ハードディスクメンテナンス

ハードディスクの診断、物理フォーマット、静音化、Linux、サーバー、MySQLなどがメインだったのですが、その後広がり、カメラやハードウェアの投稿も増えてきました。 モバイルデバイスは、MacBookAir(13型)、iPad Air2、ポメラ DM100(キングジム)OLYMPUS STYLUS XZ-2など。 これらを使いながら、ブログを更新しています。

カテゴリ: コンピュータ



2019年10月3日に、AviUtlのv1.10が6年半ぶりに公開されたが、同日、拡張編集Pluginのv0.93(テスト版)も公開されている。

関連:AviUtlのお部屋

インストールは、解凍したファイルをAviUtlと同じフォルダに入れるだけ。

過去の拡張編集Pluginを使っている場合は、念のためにバックアップの上、解凍したファイルをAviUtlと同じフォルダに入れる(=上書き)。

exedit.ini(拡張子とメディアオブジェクトの種類の関連付け)をゐぢッてる場合は、バックアップを見て揃える(mpgとかmovとかvobとかtsとか)。

更新履歴 [2019/10/3] ver 0.93rc1

・ビルド環境の更新とそれに伴う調整をした。
・画像データ、スクリプトのキャッシュを本体管理の共有メモリで確保するようにした。
・オブジェクトファイルをインポートした時にトラックバーの値が正しく読み込めない場合があったのを修正した。
・オブジェクトファイルをインポートした時にトラックバー変化方法の設定値が正しく読み込めない場合があったのを修正した。
・オブジェクトファイルをエクスポートした時にシーン番号が正しく保存されないのを修正した。
・RGB色空間で飽和する処理を微調整した。
・Luaの実行モジュールにLuaJITを利用できるようにした。
・今回のバージョンから本体ver1.10以降が必要になります。

環境設定を前バージョン(version0.92,2013/7/15)と並べると、以下の通り。

AviUtl_拡張編集Plugin

目下テスト版とあるように、RC(Release Candidate,リリース候補版)である。

なお、AviUtlで「iniファイルの書き込みに失敗しました」と出る場合は、C:\Program FilesやC:\Program Files (x86)ではなく、C:\AviUtlなどに置けば解決するだろう。

関連:AviUtlが6年ぶりに更新、キャッシュサイズの上限が拡大!
[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



PS2 to HDMIとは?



PS2 to HDMIとは、PS2をHDMIで出力する類のアレ。

PS2 to HDMI

アマゾンにも多数売られおり、外観が付属品などが異なるが、どれもほぼ同じシナモノだろう。

PS2 to HDMI_アマゾン

INVAVO製 PS2専用HDMI接続コネクター PS2 toHDMI 変換アダプターHDMI出力 携帯便利 PS2 TO HDMI CONNECTOR PS2復活PS2 TO HDMI COVERTER (ハイスピードUSBケーブル+HDMIケーブル+日本語取扱説明書付き)

【MA-9640】PS2がHDMIでプレイできる/ PS2 to HDMI コンバーター

RGEEK製 PS2専用HDMI接続コネクター PS2 toHDMI 変換アダプターHDMI出力 携帯便利 PS2 TO HDMI CONNECTOR PS2復活PS2 TO HDMI COVERTER (ハイスピードUSBケーブル)

CESCAT -PS2専用 HDMI接続 コネクター 変換コンバーター + ハイスピードHDMIケーブル + ステレオミニプラグ to 2RCA PS2をHDMIテレビ

EMEBAY - PS2専用HDMI接続コネクター PS2 toHDMI 変換アダプターHDMI出力 携帯便利 PS2 TO HDMI CONNECTOR PS2をお楽しみ(1.5M ハイスピードHDMIケーブル付属)

ELUTENG PS2 to HDMI 変換 コンバーター 3.5丱ーディオ出力 PS2 to HDMI Connector 小型 軽量 テレビ・PC液晶モニタに接続 変換 アダプタ Playstation2 HDMI PS2 ケーブル PS2専用 携帯便利 USBケーブル付属

PS2 TO HDMI 変換アダプター PS2専用HDMI接続コネクター HDM出力 PS2HDMI変換 CONNECTOR PS2をHDMIテレビに接続 1.5M ハイスピードHDMIケーブル付属

ティアティなシナモノなので、カンタンに分解できる。

PS2 to HDMI_基板_表

「HYSD PS2 TO HDMI 180328」とある。

PS2 to HDMI_基板_裏

HDMI端子は基板とのハンダだけで止まっており(両端は固定されていない)、以下のように容易に曲がってしまうので、スグに逝くだろう。

PS2 to HDMI_基板_曲がり

PS2はコンポーネント出力(緑青赤,アナログ)が可能であり、コレが最も高画質。

PS2のコンポーネントケーブル

関連:コンポーネントAVケーブル(PS2/PS3共用)

# D端子はコンポーネント出力と信号は同じで端子を変えただけ。

PS2 to HDMIは、コンポーネント信号をHDMIに変換しているモノである。

PS2 to HDMIにはミニUSB端子があり、給電が必要であるが、これはその変換に必要なのだ。

PS2 to HDMI_ミニUSB端子

コンポーネントが高画質なら、ソレをそのまま映せばいいのだが、コンポーネントケーブルが必要であり、先端が5本(映像3本+音声2本)で面倒だし、そもそもコンポーネント入力に対応したモニターは、2019年9月現在、ほとんどない。

私が持っているモニターでコンポーネント入力があるのは、DELLの2407WFPだけである。

2407WFP_コンポーネント

関連:2407WFP(DELLの液晶モニター)の多彩な入力を試す?

さらにその録画となるとUSB3HDCAPのような若干高価なキャプチャー機器が必要となる。

内容物_USB3HDCAP

関連:USB3HDCAP(CY3014USB,STARTECH.COM)の入手とレビュー - VGA/DVIを含む多彩な入力/録画/配信が可能!

てコトで、両方持ってるワシが勝ティ組!キスァムァラ敗北!終了ッ!!

とユ〜コトでハナシを終ゑてもゐ々の(賢治)だが、一般人は困ってしまう。

HDMIが普及シマクッテル昨今、PS2 to HDMIでHDMIにしてしまえば、アトは楽勝!と言いたいトコロだが...

PS2 to HDMI使用時に注意すべき点は、使用するモニターの対応解像度である。

HDMI=720pや1080pとは限らず、様々な解像度が存在する。

PS2 to HDMIの類の全てが同じとは限らないが、解像度は概して480i,480p,576iである(PS2の仕様)。

これらの解像度はそのままで、HDMIに変換して出力している。

なので、モニターが480i,480p,576iに対応していない場合は、表示すらできない。

新しいモニターが対応しているとは限らず、私の環境では、

KA270HAbmidx(2016年5月発売):映る
EB321HQUBbmidphx(2017年3月発売):映らない

と、新しい方が非対応、という結果になった。

モニターの仕様を見ても、入力解像度は記されていないこと(ヌァヅェ?)が大半なので、事前に知るなら、使用者のレビュー等を参考にするしかないだろう。

なお、KA270HAbmidxで映した時の解像度を見てみると、

PS2_KA270HAbmidx

719×240
H:16kHz V:60Hz

となっている。

240というのは、480iのコトであろう。

480i,480p,576iを720pや1080pに変換(アップスケール)するPS2 to HDMIの類があれば万事解決なのだが、非常に高価である...

POUND HD LINK CABLE PS2 & PS1 専用 HDMIコンバーター [SRPJ2105] 432105
POUND HD LINK CABLE PS2 & PS1 専用 HDMIコンバーター [SRPJ2105] 432105

PS2 & PS1 専用 HDMIコンバータ HDTV Cable for PS2/ PS1 - Hyperkin [SRPJ2140]
PS2 & PS1 専用 HDMIコンバータ HDTV Cable for PS2/ PS1 - Hyperkin [SRPJ2140]

PS2 to HDMIの録画は?



録画機器についても同様であり、480i,480p,576iの入力に対応していないと表示できず録画も不可能。

I-O DATAのHDMIキャプチャー機器であるGV-HDRECにPS2 to HDMIからのHDMI信号を入れてみると、以下のようになり表示すらできない。

対応できる信号が入力されていません_GV-HDREC

対応できる信号が入力されていません。
入力信号をご確認ください。


GV-HDRECの仕様に書いてあるが、対応する入力解像度は

1920×1080(60p/60i/30p),1280×720(60p),720×480(60p) ←AV入力変換ケーブルによるアナログ入力のみ

となっており、HDMIではフルHDかHDにしか対応していないので、使えなくて当然。



HDMIキャプチャー機器の多くでは、画面比16:9のフルHDやHDのような代表的な解像度しか対応していないので、注意が必要。

特殊な用途でない限り、HDMIで対応するのは、HD(1280×720)、フルHD(1920×1080)、WQHD(2560x1440)、4K(3840×2160)...が普通である。

「特殊な」解像度に対応するHDMI録画機器



しかしながら、HDMIキャプチャー機器の中には、480i,480p,576iのような特殊な改造の対応を謳うものが存在する。

ビデオキャプチャ BOSTIN USB 3.0 HDMI ゲームキャプチャーカード設備 HDMIループHDビデオHDCP 1080P Windows 7 8 10 Linux Youtube OBS Twitch for PS3 PS4 Xbox Wii Uストリーミングおよび録画にサポートします
ビデオキャプチャ BOSTIN USB 3.0 HDMI ゲームキャプチャーカード設備 HDMIループHDビデオHDCP 1080P Windows 7 8 10 Linux Youtube OBS Twitch for PS3 PS4 Xbox Wii Uストリーミングおよび録画にサポートします

アマゾンに記されている説明によると...

HDMI入力フォーマット:480i、480p、576i、576p、720p50、720p60、1080i50、1080i60、1080p24 /25/30/50/60

とあり、PS2 to HDMIの「特殊な」解像度の入力に対応している模様。

対して、出力は、

出力フォーマットの解像度:640x480,720x480,720x576,768x576,800x600,1024x768,1280x720,1280x800,1280x960,1280x1024,1368x768,1440×●,1600×1200,1680×1050,1920×1080,1920×1200,640×360,856x480,960×540,1024x576

となっており、480や576を含んでいるので、あとは、UVC(USB Video Class)に対応したソフト(OBS:Open Broadcaster Softwareなど)で録画すればよいコトになる。

なお、本品にはHDMIパススルー端子があるが、パススルーなので、入力信号をそのまま出すハヅだから、パススルー先のモニターが「特殊な」解像度に非対応だと、映らない(=パススルー不可)というコトになる。

パソコンの画面上(OBS等)には当然映るだろうが、遅延が許されない格闘やレースゲーム等ではキビシイかもしれない。

てなハナシだが、結局はヤッてみないと分からないノヨヌェ...

関連:ドリームキャストを高画質で録画する方法 2017年度版 USB3HDCAP

関連:KA270HAbmidx(Acerの27型液晶モニター)を入手 レビュー

関連:EB321HQUBbmidphxの購入とレビュー [Acer,31.5型,WQHD(2560x1440),液晶モニター]

POUND HD LINK CABLE PS2 & PS1 専用 HDMIコンバーター [SRPJ2105] 432105
POUND (2019-02-05)
売り上げランキング: 3,621

PS2 & PS1 専用 HDMIコンバータ HDTV Cable for PS2/ PS1 - Hyperkin [SRPJ2140]
SRPJ(SRPJ) (2019-03-17)
売り上げランキング: 7,851


StarTech.com USB3.0接続HDMI/DVI対応ビデオキャプチャー USB3HDCAP
STARTECH.COM (2014-11-18)
売り上げランキング: 37,207




I-O DATA HDMI キャプチャーボード パソコン不要 フルHD SDカード/HDD保存 GV-
アイ・オー・データ (2016-12-30)
売り上げランキング: 515












コンポーネントAVケーブル
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2006-12-07)
売り上げランキング: 12,331


ゲーム―Super 27years Life
飯野 賢治
講談社
売り上げランキング: 534,319

[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



MSI GeForce GTX1660 SUPER AERO ITX OCが、タイムセール+クーポン適用で税込25,980円!!

GTX1660-SUPER_NTTX

26,925円(タイムセール)−945円(クーポン)=25,980円(税込,送料無料)

2020年4月19日17時半の時点で「残り4台」なンで、売り切れてるかもシレン/試練けど...

ココ ⇒ MSI GeForce GTX1660 SUPER AERO ITX OC

関連:[MSI] GeForce GTX 1660 Ti AERO ITX 6G [24,980円]




[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



無線マウスの重量(電池込)

↓〇抛瓮泪Ε(改造品):84g(単四×2本)
支那マウス(改造品)

M-XGM20DLBK(故障):中サイズ:103g(単三×1本)
M-XGM20DLBK

M-XGL10DBRD(買ッたが使わず):大サイズ:116g(単三×1本)
M-XGL10DBRD

現在使用中なのは、まさかの支那マウス改造品!

,蓮▲船礇舛併抛瓮泪Ε(AliExpressで三百円前後)のスイッチを、高級ジャンクマウスから外したスイッチに交換したモノ。
交換したのはスイッチ4個のみでセンサーはそのまま、赤LEDの古メカシイものだが、読み取りや動作は無問題。
電池ナシで57gとメティアクティア軽い!
現在の常用マウス。

△呂つて使っていた、ULTIMATEレーザー採用(笑)の高級マウスだが、さすがはエレコム、耐久性は皆無。
コレを破壊しスイッチを取り、,飽椰▲轡謄▲襦

は△汎瑛優侫ット感で買ったが、,亡靴譴襪肇侫ット感が逆にマトワリツキがウヅァく感じ、また重いので使用せヅwww

<マウス格言 byヲレ>

左右ボタン、ホイール、「戻る」「進む」ボタンは必須(ホイールは押せなくてもよい)。
マウスのフィット感は重要だが、度を過ぎるとマトワリツキがウヅァく感じてしまうので、追及はホド々にしなければならない。
フィット感を重視すると手との接触面積が大きくなり、熱が溜(タ)まるので、特に夏場はキビシイ=。
店頭の展示品で選ぶのが正統かと思われるが、フィット感に囚(トラ)われ失敗することも。
やはり軽いのは正義!=
マウス選びでコロコロ、アッチャコッチャゐくヤツは、ゐつまで経ッても落ち着かナゐ。
結局は、慣れの要素が大きいので、アッチャコッチャ行ってると、どれにも慣れないために定まらないのだ。


当然、最終的にはヒト各々異なり、ヒトに依る。

高めのフィット感とマウスにある程度の重さを求める人は、M-XGL10DBRD1,353円(税込,送料込)で激安となっているので、買ってみてはどうだろうか?

M-XGL10DBRD_1353円

当然、何ルァ保証はシナイwwwww

関連:M-XGM20DLBKの購入とレビュー(エレコム,EX-G,握りの極み,無線マウス)

関連:M-XGM20DLBKの購入とレビュー(エレコム,EX-G,握りの極み,無線マウス)



[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



SSDの価格下落がハゲしく、より大容量が安くなってるので、以下のように、無駄にSSDを買ってしまうwwwww

関連:[激安] ASU630SS-960GQ-X(ADATA,960GB,SSD)を買った件 [7,980円]

関連:[激安] ASU630SS-960GQ-X(ADATA,960GB,SSD)が届いた [7,980円]

結果、容量の小さなSSDがアマり(甘利)、モテアマスことになる。

これらを活用すべく、以下のUSBの外付けケースを購入した。

ORICO USB3.0接続 2.5インチ HDDケース 外付け ドライブケース SATA3.0 対応 SSDケース ハードディスクケース 4TBまで 7mm/9.5mm ツール不要 簡単着脱 ブルー 2588US3-BL
ORICO USB3.0接続 2.5インチ HDDケース 外付け ドライブケース SATA3.0 対応 SSDケース ハードディスクケース 4TBまで 7mm/9.5mm ツール不要 簡単着脱 ブルー 2588US3-BL

価格は千円前後と、それほど高くはない。

外箱_2588US3_ORICO

内容物は、

・ケース
・USBケーブル:ケーブル長 57cm(先端-先端)
・説明書:簡体中文と英語のみ
・Thanksカード
・スポンジ:厚/薄 各1枚

内容物_2588US3_ORICO

2.5インチのSSDには、9.5mmや7mmなどの厚みがある。

昔のSSDは9.5mmで、最近のモノは薄くなっているので、そのままだとケース搭載後に中で動いてしまう。

それを防ぐのに、9.5mmにするためにスポンジが付いている(本品は9.5mmまでに対応)。

SSDの格納は非常にカンタンで、ケースを開けて(工具不要)、SSDをサシコミ、フタを閉じるだけ。

2588US3_ORICO_001

2588US3_ORICO_002

2588US3_ORICO_003

2588US3_ORICO_004

外側(青面)は鉄、その内側も鉄、フタはプラスチック。

アクセスランプは、ケーブル付け根付近にある。

アクセスランプ_2588US3_ORICO

通電:青点灯
アクセス:青点灯+紫点滅

本品の特長は、カラーバリエーションが豊富な点もあるが、UASPに対応している点。

UASP(USB Attached SCSI Protocol)に対応していると、USB3.0のみの対応よりも、読み書きが高速になる。

但し、接続される機器側(PCなど)も、UASPに対応している必要がある。

Windows8以降であれば対応ドライバ(uaspstor.sys)が標準搭載なので対応、Windows7は各自で導入する必要がある。

UASPで動作しているかは、接続後にデバイスマネージャーで調べることも可能だが、面倒なンで、CrystalDiskInfoで調べると楽。

UASP_CrystalDiskInfo

ベンチマーク



ASU630SS-960GQ-X(ADATA,960GB,SSD)、NTFSフォーマット、Windows10 Pro(64bit)

ADATA 2.5インチ 内蔵SSD 960GB SU630シリーズ 3D NAND QLC搭載 SMIコントローラー 7mm  ASU630SS-960GQ-R

-----------------------------------------------------------------------

ASU630SS-960GQ-X_2588US3
↑ORICO 2588US3(UASP対応)

* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

Sequential Read (Q= 32,T= 1) : 301.406 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) : 393.196 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 8,T= 8) : 170.989 MB/s [ 41745.4 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 8,T= 8) : 169.217 MB/s [ 41312.7 IOPS]
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 180.500 MB/s [ 44067.4 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 107.815 MB/s [ 26322.0 IOPS]
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 22.571 MB/s [ 5510.5 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 39.781 MB/s [ 9712.2 IOPS]

Test : 1024 MiB [A: 0.1% (1.2/894.3 GiB)] (x5) [Interval=5 sec]
OS : Windows 10 Professional [10.0 Build 18362] (x64)
ORICO 2588US3(UASP対応)

-----------------------------------------------------------------------

ASU630SS-960GQ-X_SATA
↑M/B内蔵のSATA(6Gb/s) ←H170M Pro4

* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

Sequential Read (Q= 32,T= 1) : 560.504 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) : 484.121 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 8,T= 8) : 250.712 MB/s [ 61209.0 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 8,T= 8) : 280.701 MB/s [ 68530.5 IOPS]
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 241.237 MB/s [ 58895.8 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 185.732 MB/s [ 45344.7 IOPS]
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 28.798 MB/s [ 7030.8 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 84.035 MB/s [ 20516.4 IOPS]

Test : 1024 MiB [A: 0.1% (1.2/894.3 GiB)] (x5) [Interval=5 sec]
OS : Windows 10 Professional [10.0 Build 18362] (x64)
M/B内蔵のSATA(6Gb/s)

-----------------------------------------------------------------------

ASU630SS-960GQ-X_玄立
↑USB3.0(UASP非対応) ←玄立

* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

Sequential Read (Q= 32,T= 1) : 219.407 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) : 228.992 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 8,T= 8) : 16.582 MB/s [ 4048.3 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 8,T= 8) : 36.657 MB/s [ 8949.5 IOPS]
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 17.892 MB/s [ 4368.2 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 31.951 MB/s [ 7800.5 IOPS]
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 13.750 MB/s [ 3356.9 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 26.337 MB/s [ 6429.9 IOPS]

Test : 1024 MiB [A: 0.1% (1.2/894.3 GiB)] (x5) [Interval=5 sec]
OS : Windows 10 Professional [10.0 Build 18362] (x64)
USB3.0(UASP非対応)

-----------------------------------------------------------------------

やはりSATA接続よりは遅くなるが、ReadよりWriteが速いとか、よく分からない振舞だね...

-----------------------------------------------------------------------

SDCZ48-032G
↑参考:USB3.0のUSBメモリー ←SDCZ48-032G

* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

Sequential Read (Q= 32,T= 1) : 138.157 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) : 29.752 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 8,T= 8) : 7.723 MB/s [ 1885.5 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 8,T= 8) : 1.468 MB/s [ 358.4 IOPS]
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 7.710 MB/s [ 1882.3 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 1.468 MB/s [ 358.4 IOPS]
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 7.612 MB/s [ 1858.4 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 1.045 MB/s [ 255.1 IOPS]

Test : 1024 MiB [F: 0.4% (0.1/28.6 GiB)] (x5) [Interval=5 sec]
OS : Windows 10 Professional [10.0 Build 18362] (x64)
USB3.0のUSBメモリー

USBメモリーよりは、圧倒的に速ゐね...

HDMIキャプチャーでの使用



私はパソコンでよりも、HDMIキャプチャーであるGV-HDRECで使おうと思っている。

I-O DATA キャプチャーボード ゲームキャプチャー HDMI PC不要 ゲーム録画 編集 フルHD SD/HDD保存 GV-HDREC

GV-HDRECはSDカードだけでなく、USB接続したHDDやSSDにも録画が可能。



今は32GBのUSBメモリー(USB3.0)に録画し、都度PCに移動させているが、画質によっては32GBだとスグに埋まってしまう。

使い古した64GBのSSDでもその倍は録れるので、容量の大きなUSBメモリーを買い足すよりも無駄なく良いかと。

# USBメモリーはSSDに比べ格段に壊れやすいという懸念もある。

GV-HDRECのUSBポートはUSB2.0なので、別にUSB3.0に対応したモノではなくてもOKなのだが、PCに録画ブツを移動させる際にUSB2.0では遅すぎるので、USB3.0は必須なのだ。

なお、USB2.0経由の録画であっても、フルHD 60p 最高画質で撮っても(速度的には)問題はない。

GV-HDRECで使う場合は、exFATでフォーマットする必要がある(フォーマットはGV-HDRECで可能)。

# GV-HDRECでフォーマットすると、先頭に16MBほどの未割り当て領域ができる。

FAT32でも録画は可能だが、ファイルサイズの上限(4GB)を超えると録画が停止してしまうので、高画質で長く撮るならexFAT必須となる。

記録モード_GV-HDREC

64GB(exFAT)での録画可能時間

1080 60p フルHD 最高画質:3時55分36秒
1080 60p フルHD 高画質:5時間1分1秒
1080 30p フルHD 標準画質:8時間44分24秒:
720 60p HD 記録容量優先:11時間31分46秒
480 60p SD画質:33時間52分4秒

関連:GV-HDREC - アナレコ(GV-SDREC)風の1080p/60Hz録画に対応するビデオキャプチャデバイス

関連:GV-HDRECによる録画ブツ一覧






[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ