ハードディスクメンテナンス ブログ

ハードディスクの診断、物理フォーマット、静音化、Linux、サーバー、MySQLなどがメインだったのですが、その後広がり、カメラやハードウェアの投稿も増えてきました。 モバイルデバイスは、MacBookAir(13型)、iPad Air2、ポメラ DM100(キングジム)OLYMPUS STYLUS XZ-2など。 これらを使いながら、ブログを更新しています。

カテゴリ: コンピュータ






ストレージ(32GB)はアグァン!!



発売開始:2018年12月7日(金)
価格:19,800円(税別) 21,384円(税別)
[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote






側面の「戻る」「進む」が常識/定説とは逆とゐぅ、ワクェの分からナゐ、悲惨杉流マウス。

Hiperdeal_rapoo_マウス

関連:サイドボタンの戻る/進むが逆のマウスが存在した!

分解シ、目視とテスターで線を追ッて入れ替え(=正常化)たッタwwwww

マウス_001

側面ボタンにはタクタイルスイッチが使用されてゐた。

信号とGNDなンで、格闘スティックのボタンと同じ。

なンで、基板のパターンをカットし、別途結線/決戦/血栓する。

マウス_002

2ボタンなンで2本で完成/慣性/管制かと思ゐキユァ、ヨ〜ク(羊狗)見ルと、右クリックも関連シテるコトが判明、コチラもカットし、別途結線。

マウス_003

よッて配線/廃線/敗戦は3本必要、ガティで面倒杉流wwwww

配線/廃線/敗戦は、基板下部だと干渉/鑑賞/完勝するンで、上部に通す。

マウス_004

サルァに、「戻る」「進む」の感触が悪杉流ンで、ホットボンド(グルーガン)で高さを調整wwwww

マウス_グルーガン

ムァ、そンなコトせンでも、他にムァシなマウスはよぅけあるクァルァwwwww

ホットボンド(グルーガン)は工芸用途にョク使用されるケド、ハンダ後の固定とか、ブツの接着、本件のような高さ調整トカ/渡嘉にも使ゑるンで、アルと役立つドェ〜

熱で溶けてアツぅ!アツぅ!(by 高石太)になッた合成樹脂がトルォ!トルォ!出てキヲるサカゐ/堺ヌァ!!!!!




[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote






ColorfulのSSDであるSL500 640GのS.M.A.R.T.が悲惨杉流件を執拗に追ぅ!

SL500 640G_005

執拗(シツョ〜):相手に対するはたらきかけ方がしつこいこと。また、そのさま。しつおう。

SL500_005

システムディスクとシたらフリーヅ、CrystalDiskMarkでもフリーズなので、SL500 640Gが異常なのは確実!

事実上ツカイモノにナラナゐンで、取り外シ保存、データ消去などを行ッテルと(照人)、S.M.A.R.T.がどン!どン!悪化!!

SL500_推移_005

・05 代替処理済のセクタ数:28(増加=悪化)
・A0 修復不可能セクタ数:1A8(増加=悪化)
・A1 予備領域:32(減少=悪化)
・C3 累積ECC訂正回数:75E1A(増加=悪化)
・C4 セクタ代替処理発生回数:1A8(増加=悪化)
・C5 代替処理保留中のセクタ数:28(増加=悪化)
・C6 回復不可能セクタ数:1A8(増加=悪化)
・E8 残り予備領域:32(減少=悪化)

悲惨杉流アリサマだし(出汁)、購入当初からA3(初期不良ブロック)が13なのはなンなン?

SSDのゴッツ初期の32GBの時代や、プチフリの時代を経ながら、多数のSSDを使ッてキタけど、こンなムティアクティアなシナモノはハぢめて!

ゑ?

8MB化するような陰輝のシナモノよりはマシ?

2018年にもなッてレヴェル低杉邪、ドァヴォ!!

関連:SL500 640GB(Colorful)のS.M.A.R.T.が悲惨杉流件!

関連:[Colorful] SL500 640Gが10,800円だが、危険杉流! [16.875円/GB]

関連:SL500 640GB(Colorful)はキャッシュレスでフリーズするのか?

関連:[2018年7月] SL500 640GB 速度計測 [ベンチマーク]

関連:ColorfulのSSDは廃棄チップ使用品?

Colorful SATA 6Gb/s(SATA3.0)対応、Silicon Motion SM2258XT搭載 2.5インチ SSD SL500 640G
カラフル(Colorful) (2017-12-09)
売り上げランキング: 4,205

【SL500 640GB BLUE L.E.】SATA 6Gb/s(SATA3.0) 対応、Silicon Motion SM2258XT搭載2.5インチSSD
カラフル(Colorful) (2018-07-14)
売り上げランキング: 55,507

[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote






サムスン(SAMSUNG)のM.2のNVMe(PCIe接続のSSD)である、970 EVO(MZ-V7E500B)と960 EVO(MZ-V6E500B)でアルが、

970EVO_vs_960EVO

容量はドチラも500GBであり、970が2018年5月上旬の新モデル、960 EVOが2016年12月の旧モデルである。

サムスンのこれらが、SANDISKのエクストリームプロ(SDSSDXPM2-500G-J25)を選定シた際に比較検討になッたとは以下で書ゐたが、

SDSSDXPM2-500G-J25_002

関連:SDSSDXPM2-500G-J25(エキプロ)の入手,レビュー,ベンチマーク,温度,サンディスク

その後、サムスンのこれらの価格が下がり、2018年9月に於いては、

・970 EVO(MZ-V7E500B):19,800円
・960 EVO(MZ-V6E500B):17,980円

となっている。

価格推移_970 EVO

価格推移_960 EVO

960 EVO(MZ-V6E500B)は型落ちの為に安くなっていたのだが、ソレを970 EVO(MZ-V7E500B)が追ッてユク形だ。

関連:サムスンのM.2 SSDである960EVO(MZ-V6E500B/IT,500GB)が2万円切りの19,742円!

エクストリームプロ(SDSSDXPM2-500G-J25)は2万円を切ッてゐナゐンで、970 EVO(MZ-V7E500B)は良ゐ選択肢になるだろう。

970 EVOのスペック上の読込速度は最大3400MB/s、書込速度は最大2300MB/sであり、書込速度が最大2500MB/sのSDSSDXPM2-500G-J25より若干落ちるが、ほぼ同等とゐゑる。

970 EVO960 EVOの価格差は、1,820円。

スペック的な違ゐであるが...

・970 EVO(MZ-V7E500B)
 シーケンシャルR:3,400MB/s
 シーケンシャルW:2,300MB/s
 TBW:300TBW
 保証期間:5年間

・960 EVO(MZ-V6E500B)
 シーケンシャルR:3,200MB/s
 シーケンシャルW:1,800MB/s
 TBW:200TBW
 保証期間:3年間

速度的には充分速ゐンで、960 EVOでも問題ナカロー。

TBW(Total Byte Written)が970 EVOが1.5倍大きく、保証期間が2年長ゐ。

使用環境にも依るが、長く使うコトを考ゑるなら、970 EVOを選択かな?

発熱は両モデルともスルだろうし、私が選択したSDSSDXPM2-500G-J25であっても50度(室温30度)は超ゑてるので、気になるならヒートシンクやファンを取り付けよう。

ムァ、60度程度なら速度低下はナゐようなので私は何もセヅ放置だが、寿命に与える影響が気にナリはスル...

関連:SDSSDXPM2-500G-J25(エキプロ)のアライメント調整とベンチマーク

関連:SanDisk SSD Dashboard(サンディスクのSSDの管理ツール)を使う



SanDisk 内蔵SSD M.2-2280/500GB/SSD Extreme Pro/PCIe Gen3 NVMe/5年保証/SDSSDXPM2-500G-J25
サンディスク (2018-05-25)
売り上げランキング: 2,171

WD 内蔵SSD M.2-2280/500GB/WD NVMe Black/PCIe Gen3 NVMe/5年保証/WDS500G2X0C
Western Digital (2018-05-18)
売り上げランキング: 2,024

[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote






10000RPMとゐぅ高速回転の、WDのエンタープライズハードディスクである、VelociRaptor(ヴェロシラプター)。

VelociRaptor

ワシは、WD3000GLFSWD740HLFSの弐台を、今も所有シてゐる、ヲぅヅォクである!

「言葉をツツシミ玉枝。君はラピュタ王の前にILL野田。」

<WD3000GLFS>

容量:300GB
キャッシュ:16MB
回転数:10000rpm
接続:SATA2(3Gb/s)
発売:2008年5月
価格:3万円前後(当時)

<WD740HLFS>

容量:74GB
キャッシュ:16MB
回転数:10000rpm
接続:SATA2(3Gb/s)
発売:2008年8月
価格:2万円前後(当時)

昔の記録だが、ベンチマークの結果は、以下の通り。

速度_WD3000GLFS

速度_WD740HLFS

関連:VelociRaptor速度対決! - 1万回転のエンタープライズハードディスク

ソレに対し、先日購入した、Seagateの6TB(ST6000DM003)。

<ST6000DM003>

容量:6TB
キャッシュ:256MB
回転数:5425rpm
接続:SATA3(6Gb/s)
発売:2018年1月
価格:1.3万円前後(2018年8月末)

ベンチマークの結果は、以下の通り。

ベンチマーク_ST6000DM003

関連:ST6000DM003(Seagate,6TB)のレビュー(ベンチマーク等)

関連:ST6000DM003(Seagate,6TB)を11,980円で注文した件

並べてみる。

WD3000GLFS_WD740HLFS_ST6000DM003

マザー等の環境やベンチのバージョンが異なるので注意が必要だが、VelociRaptorは最新の最安モデルに完全に負けてるヌェ...

ST6000DM003の回転数は5425rpmと少ないが、記録密度で圧勝シてゐるさかゐ(堺)、速度でも勝ッたのだろう。

VelociRaptorは壹万回転のためか、サイズが2.5インチと小さゐ(3.5インチに見えるが外部はIcePAKと呼ばれるヒートシンク)ンで、容量も非常に小さゐ。

勝ッてるンは「VelociRaptor(恐竜の名)」とゆぅタイソーな名称クライ/冥だが、アクセス音はフォヴォ無音の現行品に比べ、クァルィクァルィとゆぅ、小気味ョゐVelociRaptorの圧勝!!

回転数をAGEたトコロで、速度はSSDに完敗するンで、壹万回転や1.5万回転の「エンタープライズハードディスク」はソノ後消ゑてゐッたンかはシラン(SILANE)。


WESTERN DIGITAL 2.5+IcePAK(3.5”)SATA3.0Gb 10000rpm 300GB 16MB WD3000GLFS
WESTERNDIGITAL (2008-05-27)
売り上げランキング: 246,286

WESTERN DIGITAL 2.5+IcePAK(3.5”) SATA3.0Gb 10000rpm 74GB 16MB WD740HLFS
WESTERNDIGITAL (2008-08-14)
売り上げランキング: 196,939

[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ