ハードディスクメンテナンス

ハードディスクの診断、物理フォーマット、静音化、Linux、サーバー、MySQLなどがメインだったのですが、その後広がり、カメラやハードウェアの投稿も増えてきました。 モバイルデバイスは、MacBookAir(13型)、iPad Air2、ポメラ DM100(キングジム)OLYMPUS STYLUS XZ-2など。 これらを使いながら、ブログを更新しています。

タグ:サーバー



Windowsを使っていると、Macはメティアクティア使いにくい!

サスガ、社長がアッチ系♪だけのコトはあるwwwww

なンで、Macを鯖とスルガ(学)、Windowsから操作シてゐク方法。

正直、他で鯖を作るより面倒!Macはクヅォ!!

ゑ?

MAMPを使ゑ?

使いまセンwwwww

関連:[Mac] PHPのバージョンが異なる問題 [HighSierra]

<Mac>

盪瑩(High Sierra) 10.13.6

盪瑩(High Sierra) 10.13.6

固定IP(192.168.0.xx)

以下、LAN内に於ゐて、ぢぶンだけで使う用途なンで、セキュリティーの配慮はシトランから、幼虫/妖虫/要注意wwwww

妖虫

<Apache>

MacにはApacheが入っているが起動していないので

sudo apachectl start

で起動する。

Windows機から http://192.168.0.xx/ でアクセスすると、

「It works!」

と表示されるハヅ。

コレは、

/Library/WebServer/Documents/index.html.en

というファイルの内容である。

が、こんなワケの分からない場所を使うのはヴァクァ杉流ので、変更する。

httpd.confを編集するのだが、見えないので、以下で移動。

Finder>フォルダへ移動>/etc

/etc>apache2>httpd.conf

アクセス権で保存できないので、親のapache2やhttpd.confのアクセス権を変更(右クリック>情報を見る>最下部)。

編集にはワケの分からないviは使用せヅ、Macに入っている「テキストエディット」を使うコト。

244行目付近にある

DocumentRoot "/Library/WebServer/Documents"
<Directory "/Library/WebServer/Documents">



DocumentRoot "/users/www"
<Directory "/users/www">

と書き換える。

指定した/users/wwwに何か書いたファイルをindex.htmlとして置いておく。

Apacheを再起動。

sudo apachectl restart

Windows機から http://192.168.0.xx/ でアクセスしてその内容が見れるか確認する。

なお、Apacheは自動起動されないので、自動起動とする場合は(後述)。

上述の見えないモノ(etcやvarなど)は、

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true

の後に

killall Finder

で薄表示ではあるがFinderで見えるようになる。

後述のファイル共有により、Windows機からも見えるが、ショートカット的なアイコンとなっており、ダブルクリックでは開けないので、右クリック>ファイルの場所を開くで進める。

<mod_rewrite>

/etc>apache2>httpd.conf の

#LoadModule rewrite_module libexec/apache2/mod_rewrite.so

のコメント(#)を外して、Apacheを再起動。

mod_rewrite(URL書き換え)を有効にしないとWordPressでのパーマリンク設定でコケてしまう(Not Found)。

有効にしてもコケる場合は、WordPressのルートにある「.htaccess」にrewriteの記載があるかを確認するコト。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /wordpress/
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /wordpress/index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress

ソレでもNot Foundになるのは

/etc>apache2>httpd.conf の

AllowOverride None



AllowOverride ALL

にし、Apacheを再起動。

この記載は、上述のDocumentRootの範囲内にあるハズ。

<Directory "/users/www">〜</Directory>

ツマリwww内に於いてのみ有効なンで、ALLで安全なンかはシラン(SILANE)。

<ファイルアップロード上限>

WordPressでオオキメの画像をUPしようとすると

「このサイトのアップロードサイズ上限を超えています。」

として拒否されウヅァゐンで、以下の3行を追加、

<Directory "/users/www">
php_value memory_limit 128M
php_value post_max_size 64M
php_value upload_max_filesize 32M
</Directory>

Apacheを再起動。

ApacheだけでなくPHP側もカラみ、処理時間の問題もあるンで、詳細は以下が参考になる。

関連:phpの大容量ファイルアップロード(リクエスト)のサイズ最大値の制限解除 (外部サイト)

<ファイル共有>

システム環境設定>共有>ファイル共有 にチェックを入れ、

ファイル共有_Mac

さらにオプションと進み、

SMBを使用してファイルやフォルダを共有



Windowsファイル共有のアカウントにチェックを入れる。

Windowsファイル共有_Mac

関連:Macでファイル共有を設定する (support.apple.com)

Windows機では \\192.168.0.xx でMacにアクセス可能。

コレでWindows機からファイルが編集可能となり、ファイルのコピーもできる。

但し、アクセス権には注意。

「読み/書き」だと編集可能だが、「読み出しのみ」だと読めても編集できヅ、「アクセス不可」だと読みスラできない。

リモートログインでchmodするか、Macで 右クリック>情報を見る>最下部 でアクセス権を変更すること。

例:chmod -R 777 www

自分は読み書きできても、PHPなどのプログラムではアクセスできないという場合もある。

また、プログラムが書き出したファイルが、Windows機から開けない/編集できないという場合もある。

プログラムのユーザーとWindowsのユーザーは異なるためだ。

本件で出現しそうなユーザー(名前)は、以下の通り。

・temp(自分)
・admin
・everyone
・_www

このアクセス権の問題には、延々とクルシメラルェルことになるので、ソレが面倒でアルナラ、ソクヅァに本件から手を引き、ドカタ、野球選手、プロレスラー、芸人にでもなるコトをオススメする。

<リモートログイン(SSH)>

システム環境設定>共有>リモートログイン

リモートログイン_Mac

Tera Termとかで遠隔操作が可能になる。

以上により、Windows機でファイル編集、リモートログイン(テキスト操作)でApacheの再起動などができるので、ワケの分からないMacを操作する必要なナクナル。

<PHPを使う>

httpd.confの176行目付近にある

#LoadModule php7_module libexec/apache2/lib7.so

のコメント(#)を外して保存、Apacheを再起動。

(古い場合はlibphp5.soとなっている場合もあるので、「php」で検索。)

PHPが動いているかの確認は

<?php
phpinfo() ;
?>

でヨカロウ。

青画面に「PHP Version 7.1.23」などと表示されるハズ。

<Apacheの自動起動>

上述のように、Apacheは自動起動されない。

Macの起動と同時にApacheも起動させたい場合は、

sudo launchctl load -w /System/Library/LaunchDaemons/org.apache.httpd.plist

を実行する。


Macが起動すれば、ログインしなくても、Apacheは起動している。

起動
sudo apachectl start

停止
sudo apachectl stop

再起動
sudo apachectl restart

<MySQL>

マヅ、以下を貼り付け。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

関連:Homebrew(macOS 用パッケージマネージャー)

黄色文字等の後、

brew install mysql

MySQLの起動

mysql.server start

「SUCCESS!」と表示される。

MySQLのユーザー(root)のパスワードがないので設定する。

mysql_secure_installation

パスワードを仮に「WeSe@123456789」とする。

ログイン後にパスワードを変更する場合は、

mysqlにログイン

mysql -uroot -p

ALTER USER 'root'@'localhost' IDENTIFIED WITH mysql_native_password BY 'WeSe@123456789';

↑カンタンなパスワードだと以下が吐かれ認められない。

ERROR 1819 (HY000): Your password does not satisfy the current policy requirements

exitで抜ける。

停止
mysql.server stop

再起動
mysql.server restart

MySQLはMacの起動時に自動起動されないので、

brew tap homebrew/services

brew services start mysql

で自動起動。

のハヅが、

Error: Failure while executing; `/bin/launchctl enable gui/501/homebrew.mxcl.mysql` exited with 112. で不可。

Macに向かってログインしないとMySQLは起動しない。

・Apache:ログイン不要
・PHP:ログイン不要
・MySQL:ログイン必要 (データベース接続確立エラー)

自動起動を止める場合は

brew services stop mysql

である。

brew services list

Statusの項目がstartedであれば有効化、stoppedであれば無効化されている。

phpがstoppedになっているが何故かMac起動時に立ち上がる。

<phpMyAdmin>

brew install phpmyadmin

phpMyAdminのダウンロード

phpMyAdmin-4.9.0.1-all-languages.zip

を解凍後、phpmyadminとリネームしてwwwに移動。

そのままだと Forbidden になるので、

chmod -R 775 phpmyadmin

とする。

phpmyadmin内にあるconfig.sample.inc.phpをconfig.inc.phpにリネーム。

$cfg['blowfish_secret'] = ''; /* YOU MUST FILL IN THIS FOR COOKIE AUTH! */
↓書き換え↓
$cfg['blowfish_secret'] = 'ABCDEFG-ABCDEFG-ABCDEFG-ABCDEFG-ABCDEFG-ABCDEFG-ABCDEFG-ABCDEFG';

↑短くても動くがエラーが常に表示されウヅァゐ。

$cfg['Servers'][$i]['host'] = 'localhost';
↓書き換え↓
$cfg['Servers'][$i]['host'] = '127.0.0.1';

↑こうしないとphpMyAdminにログインできない。

以下にアクセスし、

http://192.168.0.xx/phpmyadmin/

root/WeSe@123456789 でログイン。

$cfg['TempDir'] (./tmp/) にアクセスできません。
phpMyAdmin はテンプレートをキャッシュすることができないため、低速になります。


というエラーがウヅァゐ場合は、

phpmyadminにtmp(フォルダ)を作成し、tmpのアクセス権を変更(右クリック>情報を見る>最下部>everyoneに読み/書き)

<WordPress>

WordPressの公式から

wordpress-5.2.2-ja.zip

をダウンロードして解凍、wwwの下にwordpressを入れる。

Apache,PHP,MySQLが起動した状態で、

phpMyAdminで「wordpress」というデータベースを作成しておく。

http://192.168.0.xx/wordpress/

にアクセス。

Forbiddenなので

chmod -R 777 wordpress

WordPressのセットアップ画面。

WordPressの設定開始画面_001

情報を入力。

WordPressの設定開始画面_002

↑ホスト名に注意!localhost

ファイル wp-config.php に書き込めませんでした。

となる場合は、wordpress内にwp-config.phpを作成し、示された内容を貼る。

wp-config.phpに書き込めませんでした

上述の chmod -R 777 wordpress を行っていれば出ないハズ。

しかし、テーマやプラグインのインストールや削除などができない(FTP云々が出る)ので、

wp-config.phpの最後に以下の1行を追加する。

define('FS_METHOD','direct') ;

<アクセス権>

wwwを chmod -R 777 wordpress としてしまうと、全員フルアクセスで楽になると思えるがphpMyAdminで警告が出て使えなくなる。

以上。

正直、他で鯖を作るより面倒!Macはクヅォ!!

関連:[Mac] PHPのバージョンが異なる問題 [HighSierra]

関連:Ubuntu 18.04.2 LTSの32ビット版
[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



鯖用のゴツ高ゐハードディスクである、Seagate Constellation ES.2シリーズのST33000650NSである。

Seagate Constellation ES.2シリーズ 3.5inch SATA 6Gb/s 3TB 7200rpm 64MB ST33000650NS

ファームウェアのアップデート(0003→0006)があるンで、実行する。

ファームウェアは、公式から出ている管理ソフトである「SeaTools for Windows」を使ってもよいが、

ST33000650NS_Firmware_002

コレがヒド杉流出来なンで、以下のURLにアクセスし、

関連:SeaTools

左下にシリアル番号を入力してファームウェアを検索するとよい。

SeaTools_Firmware

出荷時のファームウェアより新しいものが出ている場合は、最新のファームウェアが提示される。

出ていない場合は、提示されない。

現在のファームウェアは、CrystalDiskInfo等で知ることができる。

ST33000650NS_Firmware_001

古いファームウェアが搭載されている場合はアップデートすべきであるが、データをバックアップしてから行う必要があるので面倒杉流!

今回はアップデートしてもデータは消ゑなかッたが、どうなるかはシラン(SILANE)ので、自己責任で。

最新のファームウェアが提示されると、ファイルのダウンロードができる。

起動可能なUSBメモリーを作成するツール、ないしは起動可能な光学メディアを作成するツール(ISO)だ。

ST33000650NS_Firmware_003

これらを作成し、BIOS/UEFIで起動順位を変更し、ファームウェアのアップデートを実行する。

対象ではないHDDやSSDは、念のために外しておくべきだろう。

今回はUSBメモリーで行った。

起動すると、以下の画面となる。

ST33000650NS_Firmware_004

,ファームウェアのアップデート、△ドライブ情報の取得、はログの確認だ。

むぁヅ、,鮗孫(キーボードの「1(ぬ)」を押す)し、ファームウェアのアップデートを行う。

成功したら、△鮗孫圓掘▲侫 璽爛ΕД△0003→0006になっているコトを確認する。

ST33000650NS_Firmware_005

起動順位等を元に戻し、Windowsが起動したら、再度CrystalDiskInfoでも確認しておこう。

ST33000650NS_Firmware_006

業務等で、一度稼働させると止めるコトができなゐ場合は、ファームウェアのアップデートの機会は限られてしまう。

休日出勤かな(佳奈)?

データのバックアップはゴツ時間かかるサカゐ(堺)、休日出勤+徹夜(ソノムァムァ職場に泊まッて翌朝始業)かな?

モティロン、休日手当の類は一切ナシwwwww

あぁ、ST33000650NSは古ゐHDDなンで、ソルォソルォ違うディスクに交換した方がゑ〜かもシレン(試練)。

今回のディスクでも、C5(代替処理保留中のセクタ数)やC6(回復不可能セクタ数)が出ており、健康状態は「注意(黄色)」だ。

SGのIRONWOLFを選ぶか、WDのRedを選ぶか?

クィムィの「ヨミ」が試されるッ?

関連:SeaTools for Windows - Seagateのディスクチェックツール

関連:SCT Write Same Eraseに失敗 - SeaTools for Windows

関連:ReadyNAS104の拡張ディスクテストが失敗、ソノ詳細を追ッたッた結果!!

関連:NAS(ReadyNAS104)の容量と速度に悩ムァされてゐル事案!

関連:ReadyNAS関連の記事






[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



YouTubeのサーバーに障害が発生し、予約投稿がサレナイ事案が多発している模様!

予約投稿が実行されない_YouTube

サーバーに一時的な問題が発生したため、処理を実行できませんでした。
しばらくしてからもう一度お試しください。

このエラーが引き続き表示される場合はフィードバックをお送りください。
その際にはこちらのコードをお知らせください。

関連:YouTubeにサル(Trained Monkeys)が出現する事案が発生

関連:YouTube>ダッシュボード>スケジュール>時間選択>30分単位から15分単位に
[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



さくらのレンタルサーバが、2017年10月17日から(零時ではない)、無料SSLに対応した。



関連:[遅杉] さくらのレンタルサーバが無料SSLに対応予定 [2017年10月17日から]

その設定方法を、以下に記す。

ムァヅ、コントロールパネルにログインし、ドメイン一覧を開く。

左メニューにある「ドメイン/SSL設定」から入れる。

ドメイン_SSL設定_さくら_無料SSL

ドメイン一覧が出たら、SSL>証明書>登録をクリックする。

SSL>証明書>登録_さくら_無料SSL

SSL証明書の設定

<SSLサーバ証明書概要>

さくらのレンタルサーバでは無料や有料のSSL証明書が利用できます。
「さくらのSSL」で購入した証明書の設定はもちろん、他社で購入した証明書の持ち込み利用にも対応しています。

無料SSL証明書

さくらのレンタルサーバでは 無料証明書のLet's Encryptが利用できます。
コントロールパネルから一度設定すれば自動更新されますので面倒な更新作業は一切必要ありません。

「無料SSLの設定へ進む」をクリック

無料SSLの設定へ進む_さくら_無料SSL

無料SSL証明書設定

<無料SSL証明書について>

さくらのレンタルサーバでは、無料SSL証明書のLet's Encryptが利用できます。

<設定の流れ>

下のボタンをクリックすると、https://●●●.comのURLが利用できるようになります。
http→httpsのリダイレクトはお客様自身で設定頂く必要がありますので、サポートサイトを参考に設定をお願いします。

設定には数十分〜数時間かかる場合がありますので、完了時は設定完了メールをお送りします。
また、ドメイン名などによっては証明書が取得できない場合があります。
その場合は有料の証明書を購入する必要があります。

無料SSL機能の利用には Let's Encryptの利用ポリシーへの同意が必要です。
また、Let's Encryptの仕様制限・仕様変更により無料SSLが利用できなくなる場合があります。

「無料SSLを設定する」をクリック

無料SSLを設定する_さくら_無料SSL

以下の表示になるので、しばらく待つ(この画面で待つ必要はない)。

発行手続中_さくら_無料SSL

ただいま無料SSL証明書の発行手続き中です。
発行完了後にメールでお知らせしますので今しばらくお待ちください。
発行には数十分〜数時間かかる場合があります。
発行が完了しない場合はサポートサイトのよくある質問をご確認ください。


複数ドメインを割り当てている場合は、https化するドメインを全て申請しておく。

日本語ドメイン(xn--●●●.com)でも取得可能。

初期にもらえるサブドメイン(●●●.sakura.ne.jp)にはSSLを設定できない(「登録」リンクがない)。

無料でもらえるサブドメイン(●●●.●●●.●●●)にはSSLを設定できない(「登録」リンクがない)。

複数ドメインを割り当てている場合は、https化するドメインを全て申請しておく。

但し、事後に「発行に失敗しました」となって、発行されないことがある。

発行に失敗しました_さくら_無料SSL

失敗の原因には、以下のようなモノがある。

ドメインチェックでハジかれた
 例:g00gle.com(googleと紛らわしい)

一定期間内の証明書発行数制限
 一定期間内で同じドメイン(同一ドメインを上位ドメインとするサブドメイン含む)に対する証明書の発行数が制限されているので、期間を空けて再申請。

他にも、証明書が設置できないなどのエラーがあるので、以下を参照のコト。

関連:無料SSL よくある質問 さくらインターネット

当然、桜鯖内に設定されていないドメインは、以下のエラーとなり設定できない。

お客様のドメインのサーバ設定が利用中のサーバとは異なるIPアドレスに設定されているため、無料SSL機能はご利用いただけません。
詳細な設定方法についてはサポートサイトをご確認ください。


無料SSLの発行ができたら、ドメイン一覧のSSL>種別に「SNI」が、SSL>利用中に「表示」が現れる。

SNI_表示_さくら_無料SSL

表示をクリックすると、https://●●●.comでジャンプできる。

https化はたッたコレだけなのだが、他にも色々ヤルことがある。

マヅ、上記にもあるように、http→httpsのリダイレクトは自動では行われない。

.htaccessの上部に以下を追記し、httpのアクセス時に、httpsへ301リダイレクトさせよう。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://●●●.com/$1 [R=301,L]

この記述だと、URLの下部は引き継ぐので、

http://●●●.com/001.html

のアクセスは、

https://●●●.com/001.html

にリダイレクトされる。


よって、旧(http)のリンクであっても何ら問題なく閲覧できる。

自サイトへのリンクがバラついてるのもアレでナニなので、旧(http)へのリンクを置換で新(https)にしておこう。

自分が管理している相互リンクとか。

WordPressの管理画面のURLもhttpsとし、ログイン後、設定>一般の「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」もhttpsに変更しておく。

既に投稿済の内部リンクはhttpのままなので、Search Regexなどの置換プラグインで一斉に置換しよう。

なお、WordPress用に、さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン(SAKURA RS WP SSL)のインストールが提示されているが、インストール後に有効化しようとすると、

プラグインを有効化できませんでした。

重大なエラーを引き起こしたため、プラグインを有効化できませんでした。

と表示され、有効にできないことがある。

このプラグインの動作には、PHPバージョンの5.6または7.1(以上)が必要なので、コントロールパネルの左にあるメニュー

アプリケーションの設定>PHPのバージョン選択から、PHPのバージョンを変える必要がある。

アプリケーションの設定>PHPのバージョン選択

但し、バージョンの変更により、自作プログラム等が動かなくなる可能性があるので注意。

さくら曰く、「簡単SSL化プラグイン」が行っているのは、

サイトURL設定の変更
 サイト内リンクのリンク先が、http://〜からhttps://〜に変更される。

過去の投稿のURL書き換え
 SSL化前に投稿した画像ファイルなどのURLがhttps://〜に変更される。

サイトURLのリダイレクト
 http://〜でのアクセスを、https://〜にリダイレクトする。

の三点で、表示する際に書き換えが行われる模様(投稿自体は変わらない)。

なので、PHPのカルァムィでプラグインを有効化できないのなら、Search Regexなどの置換プラグインを使うか、置換量が多くて失敗する場合は、phpMyAdminでDBにアクセスし、

UPDATE `wp●_posts` SET `post_content` = REPLACE(`post_content`,'http://●●●.com/','https://●●●.com/') ;

などとして置換する。

関連:[遅杉] さくらのレンタルサーバが無料SSLに対応予定 [2017年10月17日から]

関連:さくらのレンタルサーバが2017年10月17日から無料SSLに対応予定だが?


[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



2万円以下の激安サーバーを紹介しよう。

富士通 PRIMERGY MX130 S2

PRIMERGY MX130 S2

19,800円が、2,000円引きクーポン使用で17,800円!!

在庫僅少!

OSレスタイプだが、自分でLinux入れるから不要だしね。

CPUもメモリーもハードディスク(250GB)もDVD-ROMドライブも載っているから、あとはLinuxを焼いてインストールするだけ。

激安サーバーはタワー型が大半だが、どうしても邪魔になる。

そんな中、スリム型縦置き可能なサーバーはイイね。

見た目がNAS風のサーバーもあるよ。

HP ProLiant MicroServer Turion II NEO N5

HP ProLiant MicroServer Turion II NEO N5

16,980円が、1,000円引きクーポン使用で15,980円!!

こちらも在庫僅少!

こちらはCPU、メモリー、ハードディスク(500GB)はあるが、光学ドライブがないので用意するか、USBメモリーからインストールすればよい。

Linuxを入れてファイルサーバーにしてもヨシ、MySQLを入れてDBの学習用にしてもヨシ!

サーバーの管理は、ハードを含めた知識が必要であると、私は考えている。

それならば、やはり実機だ。



MySQL全機能バイブル ~現場で役立つAtoZ~
鈴木 啓修
技術評論社
売り上げランキング: 61,578


実践ハイパフォーマンスMySQL 第3版
Baron Schwartz Peter Zaitsev Vadim Tkachenko
オライリージャパン
売り上げランキング: 112,943

[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ