ハードディスクメンテナンス

ハードディスクの診断、物理フォーマット、静音化、Linux、サーバー、MySQLなどがメインだったのですが、その後広がり、カメラやハードウェアの投稿も増えてきました。 モバイルデバイスは、MacBookAir(13型)、iPad Air2、ポメラ DM100(キングジム)OLYMPUS STYLUS XZ-2など。 これらを使いながら、ブログを更新しています。

カテゴリ: コンピュータ



AMD Ryzen 5 Pro 3400GE と Radeon Vega 11 Graphics



OS(Windows10)、並びに消費税及び送料込でアリナガラ、激安3.2万円の小型スリムパソコンである、LenovoのThinkCentre M75q-1 Tinyであるが、

Lenovo_ThinkCentre M75q-1 Tiny

関連:[特価] ThinkCentre M75q-1 Tiny(税込3.2万円) [注文済]

CPUは、AMD Ryzen 5 Pro 3400GEである。

AMD Ryzen 5 Pro 3400GE

以下のタスクマネージャーでも分かるように、4コア8スレッドである。

4コア8スレッド_AMD Ryzen 5 Pro 3400GE

ビデオ(GPU)はCPUに内蔵されており、Radeon Vega 11 Graphicsである。

Radeon Vega 11 Graphics

Radeon Vega 11 Graphics

APU(AMD Accelerated Processing Unit):AMDが2006年から開発を行なっている、CPUとGPUとを合成・統合させた新しい製品の名称。

GPU_Radeon Vega 11 Graphics

ソフトウェアは、AMD Radeon Software(v20.1.4)を入れた。

AMD Radeon Software

Adrenalin 2020の、球体の絵(ゑ)は明らかに/朗蟹、コロナV(新型HIGH-ENG)を連想させるソレヤロ!ドァヴォ!!

Adrenalin 2020

本機にはデフォルトで(オプション追加ナシで)、HDMIとDisplayPort出力があるが、

各部名称_Lenovo
↑がHDMI、┐DisplayPort

144Hzモニター(AOC C24G1/11)に接続すると、

AOC ゲーミング モニター C24G1/11 (23.6インチ/144Hz/1ms/VA 曲面パネル/HDMI×2 DP×1)

関連:[16,980円] ゲーミングモニター(C24G1/11,144Hz,24型,FHD,VA)を注文した件 [曲面パネル]

そのドチラでも、144Hz出力が可能であった。

144Hz_HDMI_Lenovo_001

フルHD,TrueColor(32bit)でのHz(ヘルツ)選択肢は、以下の通り。

144Hz_HDMI_Lenovo_002

ビデオメモリーは、本体RAMから2GBが取られる模様。

144Hz_HDMI_Lenovo_003

カスタマイズ標準では、RAMは8GB(8GB×1枚か4GB×2枚)であるが、ビデオに2GB取られるので、できれば16GBに増設しておきたい。

カスタマイズで8GB×1枚としておき、残る空スロット1箇所(写真右下)に自分でメモリーを増設すれば、安く済む。

M.2とRAM_Lenovo

Lenovoでメモリー込で買うと高杉流から、自分で増設(ヤ)る!

RAM選択_Lenovo

で、私が購入したのは、以下のメモリーである。

JM2666HSB-8G_Lenovo

Transcend ノートPC用メモリ PC4-21300(DDR4-2666) 8GB 260pin SO-DIMM 1.2V CL19 (無期限保証) JM2666HSB-8G

Transcend ノートPC用メモリ PC4-21300 (DDR4-2666) 8GB 260pin SO-DIMM 1.2V CL19 (無期限保証) JM2666HSB-8G

AMDはIntelに比べメモリーの相性がキツゐが、これなら無問題だろう。

当初から搭載されていたメモリーもPC4-21300(DDR4-2666)なので、速度が一致し、8GB×2枚=合計16GBとなる。

2枚挿しでデュアルチャンネル動作となるため、容量ダケでなく、パフォーマンス(性能)も上がる。

RAM16GB_Lenovo

なお、AMD Ryzen 5 Pro 3400GEの最大メモリー速度は、PC4-23400(DDR4-2933)である。

RAMのモジュール規格



・PC4-17000(DDR4-2133)
・PC4-19200(DDR4-2400)
・PC4-21300(DDR4-2666) ← 標準及び増設
・PC4-23400(DDR4-2933) ← 上限
・PC4-24000(DDR4-3000)
・PC4-25600(DDR4-3200)
・PC4-30400(DDR4-3800)
・PC4-32000(DDR4-4000)

上限以上のメモリーを付けても動くが、速度はPC4-23400(DDR4-2933)に合わされる。

なンで、標準で搭載されているRAMの速度と合わせておくンがヨカロ〜?

より高速で価格の高いPC4-25600(DDR4-3200)を買っても、PC4-23400(DDR4-2933)で動くコトになるし、相方(標準)がPC4-21300(DDR4-2666)なンで、無駄になるからね。

タドァ、今後、別のマシンへの流用を考えている場合はシラン(SILANE)。

1TBのHDD(Seagate)の速度



注文時のカスタマイズで1TBのHDDを選択すると、SeagateのBarraCuda(ST1000LM049-2GH172)が付いてくる。

ST1000LM049-2GH172_001

搭載されているのは組込用であり、市販品であるST1000LM049とは見た目が異なるが、スペックは同じである。

Seagate Barracuda Pro 2.5インチ 1TB 内蔵ハードディスク HDD ノートブックPC向け 5年保証 6Gb/s 128MB 7200rpm 正規代理店品 ST1000LM049

速度は以下の通り。

ST1000LM049-2GH172_002

------------------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 7.0.0 x64 (C) 2007-2019 hiyohiyo
Crystal Dew World: https://crystalmark.info/
------------------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

[Read]
Sequential 1MiB (Q= 8, T= 1): 152.472 MB/s [ 145.4 IOPS] < 54620.59 us>
Sequential 1MiB (Q= 1, T= 1): 141.356 MB/s [ 134.8 IOPS] < 7391.53 us>
Random 4KiB (Q= 32, T=16): 1.149 MB/s [ 280.5 IOPS] <667434.77 us>
Random 4KiB (Q= 1, T= 1): 0.547 MB/s [ 133.5 IOPS] < 7471.30 us>

[Write]
Sequential 1MiB (Q= 8, T= 1): 121.637 MB/s [ 116.0 IOPS] < 68329.05 us>
Sequential 1MiB (Q= 1, T= 1): 137.117 MB/s [ 130.8 IOPS] < 7631.61 us>
Random 4KiB (Q= 32, T=16): 1.367 MB/s [ 333.7 IOPS] <519799.38 us>
Random 4KiB (Q= 1, T= 1): 1.334 MB/s [ 325.7 IOPS] < 3063.98 us>

Profile: Default
Test: 1 GiB (x5) [Interval: 5 sec]
OS: Windows 10 [10.0 Build 18363] (x64)

7200回転品であり、昔のウトゥになるような低速ではなモノノ、やはりHDDを起動ドライブにすると遅いので、起動は2.5インチのSSD(但し7mm厚品限定、後述)とするか、資金に余裕があるならMVMeのSSDとしたいトコロだ(後述)。

M.2のSSD(NVMe)を増設



メモリー同様、LenovoでNVMe込で買うと高杉流から、コレも自分で増設(ヤ)る!

M.2選択_Lenovo

選択したM.2のSSD(NVMe)は、AGIのAGI512G16AI198(512GB)である。

AGI_AGI512G16AI198

残念乍ら、現在品切れであるが、NTT-X Storeが安ゐンで、探シてムィテ!



NVMe(NVM Express)のSSDに限れば、AGIのAGI512G16AI198は容量あたりの単価が最安レベルのハヅだ。

価格推移グラフ_AGI_512G16AI198

NTT-Xだと、AGI 512G16AI198の価格は5,680円(送料無料)なので、1GBあたり11.09円!!

搭載は、先のメモリー(RAM)同様、カンタンである。

HDD(1GB)で注文し、到着後HDDでWindowsを起動、「回復ドライブの作成」でUSBメモリーで回復ドライブを作成し、SSD搭載後にWindowsを回復すればよい。

回復ドライブの作成

なお、回復ドライブ作成用のUSBメモリーは16GB以上と言われているが、本機の場合は8GBで作成可能であった。

回復後、速度を測ると、サスガはNVMe、速度はメティアクティア速ゐドェ〜!

速度計測_AGI512G16AI198_AGI

------------------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 7.0.0 x64 (C) 2007-2019 hiyohiyo
Crystal Dew World: https://crystalmark.info/
------------------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

[Read]
Sequential 1MiB (Q= 8, T= 1): 2004.133 MB/s [ 1911.3 IOPS] < 4182.39 us>
Sequential 1MiB (Q= 1, T= 1): 1769.266 MB/s [ 1687.3 IOPS] < 591.90 us>
Random 4KiB (Q= 32, T=16): 948.497 MB/s [ 231566.7 IOPS] < 2208.96 us>
Random 4KiB (Q= 1, T= 1): 51.186 MB/s [ 12496.6 IOPS] < 79.76 us>

[Write]
Sequential 1MiB (Q= 8, T= 1): 1646.909 MB/s [ 1570.6 IOPS] < 5081.31 us>
Sequential 1MiB (Q= 1, T= 1): 1636.961 MB/s [ 1561.1 IOPS] < 639.57 us>
Random 4KiB (Q= 32, T=16): 944.222 MB/s [ 230522.9 IOPS] < 2218.81 us>
Random 4KiB (Q= 1, T= 1): 127.266 MB/s [ 31070.8 IOPS] < 31.93 us>

Profile: Default
Test: 1 GiB (x5) [Interval: 5 sec]
OS: Windows 10 [10.0 Build 18363] (x64)

このSSDを起動ドライブ(Cドライブ)としているが、起動ゴツ速く!その後の動作もサク!策!サク!策!

関連:NVMeSSDの速度計測と価格下落(2020年2月)

サク!策!サク!策!サク!策!サク!策!サク!策!サク!策!サク!策!サク!策!サク!策!サク!策!サク!策!サク!策!サク!策!サク!策!サク!策!サク!策!サク!策!サク!策!サク!策!サク!策!

注文時のカスタマイズで、HDDをナシにしてSSD(NVMe)にする方法もあるが、Lenovo公式で入れるとSSD(NVMe)は高いし、最安のSSD(NVMe)は128GBで容量が小さく、スグに埋まってしまうだろう。

なお、1TBのHDDと、128GBのSSD(NVMe)は、13,200円で同価格。

ドライブレスにはできないので、どちらかを選択しなければならない。

なンで、1TBのHDDの選択し、空いたM.2に自分で買ったAGI512G16AI198(512GB,AGI)を入れた次第である。

このアタリのカスタマイズについては、以下の動画を参照されたい。



購入はココThinkCentre M75q-1 Tiny(価格.com限定品)

無線LAN(Wi-Fi)とBluetooth



内蔵の無線LAN(Wi-Fi)とBluetoothは、Lenovoで注文すると4,400円だ。

Wi-Fi_Bluetooth_Lenovo

自分で用意する場合、NGFF key E(M.2 2230)が適合する。

例えば、Intelの9260NGWや、後継のAX200NGWがある。

インテル Intel Wireless-AC 9260 5GHz/2.4GHz 802.11ac MU-MIMO 1.73Gbps Wi-Fi + Bluetooth 5 Combo M.2 無線LANカード 9260NGW

1枚の板で、無線LAN(Wi-Fi)とBluetoothが追加されるのだ。

9260NGW
・発売:Q4 2017
・Wi-Fi:802.11ac(Wi-Fi 5)
・最大通信速度:6.9Gbps (最高速 1.73Gbps)
・Bluetooth 5.0

AX200NGW
・発売:Q2 2019
・Wi-Fi:802.11ax(Wi-Fi 6)
・最大通信速度:9.6Gbps (最高速 2.4Gbps)
・Bluetooth 5.1

共にIntel製品であるため、ドライバーはWindows10が標準で持っており、増設するだけで使用可能となる(パスワード等の設定は必要)。

コレを、マザーボード上のM.2(2230サイズ:幅22mm、長さ30mmの意)に挿すワケだが、Lenovoで「ナシ」で注文した場合、ネジやアンテナは付属していないので注意!

M.2(2230サイズ)_Lenovo

板自体は2千円程度で買えるが、アンテナの問題があるので、面倒ならLenovoで込み(4,400円)で買ってもいいだろう。

カネを使いたくないなら、有線接続(青歯ナシ)とするか、USB接続の子機(青歯ナシ)となる。

BUFFALO WiFi 無線LAN 子機 WI-U3-866DS 11ac 866+300Mbps USB3.0
BUFFALO WiFi 無線LAN 子機 WI-U3-866DS 11ac 866+300Mbps USB3.0

Bluetoothも、USBで追加できる。

エレコム Bluetooth USBアダプタ 超小型 Ver4.0 EDR/LE対応(省電力) Class2 Windows10対応 LBT-UAN05C2
エレコム Bluetooth USBアダプタ 超小型 Ver4.0 EDR/LE対応(省電力)  Class2  Windows10対応 LBT-UAN05C2

小型とは言え、USB端子が占有されるため、できれば内蔵(M.2 2230)としたいが...

当然、子機が802.11ac(Wi-Fi 5)や802.11ax(Wi-Fi 6)であっても、親機が対応していなければ、速度は低いモノとなる。

古ゐ親機を使っているのなら、この機に買い替えを検討されたい。

最新の802.11ax(Wi-Fi 6)でなくとも、802.11ac(Wi-Fi 5)かつ5GHz帯対応のモノなら、安く買えるハヅだ。

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WHR-1166DHP4 11ac ac1200 866+300Mbps デュアルバンド 3LDK 2階建向け 【iPhone8/iPhoneX/iPhoneXS/Amazon Echo メーカー動作確認済み】
BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WHR-1166DHP4 11ac ac1200 866+300Mbps デュアルバンド 3LDK 2階建向け 【iPhone8/iPhoneX/iPhoneXS/Amazon Echo メーカー動作確認済み】

ツールレス(オープンシャーシ)



本体内部にアクセスするには、背面のネジ(インチネジ)を1つ外すだけでOKである。

背面のネジ_Lenovo

注文時のカスタマイズで「ツールレス(オープンシャーシ)」を選択すると、手回しネジとなり、ドライバー不要で開けられるが、たったソレだけで1,100円は高杉流!

ツールレス(オープンシャーシ)_Lenovo

アマゾンで買うと、300円しないから(笑)、ついでに買っておくとヨカロウ。

アイネックス ハンドルネジインチ黒 PB-031BK
アイネックス ハンドルネジインチ黒 PB-031BK

BIOSのアップデート



プリインストールされている「Lenovo VANTAGE」という管理ソフトで、BIOSのアップデートができるのでやっておくとヨカロ〜。

更新を確認したトコロ、バージョン「M2FKT1CA(20 Dec 2019)」が発見されたので、アップデートをしておいた。

BIOS_M2FKT1CA_Lenovo

DOS風の画面が現れて、勝手にアップデートしてくれる(再起動が必要)。

昔のように、起動ディスク(フロッピー)を用意し、文字をタタく必要はないw

ゲームの動作は?



CPU(APU)内蔵のGPU(Radeon Vega 11 Graphics)であるため、ガティのビデオカード搭載機には全く及ばないが、Intelの内蔵ビデオ(Intel HD/UHD Graphics)に比べると、かなりゑ〜模様。

ココでは、比較的新しいゲーム(PUBG Liteとエースコンバット7)を挙げておく。





他の画質設定やゲーム、及びベンチマークの動作状況については、以下の再生リストを参照されたい。

再生リスト:Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny

ACアダプターで性能向上?



ゲーム負荷時の消費電力をワットチェッカーでモニターしてみると、60W前後に達しているので、本品付属のACアダプター(65W=20V×3.25A)を130W品(20V×6.75A)などに変えれば、スコアは上がると思われる。

Radeon Vega 11 Graphicsにしてはイマイチだなぁ...と感じるのは、本体の性能不足ではなく、ACアダプターの非力さによる、電力不足だったのだ!

だが、注文時のカスタマイズでは、ACアダプターは65W品のみで、他の選択肢がナイのヌェ...

本機は薄型筐体で排熱ファンも薄いので、発熱を考慮して65Wで意図的に止めてると思われる。

調子に乗ッて130WのACアダプターを使(トゥコ)て、夏場ゑルァゐコトになッてもシラン(SILANE)で...

9.5mm厚のSSDは搭載不可!



余っている2.5インチのSSD(9.5mm厚)を搭載しようとしたら、厚すぎて固定できない罠wwwww

9.5mm厚SSD

厚ゐサカゐ/堺、穴(アヌァ)の位置が微妙に合わンのね!

標準で載ってる1TBのBarraCuda(Seagate)の厚みは7mmなので、どうやら7mm専用ッポゐ。

最近の2.5インチSSDの厚みは7mmなので無問題だが、古ゐ(厚ゐ)SSDを搭載しようとしている人は要注意ヌェ!

注文時のカスタマイズ方法



Eクーポンコード:ADKAKAKUOFFWE(80,080円引き)

構成をカスタマイズして3.2万円程度に抑ゑる方法は、以下の動画を参照のコト。



購入はココThinkCentre M75q-1 Tiny(価格.com限定品)

但し、平日だと、クーポンコードが変わり、割引も小さくなる模様(下図赤丸部分)。

平日_lenovo
↑平日の様子

金曜日の夜からADKAKAKUOFFWE(80,080円引き)が復活するようなので、安く注文するなら金曜夜,土曜,日曜を狙おう!

# 厳密には、月曜日の午前早くでもOKのよう(金曜同様、午前零時には連動していない)。

ADKAKAKUOFFWE(80,080円引き)

購入はココThinkCentre M75q-1 Tiny(価格.com限定品)

関連:[16,980円] ゲーミングモニター(C24G1/11,144Hz,24型,FHD,VA)を注文した件 [曲面パネル]

関連:[15,980円] ゲーミングモニター(C24G1/11,144Hz,24型,FHD,VA)がさらに安価になってる件 [曲面パネル]







BUFFALO WiFi 無線LAN 子機 WI-U3-866DS 11ac 866+300Mbps USB3.0
バッファロー (2017-05-16)
売り上げランキング: 1,225


アイネックス ハンドルネジインチ黒 PB-031BK
AINEX (2014-05-30)
売り上げランキング: 2,022

[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



現在、NASは、NETGEARのReadyNAS 104を使用中。

NETGEAR ReadyNAS 104 3年保証 4ベイ Diskless 個人/SOHO RN10400-100AJS

現在使用中の、実際の値

3TBを4台搭載、X-RAID(RAID5)、アプリなし

ReadyNAS 104_2019年9月

・データ:5.72TB
・スナップショット:3.40GB
・空き:2.43TB

つまり、データ保存領域は、約8.15TB。

メーカーが謳うデータ保存領域は、12TBを4台で33TB。

これから計算するに、

・8TBを4台:22TB
・6TBを4台:16.5TB
・4TBを4台:11TB
・3TBを4台:8.25TB

実際の値と比べると分かるが、スナップショットなどにより、容量はさらに減る。

2019年9月頭時点での、HDDの価格(容量あたり単価で最安のもの)

・4TB(ST4000DM004):7,300円(1,825円/TB)
・6TB(ST6000DM003):11,500円(1,917円/TB)
・8TB(ST8000DM004):15,700円(1,962円/TB)

# WDよりもSeagateの方が安い。

10TBとなると、最安でもST10000VN0004(31,100円=3,110円/TB)と、ゴツ高ゐ。
12TBとなると、最安でもST12000VN0007(37,400円=3,117円/TB)と、ゴツ高ゐ。

14TB(ST14000VN0008)となると、メティアクティア高ゐ。
16TB(ST14000VN0008)となると、メティアクティア高ゐ。

よって、コスパと容量を考えると、8TBを4台として、22TBのNASを作るのがベスト。

ReadyNAS 104の後継であるReadyNAS 214が出ており、格段に性能が向上しているので、遅すぎる旧機種を選ぶ意味はない。

旧機種:ReadyNAS 104
CPU:シングルコア(1.2GHz)
RAM:512MB

新機種:ReadyNAS 214
CPU:クアッドコア(1.4GHz)
RAM:2GB

性能向上は、CPUで4倍以上、RAMでも4倍以上!

# かとゐッて、R/W速度が4倍になるハヅはナゐグァw

NETGEAR NAS ディスクレス 4ベイ スマホ/タブレット対応 アンチウィルス クラウド対応 ReadyNAS 214 3年保証 RN21400-100AJS

関連:ReadyNAS214とReadyNAS104の新旧性能比較(NETGEAR)

関連:NAS(ReadyNAS104)の容量と速度に悩ムァされてゐル事案!

そのコストは...

ReadyNAS 214:25,300円×1=25,300円
・8TB(ST8000DM004):15,700円×4=62,800円

ReadyNAS 214_2019年9月_アマゾン

合計:88,100円

意外とスルね...

結局、HDDが高ゐ!

容量増大の鈍化、そして価格下落の鈍化。

神乃國のメーカーが撤退し、雨工のSeagateやWDが独占、談合でウラで組み、闇会合で話シ合ゐをしてる状況では、容量も増えず、安くなるハヅもナゐ!


神乃國のメーカーが生き残っていれば、イマゴロ25TBで5千円が普通になってるンかはシラン(SILANE)。









[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



Eクーポンコード:ADKAKAKUOFFWE(80,080円引き)

構成をカスタマイズして3.2万円程度に抑ゑる方法は、以下の動画を参照のコト。



購入はココThinkCentre M75q-1 Tiny(価格.com限定品)

・CPU:AMD Ryzen 5 Pro 3400GE (3.30GHz,L2 2MB,4Core 8thread)
・GPU:Radeon Vega 11 Graphics (CPUに内蔵)
・RAM:8GB PC4-21300 SODIMM
・Windows 10 Home 64bit
・DisplayPort, HDMI

Ryzenなンで、メモリはデュアルチャンネル(2枚挿シ)がゑ々ヤロ/野郎ヌェ!(パフォーマンスに大きな差が出る)

不要なシナモノを精密に徹底的に完璧に除去し、価格を下げるコト!

購入はココThinkCentre M75q-1 Tiny(価格.com限定品)

Lenovo(レノボ)の是、注文シたけど、納期が「最短1-2週間程度」とのコトなので、少し先ドァヌェ...

備考や気になる点



現在のメインマシンのCPUはCore i7 6700であるが、調べるとAMD Ryzen 5 Pro 3400GEはその若干下とあるが、さすがにCore i7 6700の方がもっと上だろう?

本機搭載のAMD Ryzen 5 Pro 3400GEはAMD Ryzen 5 3400Gよりは若干性能が低いが、TDPがAMD Ryzen 5 Pro 3400GE(35W)、AMD Ryzen 5 3400G(65W)であり、メティアクティア省電力。
ACアダプターは65Wであり、アイドル時の消費電力は12W程度、高負荷時は75W程度らしい、現在のメインマシンはアイドル時でも80W程度あるので、電気代を大きく下げられる?

AMD Ryzen 5 Pro 3400GEの最大メモリー速度はPC4-23400(DDR4-2933)だが、本機搭載のメモリーはPC4-21300(DDR4-2666)
マザーはPC4-23400(DDR4-2933)を受けるのか?

AMD VCE(Video Codec Engine)による(動画の)ハードウェアエンコードが可能?

内蔵GPU(Radeon Vega 11 Graphics)で、どこまでゲームができるのか?
軽めとされるPUBG-Lite、古ゐゲームであるCall of Duty: GHOSTSとか。

DisplayPort接続とHDMI接続の各々で、どのくらいFPSが出るのか?

裏面にあるM.2(Type2280)に挿せるSSDは、NVME(PCIe)のみで、SATAは非対応?

512GB程度のNVME-SSDを別途購入して起動ドライブとし、2.5インチベイには標準付属とした1TBのHDDをそのまま載せてデータ用とするか、余っているSSDを載せるか。
あまり使わないようなら、起動ドライブは256GB程度でもヨカロウ。

メモリーは、標準付属とした8GB×1枚に、別途8GBを加えた合計16GB(デュアルチャンネル)とシタゐ。

ネットワークは、有線接続とするか、余っているUSB型の無線子機とするか。

キーボードやマウスは、既にあるモノを利用する。

本機は小型軽量なンで、場所を取りたくないという向きには最適。

各部名称_Lenovo

私にとッては、メイン機(Intel,Core i7 6700)とサブ機(Intel,Core i7 2600K)がある中、AMDでクミタイが、さらに筐体(ケース)を追加シてナニするのもアレ杉流ンで、本機は最適と思ッた次第。

購入はココThinkCentre M75q-1 Tiny(価格.com限定品)

追記:平日だと、クーポンコードが変わり、割引も小さくなる模様(下図赤丸部分)。

平日_lenovo
↑平日の様子

追記:2020年1月24日(金)の20時にはADKAKAKUOFFWE(80,080円引き)が復活しているので、土日とゆぅより、金曜日の晩から安くなる模様?

ThinkCentre M75q-1 Tiny:価格.com限定 パフォーマンス



土日

・販売価格:129,800円
・Eクーポンコード:ADKAKAKUOFFWE(80,080円引き)
・クーポン適用後:49,720円

平日

・販売価格:129,800円
・Eクーポンコード:ADKAKAKUOFFJL0123(77,110円引き)
・クーポン適用後:52,690円

2,970円ほど、平日の方が高くなるので、安く注文するなら土日を狙おう!

追記:2020年1月24日(金)の20時にはADKAKAKUOFFWE(80,080円引き)が復活しているので、土日とゆぅより、金曜日の晩から安くなる模様?

追記:2020年1月31日(金)の夜にも、80,080円引きのクーポン復活を確認。

ADKAKAKUOFFWE(80,080円引き)

購入はココThinkCentre M75q-1 Tiny(価格.com限定品)

追記:SSDとRAMの増設を行った!

関連:[Lenovo] ThinkCentre M75q-1 Tiny の SSD(M.2,NVMe)とRAM(メモリー)の増設 [レビュー]




[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



AviUtlがテスト版であるが、更新されている模様。

AviUtl

・2013/04/01:ver 1.00
・2019/08/18:ver 1.10rc1

であるから、更新は実に6年ぶり?

更新内容は、

・ビルド環境の更新とそれに伴う調整をした。
・映像のキャッシュを共有メモリで確保するようにした。
・キャッシュサイズの指定をメモリ容量で指定するようにした。
・メモリの確保失敗時にキャッシュサイズを調整して再試行できるようにした。
・LargeAddressAwareを常に有効にするようにした。
・システム設定の初期値を一部変更した。

とある。

システムの設定を見ると、「キャッシュフレーム数」がなくなり、「キャッシュサイズ」となってる。

システムの設定_AviUtl_v1.00
↑AviUtl_v1.00

システムの設定_AviUtl_v1.10rc1
↑AviUtl_v1.10rc1

「キャッシュサイズ」とは...

映像用のキャッシュのサイズをMByte単位で設定します。
共有メモリで確保するので32bitアプリのメモリの制約を受けません。
設定できるキャッシュサイズは32〜1048576です。


最大で1,048,576MBというコトで、32bitプロセスの4GB制限を超えられるようになった模様。

最近のパソコンは、メモリーをフンダンに搭載している(ワシのメイン機は32GB)ので、ソレが生かせるようになる?

# メモリーをフンダンに積み、キャッシュサイズを上げても、操作が軽くなるワケではない。

64bitにガティで対応し、昨今のハード環境に最適化されれば、まさに「最強」となるだろう。

本件により、よりハイスペックなマシンが欲しくなるのかはシラン(SILANE)。

関連:Windows10のアップデート(1903)と、第三世代Ryzenへの移行を検討?

ダグァ、

iniファイルの書き込みに失敗しました_AviUtl

は?

Application Exception_AviUtl

---------------------------
AviUtl : Application Exception
---------------------------
アドレス"0x75A53442"で例外"0x0eedfade"が発生しました

発生モジュール : KERNELBASE.dll
オフセットアドレス : 0x00113442
備考 : FILTER::func_exit() [リサイズフィルタ]

正常な動作が出来ない可能性がありますが処理を継続しますか?


は?

aviutl.iniが読み取り専用になっているトカではない。

右クリックで管理者として実行すると、これらのエラーは出なくなるが、ファイルのドラッグ&ドロップでは読めなくなるので面倒(以前から)。

「互換性」で「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れておくと、右クリックせヅとも、管理者として実行できる。

管理者としてこのプログラムを実行する_AviUtl

だが、v1.00は管理者実行ではないが無問題であり、管理者として実行してなくてもエラーが出ない方法があったのかは、ヅゐヴン昔のコトなのでシラン(SILANE)。

関連:AviUtlでピクセルリサイズ的な拡大をする方法 - アンチエイリアス回避

関連:[NVIDIA] Low Latency Mode が追加された件 [GeForce GTX 1060]
[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



2019年8月20日に、NVIDIAの公式ドライバー(GeForce Game Ready Driver)がアップデートされ、v436.02となった。

GeForce Game Ready Driver_v436.02

フォデ、NVIDIA コントロールパネルを見ると、Low Latency Modeが追加されてる。

Low Latency Mode_NVIDIA

NVIDIA コントロールパネルへはNVIDIA GeForce Experienceからは行けず、NVIDIA コントロールパネルを直接開く必要があるンかはシラン(SILANE)。

Latency(レイテンシー)とは、英語力5萬(指標不明)のワシからすると「潜在、潜伏」という意味だが、コンピュータ的には「待ち時間、遅延」という意味であるのは、ルー大柴程度の似非英語力、ゐや、英単語力では分からないだろう。

Low Latency Modeは、NVIDIA コントロールパネル>3D設定>3D設定の管理>グローバル設定 と進むとある。

選択できる項目は、Off(デフォルト)、On、Ultraの三種類。

描画が間に合わない時に、取り急ぎ前のフレームを出すことで、Latency(遅延)を感じにくくする、いわゆる「ゴマかし及びダマし」的なアレでナニか思われる。

隠蔽!改竄!虚偽!捏造!偽装!詐川!

この機能、競合AMD(代表はゴツゐかツゐオバチャン)の「Radeon Anti-Lag」のパクリなンかはシラン(SILANE)。

最新のビデオカードないと選択できないのでは?と思われるかもしれないが、何世代前かはシラン(SILANE)けど、GeForce GTX 1060 AERO ITX 6G OC(MSI)でも選択できるようだ。



関連:[MSI] GeForce GTX 1060 AERO ITX 6G OC 開封レビュー [NVIDIA]

なお、「Ultra」は、DirectX 9及びDirectX 11対応のゲームタイトルで効果があるとのこと。

ツマリ、DirectX 12では効果がないwwwww

隠蔽!改竄!虚偽!捏造!偽装!茂のムァゴ!

で、項目毎の違いや差であるが、ンなモンちょっと見たトコロで分かるハヅなゐヤロ!ドァヴォ!!

コレは寡頭加藤の仕事や!ドァヴォ!!

さらに、このドライバーでは、「GPU Integer Scaling」という機能も追加されている。

グァ、これが利用できるのは、GeForce RTX 20シリーズ及びGeForce GTX 16シリーズのみ。

ツマリ、Turing世代のGPUでしかサポートしていないwwwww

当然、Turingより前のPascal世代であるGTX 1060は非対応!

隠蔽!改竄!虚偽!捏造!偽装!信介のムァゴ!

なお、2019年8月のメインマシンの構成を、以下に付しておく。

・CPU:Core i7-6700(Skylake)
・M/B:H170M Pro4(ASRock)
・RAM:32GB(8GB×2枚8GB×2枚)
・GPU:GeForce GTX 1060 AERO ITX 6G OC(MSI)
・SSD:SDSSDXPM2-500G-J25(500GB,M.2,SanDisk)
・電源:MPX-7501-AMAAB-JP(750W,CoolerMaster)
・OS:Windows10 Pro(64bit)

関連:Windows10のアップデート(1903)と、第三世代Ryzenへの移行を検討?

関連:GeForce Experience の NVIDIA ShadowPlay(Share) による録画方法詳解

関連:NVIDIA GeForce Experience にログインが必要な件!

関連:[NVIDIA] ドライバーのインストールでエラーになる件! [GeForce GTX 1060]

関連:Intel HD Graphics(内蔵ビデオ,iGPU,QSV)とビデオカード(NVIDIA GeForce,NVENC)を共存させる方法

関連:[MSI] GT 1030 2G LP OC と GeForce GT 1030 2GD4 LP OC の比較と注意点! [NVIDIA]

MSI GeForce GTX 1060 AERO ITX 6G OC グラフィックスボード VD6307
MSI COMPUTER (2017-04-08)
売り上げランキング: 12,711



[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ