ハードディスクメンテナンス ブログ

ハードディスクの診断、物理フォーマット、静音化、Linux、サーバー、MySQLなどがメインだったのですが、その後広がり、カメラやハードウェアの投稿も増えてきました。 モバイルデバイスは、MacBookAir(13型)、iPad Air(第五世代)、ポメラ DM100(キングジム)OLYMPUS STYLUS XZ-2など。 これらを使いながら、ブログを更新しています。

カテゴリ: SEM(検索エンジンマーケティング)・SEO(検索エンジン最適化)






Googleの品質に関するガイドライン

自動的に生成されたコンテンツ
不正なリダイレクト
リンクプログラム
クローキング
隠しテキストと隠しリンク
誘導ページ
無断複製されたコンテンツ
アフィリエイトプログラム
悪意のある動作を伴うページの作成
ユーザー生成スパムに関するガイドライン
コメントスパム
コンテンツファーム

自動的に生成されたコンテンツ

・自動化されたツールで翻訳されたテキストが人間によるチェックや編集を経ず公開されたもの
・マルコフ連鎖などの自動化されたプロセスを通じて生成されたテキスト
・自動化された類義語生成や難読化の手法を使用して生成されたテキスト
・Atom/RSSフィードや検索結果からの無断複製によって生成されたテキスト
・複数のウェブページからのコンテンツに十分な付加価値を加えることなくそれらをつなぎ合わせたり組み合わせたりしたもの

不正なリダイレクト
・検索エンジンにはあるコンテンツが表示されるが、ユーザーはまったく違うコンテンツにリダイレクトされる。
・PCユーザーには通常のページが表示されるが、モバイルユーザーはまったく別のスパムドメインにリダイレクトされる。

リンクプログラム
・PageRankを転送するリンクの売買。これには、リンク、またはリンクを含む投稿に対する金銭のやり取り、リンクに対する物品やサービスのやり取り、商品について書いてリンクすることと引き換えに「無料」で商品を送ることなどが含まれます。
・過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的としてパートナーページを作成すること。
・アンカーテキストリンクにキーワードを豊富に使用した、大規模なアーティクルマーケティングキャンペーンやゲスト投稿キャンペーン。
・自動化されたプログラムやサービスを使用して自分のサイトへのリンクを作成すること。

クローキング
・検索エンジンにはHTMLテキストのページを表示し、人間のユーザーには画像やFlashのページを表示する。
・ページをリクエストしたUser-agentが人間のユーザーではなく検索エンジンである場合にのみ、ページにテキストやキーワードを挿入する。

隠しテキストと隠しリンク
・白の背景で白のテキストを使用する
・テキストを画像の背後に置く
・CSSを使用してテキストを画面の外に配置する
・フォントサイズを0に設定する
・小さな1文字(段落中のハイフンなど)のみをリンクにしてリンクを隠す

誘導ページ
・特定の地域や都市を対象としたドメイン名を複数持ち、それらのドメインから1つのページにユーザーを誘導するもの
・アフィリエイトリンクのみを目的として作成されたテンプレートを使用したページ
・市町村名や都道府県名などの特定のクエリに対する検索結果で上位に掲載されるようにするために、サイト上の複数のページに類似のコンテンツを掲載したもの

無断複製されたコンテンツ
・他のサイトのコンテンツをコピーし、独自のコンテンツや付加価値を加えることなく転載しているサイト
・他のサイトのコンテンツをコピーし、(語句を類義語に置き換えたり自動化された手法を使用したりして)若干の修正を加えた上で転載しているサイト
・何らかの独自の体系付けやユーザーへの利便性を提供することなく他のサイトからのコンテンツフィードをそのまま掲載しているサイト
・ユーザーに実質的な付加価値を提供することなく、他のサイトの動画、画像、その他のメディアなどのコンテンツを埋め込んだだけのサイト

アフィリエイトプログラム
・商品アフィリエイトリンクを含むページで、商品の説明とレビューを元の販売者から直接コピーし、独自のコンテンツや付加価値を加えることなくそのまま掲載しているもの。

悪意のある動作を伴うページの作成
・ページ上のコンテンツの位置を変えたり操作することで、ユーザーが特定のリンクやボタンをクリックしていると認識していても、実際にはページの別の部分をクリックしたことになるようにすること
・ページに新しい広告やポップアップを挿入する、ページ上の既存の広告を別のものに置き換える、またはそのような動作をするソフトウェアを宣伝またはインストールすること
・ユーザーがダウンロードをリクエストしたときに意図しないファイルもダウンロード対象に含めること
・ユーザーのコンピュータにマルウェア、トロイの木馬、スパイウェア、広告、ウイルスをインストールすること
・ユーザーに知らせて同意を得ることなくユーザーのブラウザのホームページや検索設定を変えること

ユーザー生成スパムに関するガイドライン
・無料ホストを利用したスパムアカウント
・フォーラムのスレッドにおけるスパム投稿
・ブログへのコメントスパム

コメントスパム
・防御:スパム対策ツールの導入、コメントの管理機能、<A HREF="http://www.test.com/" REL="nofollow">アンカーテキスト</A>

コンテンツファーム
スクレイピング:他のサイトからコンテンツをコピーしてページを自動生成したコンテンツ。
自動生成したコンテンツ:完全に自動化されたものもあるし、多少人の手が加えられたものもある。
信憑性が担保されていない投稿サイト:一般人のユーザー同士が助けあうQ&Aサイトは、素人が回答する場合も多い。
既存のコンテンツを書き直したコンテンツ:単語を変えたり語順を入れ替えたり、でも言ってることは同じ。
宣伝のためのコンテンツ:見返りに報酬をもらうために書く、商品やサービスのレビュー記事。
ウィキ:百科事典タイプのコンテンツ。

いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方
安川 洋 江沢 真紀 村山 佑介
インプレスジャパン
売り上げランキング: 1,112
[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!






Googleウェブマスターツールに登録すると、サイトのsitemapが提出できるようになり、作成したページにロボット(クローラー)を呼ぶことができる。

これで、公開したページをいち早くGoogleの検索結果に表示することが可能になるワケだが...

サイトを複数持っていると、(その全てを広く公開したい場合)、サイト全てをGoogleウェブマスターツールに登録したくなる。

それはそれで問題ないのだが、ウェブマスターツールに登録するということは、それら全ての所有者が同一であることをGoogleに証明していることなる。

他人のサイトを勝手に登録できないように、サーバーのルートにファイルを置くとか、ヘッダに特定の文字列を挿入するとかの方法により、サイトの管理者(ファイルを書き換えられる者)であるかのチェックを行っている。

よって、Googleウェブマスターツールのあるアカウント登録されたサイトの管理者は、全て同じということになる。

例えば、ウェブマスターツールにA〜Eの5サイトを登録したとすると、その5つのサイト全ての管理者が同じということね。

1つのアカウントで複数登録できるから便利、ではあるが、問題なのは、サイトにペナルティーを受けた場合。

Thin contentとか、そういう類。



先の例だと、サイトAでペナルティーを受けた場合、他のB〜Eでも同様に受ける可能性がある。

もちろん、A〜Eが構造含め全く異なるサイトであれば問題ないだろうが、サイトを複数運営していると、何かしら似てくる部分が生じる。

その場合、AがNGなので、似ているBやCもNGにしておけ、となりかねない。



サイト所有者の何割がGoogleウェブマスターツールに登録しているのか、サイト全体の何割がGoogleウェブマスターツールに登録されているのかは分からないが、(Googleウェブマスターツールを知らないなどの理由で)登録されていないサイトも多いだろう。

サイトマップ経由ではなく、リンク経由でもロボットは回っている。

よって、意図的にウェブマスターツールに登録しないサイトを用意するのも必要かと思う。

無料ブログやTwitter、YouTubeなどであれば、サイトマップを提出しなくても、サイト構成や仕組みが分かっているのでロボットは集中的に回っているはずだが、それ以外はサイトマップがないと厳しい?

それは分かっているのだが...

上述のThin contentだが、一言で言えば「内容の薄いサイト」とのこと。

コンテンツが少ないとか、Wikipediaからのコピーばかりだとか。

となると、オリジナルのコンテンツであっても、作りかけのサイトがThin contentとしてペナルティーを受ける可能性が?

サイトの公開時期など、法人であれば別だが、個人であれば自由だろう。

完成してから公開するのではなく、書きかけで公開することもあるかと思う。

大学の課題ではないのだから、途中公開でも別に構わないと思うのだが、追って追記するという制作者の意図は、Googleには伝わらない。

ということで、その時点で「デデーン!アウト〜!」と「Thin content」宣言されてしまえば?

あえてGoogleウェブマスターツールで「管理しないサイト」も、必要かもしれない。

Google Analyticsで集客・売上をアップする方法
玉井 昇
ソーテック社
売り上げランキング: 1,447

[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このページのトップヘ