ハードディスクメンテナンス ブログ

ハードディスクの診断、物理フォーマット、静音化、Linux、サーバー、MySQLなどがメインだったのですが、その後広がり、カメラやハードウェアの投稿も増えてきました。 モバイルデバイスは、MacBookAir(13型)、iPad Air2、ポメラ DM100(キングジム)OLYMPUS STYLUS XZ-2など。 これらを使いながら、ブログを更新しています。

タグ:ブルースクリーン






Windows7の起動直後に再起動されるので、セーフモード的なモノで起動しようとすると、CLFS.SYSブルースクリーン

CLFS.SYS

ブルースクリーンてBSOD(Blue Screen Of Death)と言うらしいね。

そりゃ、何も操作できないんで、Deathだわなぁwwwww

電源ボタン長押しで強制電源断、通常起動で起動すると、起動直後に硬直、カーソル動かずwwwww

起動直後問題なく動くこともあり、症状が安定しない。

で、ソフトウェアRAID(ミラー)の再同期となる。

再同期中と表示されるが、進捗が表示されない。

再同期中

つまり、いつ終わるのか分からないという罠。

所詮はWindows、Debianとは雲泥の差だね...

S.M.A.R.T.の値も分からないし。

で、再同期中と表示されたまま、固まったww

再同期中は不安定な気がするので、放置する。

が、再同期中に落ちることがある。

で、稀に再同期の進捗が表示されることがある。

再同期の進捗

途中で表示されたり消えたりするのではなく、進捗表示がない場合は、最後まで表示がない。

再同期が完了すると「正常」と表示されるが、この状態でも安定はしておらず、突然再起動となることがある。

正常

その場合、かなりの確率で「再同期中」となってしまい、以下同様の繰り返し。

不安定なシステムは、使い物にならないwwwww
[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote






同じ端末にあるファイル群(合計558GB)を、同じ端末内の他のハードディスクにコピーしていると...

558GB
WindowsXPの画面に見えるが、Windows7である

ブルースクリーン

ブルースクリーンが発生する罠wwwww

現象としては、まずコピー中にフリーズ(画面停止,操作不可)、そのまま待つとブルースクリーンへ。

コピーにはFire File Copyを使用し、コピー先のディスクは玄立接続での3TB(Seagate)。

前回、GPTディスクで容量を確保したやつね。

玄立は、X58 Extreme3USB3.0に接続しているので、USB3.0接続のはずだが、Fire File Copyが示す速度は...

37MB/sで、残り4時間

37MB/sで、残り4時間とかwwwww

LGA1366のマザーボードなので、USB3.0の初期であり、例のごとく不安定?

しかし、その後、速度は下がり、

23MB/sで残り5時間

23MB/sで、残り5時間とかwwwww

残り時間が増加してるwwwww

どんどん低下していき、残り時間15時間とかなるのではないかwwwww

たかだか558GBごときにwwwww

USB3.0ではないのかwwwwwwwwww

コピー失敗に備えて、移動希望であっても、移動は厳禁。

まずはコピーし、成功したら、元を削除という方法wwwwwwwwww

危険杉流wwwwwwwwwwwwwwwwwwww


[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ