PUBG MOBILE向けの、公式エミュレーターである「Tencent Gaming Buddy」を使ってプレイする。

Tencent Gaming Buddy_000

関連:Tencent Gaming Buddy

卑怯ジャネ?チュ〜んは、世の中、卑怯勝ち!とゐぅ正解を提示する一方、
コレでプレイすると鯖がPC版に振り分けられるンで、条件が同じモノ同士の戦いとなり、何ら問題とはナラン。

キサマのような厨房の「エミュ卑怯!エミュ卑怯!」は、即刻噛革法相扱ゐ案件となる。

荒野行動にはPC版(モバイル版とは鯖以外も別)があるが、
PUBG MOBILEでソレを用意するンは面倒杉流ンで、コレを使ぅ〜てッてコトだろう。

上記からダウンロードした GameDownload_PUBG_MOBILE_xxx.exe を実行すると、以下の画面になるンで、

Tencent Gaming Buddy_001

Installをクリックする。

ンどぇ、

以下の画面で待つ。

Tencent Gaming Buddy_002

エミュレーターだけでなく、PUBG MOBILEも同時に入る。

一般的なAndroidエミュレーターは、エミュレーターのみが入るが、Tencent Gaming Buddyはこの点が大きく異なる。

起動すると、以下のように「Youはエミュなンで、エミュユーザーとしかマッチングせンで!」とユワレル。

Tencent Gaming Buddy_003

操作方法は以下が画面右に表示されているが、一般的な操作方法なので、なンとかなるだろう。

Tencent Gaming Buddy_004

リュックはTabとか、マップはMだとか、ゲーム画面内にも表示されてるンで、特に問題はナイかと。

鯖は、アジア、北米、南米の3つ。

Tencent Gaming Buddy_007

で、動かしてみたンが、以下。



ティラティラするとか、カラダが表示されなゐ(敵ムォ!)とか、悲惨杉流内容だけど、以下の設定で直るンかはシラン(SILANE)。

Tencent Gaming Buddy_005

Tencent Gaming Buddy_006

当方のPCスペックは、以下の通り。

・CPU:Core i7-6700(Skylake)
・GPU:Intel HD Graphics 530(CPU内蔵)
・RAM:16GB(8GB×2枚)
・MB:H170M Pro4(ASRock)
・OS:Windows10 Pro(64bit)

ビデオカードは搭載しておらヅ、内蔵ビデオ(Intel HD Graphics)でのモノである。


Transcend デスクトップPC用 PC4-17000(DDR4-2133) 16GB 1.2V対応 288pin U-DIMM TS2GLH64V1B
トランセンド・ジャパン (2015-10-28)
売り上げランキング: 40,779

ASRock Intel H170チップセット搭載 MicroATXマザーボード H170M Pro4
ASROCK (2016-04-04)
売り上げランキング: 38,650






[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!