取ッておくと、こンな時に役立つンだが、ゴムィダラケ→汚部屋となるwwwww

フォで、羽と軸のブレ音を防ぐために、グリス(シリコングリースメイト)を塗っとく。

扇風機_グリス

スァルァに、モーターの軸にシリコンスプレ−を吹く。

扇風機_モーター

ムァぢにやるンなら、モーターを分解せンとならンのやけど、面倒杉流ンでセン!

なお、モーター内部に対しては、グリスは粘度が高ゐンでNG、サラッとシた機械油がゑーと思う。

シリコンスプレ−もサラッとシてるンでゑーけど、効果は長くは持たなゐ。

注油ゴトキに分解は面倒杉流!

昔の扇風機には注油する穴があッたンかはシラン(SILANE)。

で、ココまでして回転させると、カトァ!カトァ!音グァwwwww



[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



SeagateのハードディスクであるST3500630AS(500GB)。

S.M.A.R.T.で不良がないことを確認後、保管していたのであるが、先日、試験用途で使用したところ、アクセス時に「ピッ」という音が。

ビープ音付きのハードディスクかよw

と思っていると、どうもアクセスが異常。

調べてみると、やはり05(代替処理済のセクタ数)に不良が見られた。

05(代替処理済のセクタ数)

まぁ、05が出た時点で即使用不可ではないが、不穏ではあるし、何しろ「ピッ」という音だからなwww

倉庫用途にもできないので、使用を禁止する。

Linux(Debian)で同ディスクを見ると、以下の通り。

ディスクにはほんの数個のバッドセクタがあります
ディスクにはほんの数個のバッドセクタがあります

↑の画面で「SMARTデータ(A)」をクリックすると、

Reallocated Sector Count

Reallocated Sector Count

リマッピング処理が適用されたセクタ数。
ハードディスクがリード・ライト・ベリファイ中にエラーを発見すると、そのセクタは「リマップ」としてマークされ、
データはリマップ用の予約領域(リマップ領域)へ移動されます。

正規化値:100

最悪値:100

しきい値:36

値:6セクタ


CrystalDiskInfoでは「注意」となっているのに対し、Linux(Debian)では「警告」

かなりの温度差があるね(単なる表現の仕方であっても)。

しかし「警告」は「SMARTデータ」へ進まないと見れず、ディスク・ユーティリティーでは

ディスクにはほんの数個のバッドセクタがあります

との程度なので「ま、ほんの数個なら問題ないかw」と思ってしまう

まぁ、何度も書いているが、S.M.A.R.T.はアテにならないからね。

S.M.A.R.T.で問題なくても、異音(カコンカコン)で即●亡、という経験が何度もある。

ハードディスクは消耗品であり、壊れるモノと思え!

即●傾向はSSDの方が高し、注意セヨ!

[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ