鯖用のゴツ高ゐハードディスクである、Seagate Constellation ES.2シリーズのST33000650NSである。

Seagate Constellation ES.2シリーズ 3.5inch SATA 6Gb/s 3TB 7200rpm 64MB ST33000650NS

ファームウェアのアップデート(0003→0006)があるンで、実行する。

ファームウェアは、公式から出ている管理ソフトである「SeaTools for Windows」を使ってもよいが、

ST33000650NS_Firmware_002

コレがヒド杉流出来なンで、以下のURLにアクセスし、

関連:SeaTools

左下にシリアル番号を入力してファームウェアを検索するとよい。

SeaTools_Firmware

出荷時のファームウェアより新しいものが出ている場合は、最新のファームウェアが提示される。

出ていない場合は、提示されない。

現在のファームウェアは、CrystalDiskInfo等で知ることができる。

ST33000650NS_Firmware_001

古いファームウェアが搭載されている場合はアップデートすべきであるが、データをバックアップしてから行う必要があるので面倒杉流!

今回はアップデートしてもデータは消ゑなかッたが、どうなるかはシラン(SILANE)ので、自己責任で。

最新のファームウェアが提示されると、ファイルのダウンロードができる。

起動可能なUSBメモリーを作成するツール、ないしは起動可能な光学メディアを作成するツール(ISO)だ。

ST33000650NS_Firmware_003

これらを作成し、BIOS/UEFIで起動順位を変更し、ファームウェアのアップデートを実行する。

対象ではないHDDやSSDは、念のために外しておくべきだろう。

今回はUSBメモリーで行った。

起動すると、以下の画面となる。

ST33000650NS_Firmware_004

,ファームウェアのアップデート、△ドライブ情報の取得、はログの確認だ。

むぁヅ、,鮗孫(キーボードの「1(ぬ)」を押す)し、ファームウェアのアップデートを行う。

成功したら、△鮗孫圓掘▲侫 璽爛ΕД△0003→0006になっているコトを確認する。

ST33000650NS_Firmware_005

起動順位等を元に戻し、Windowsが起動したら、再度CrystalDiskInfoでも確認しておこう。

ST33000650NS_Firmware_006

業務等で、一度稼働させると止めるコトができなゐ場合は、ファームウェアのアップデートの機会は限られてしまう。

休日出勤かな(佳奈)?

データのバックアップはゴツ時間かかるサカゐ(堺)、休日出勤+徹夜(ソノムァムァ職場に泊まッて翌朝始業)かな?

モティロン、休日手当の類は一切ナシwwwww

あぁ、ST33000650NSは古ゐHDDなンで、ソルォソルォ違うディスクに交換した方がゑ〜かもシレン(試練)。

今回のディスクでも、C5(代替処理保留中のセクタ数)やC6(回復不可能セクタ数)が出ており、健康状態は「注意(黄色)」だ。

SGのIRONWOLFを選ぶか、WDのRedを選ぶか?

クィムィの「ヨミ」が試されるッ?

関連:SeaTools for Windows - Seagateのディスクチェックツール

関連:SCT Write Same Eraseに失敗 - SeaTools for Windows

関連:ReadyNAS104の拡張ディスクテストが失敗、ソノ詳細を追ッたッた結果!!

関連:NAS(ReadyNAS104)の容量と速度に悩ムァされてゐル事案!

関連:ReadyNAS関連の記事










[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!