ハードディスクメンテナンス ブログ

ハードディスクの診断、物理フォーマット、静音化、Linux、サーバー、MySQLなどがメインだったのですが、その後広がり、カメラやハードウェアの投稿も増えてきました。 モバイルデバイスは、MacBookAir(13型)、iPad Air(第五世代)、ポメラ DM100(キングジム)OLYMPUS STYLUS XZ-2など。 これらを使いながら、ブログを更新しています。

カテゴリ: アプリ/ソフト






先日書いたFlightradar24 Proであるが、よく見ていると、飛行機以外のものが見られる。

関連:Flightradar24 Pro を手に入れた! (下手なゲームを買うよりはコチラがイイ)

ヘリコプター
ヘリコプター

謎の車
謎の車

なお、「飛行機」は、ボーイング737のような主翼、補助翼、尾翼のある、よく見る飛行機であり、その他、空を飛んでいるヘリコプターや飛行船、気球、ロケットなどを含めては「航空機」と呼ぶらしい。

飛行機
飛行機

ヘリコプターや謎の車は、日本では見られないが、海外(米国や豪州)では見られるので、マップを拡大して探してみはどうだろうか?

さらにアヤシイものが見つかるかもしれないwwwww

関連:Flightradar24 Pro

Flightradar24 Pro
[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!






先日書いたFlightradar24 Proであるが、地図図法の関係で、最短航路を取っていないような錯覚がある。

関連:Flightradar24 Pro を手に入れた! (下手なゲームを買うよりはコチラがイイ)

Flightradar24 ProはAppleのMapを使っているので、メルカトル図法かな?

メルカトル図法
メルカトル図法

航路の件は日本-欧州方面がその代表で、モスクワから成田に向かう場合、Flightradar24 Pro上では、相当北から成田に向かっているように見える。

モスクワ→成田
モスクワ→成田

最短(直線)で行けよwwwwwと思えるが、これはメルカトル図法であるため。

正距方位図法で示すと、最短に近い航路を取っていることが分かる。

正距方位図法
正距方位図法

正距方位図法は「図の中心から」なので、上の図は適切ではないが、メルカトル図法よりはゆがみが少ない。

ローマ-成田や、成田-パリもそうね。

ローマ→成田
ローマ→成田

羽田→パリ
羽田→パリ

無駄に北上してから欧州に行っているように見えるが、実は最短航路的。

関連:Flightradar24 Pro

Flightradar24 Pro
[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!






先日書いたFlightradar24 Proであるが、台風11号(HALONG,ハーロン)の接近で、Canceled(欠航)となった便が多いことが分かる。

関連:Flightradar24 Pro を手に入れた! (下手なゲームを買うよりはコチラがイイ)

宮崎空港(KMI)
宮崎空港(KMI)

高知龍馬空港(KCZ)
高知龍馬空港(KCZ)

大分空港(OIT)
大分空港(OIT)

高松空港(TAK)
高松空港(TAK)

徳島空港(TKS)
徳島空港(TKS)

羽田でも、西行きの便はCanceledとなっているものがある。

羽田空港(HND)
羽田空港(HND)

この時期、帰省者も多いだろうに。

なお、本当に欠航であるかという情報は、Flightradar24 Proで調べるのではなく、航空各社に確認すること。

台風11号は南側から日本に接近、伊勢湾台風に似たルートを取っているのが気になる...



気圧が異なるので、伊勢湾台風とは異なるだろうが、警戒を。

え?

伊勢湾台風知らない?

関連:伊勢湾台風(気象庁)

関連:台風情報(気象庁)

関連:Flightradar24 Pro

Flightradar24 Pro
[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!






Flightradar24 ProのiOS版を手に入れた。

Flightradar24 Pro
Flightradar24 Pro

Flightradar24 Proは、飛び回っている飛行機の位置と情報を見ることができるアプリ。

地球上に、いかに多くの航空機が飛んでいるかが分かる。

航空機多杉!
航空機多杉!

Flightradar24 Proは、300円。

地図上の航空機をタップすると、機体情報/フライト情報が分かる。

機体情報/フライト情報
機体情報/フライト情報

無料版では、画面下部に広告が表示され、機体情報/フライト情報はモザイクで不明となってしまい、何機かタップすると広告に飛ばされてしまう。

無料版にはモザイクが入る
無料版にはモザイクが入る

有料版(Pro)にすることで、それらの制限が解除することが可能だ。

300円でPro版へ
300円でPro版へ

飛行機マニアでなくても、面白いね。

空港をタップすると離陸/着陸情報を見ることができるが、

空港の離陸/着陸情報
空港の離陸/着陸情報

これはアプリ内課金で、別途200円が必要になる。

アプリ内課金
アプリ内課金

それでも、300円+200円=500円でしかない。

航空機を選択している状態で3Dをタップすると、

3Dをタップ

フライトシミュレーターのような主観画面に!

主観画面
主観画面

この主観画面には、StandardとSatelliteの2種類があり、画面右下の地球のアイコンで切り替え可能だ。

Standard
Standard

Satellite
Satellite

StandardはAppleのMapを、SatelliteはGoogleのそれを使っているのかな?

まぁ、航空機の位置を正確に取っているわけではないので、主観画面で見ていると、着陸時に滑走路からズレて着陸したり、そのまま行き過ぎて海上に出たり、着陸したはずが再度急上昇したりすることもwwwww

Flightradar24 ProはiPhoneにもiPadにも対応しているが、やはりこのような地図系アプリは、iPadの方が適する。

関連:iPad Air(第5世代)を入手 - 感動はない(笑)

画面の大きさが全く違うからね。

iPadを持っているなら、是非iPadで試してもらいたい。

一方、iPhoneは、常に持ち歩いているだろうし、GPSがあるだろうから、頭上を通過した航空機を即座に調べるのに向いているだろう。

ああ、あれは熊本行きね、とか。

Flightradar24 Pro、僅か300円から楽しめるので、下手なゲームを買うくらいなら、Flightradar24 Proの方が断然イイ。

日本以外の航空機に注目するのも面白い。

北杉!
北杉!

刻々と状況が変化するので飽きないよwwwww

関連:Flightradar24 Pro

Flightradar24 Pro
[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このページのトップヘ