世界初のオートフォーカス機能を搭載した一眼レフカメラ、α-7000(ミノルタ)。

α-7000(ミノルタ)
α-7000(ミノルタ)

α-7000と同時(1985年2月)に発売されたレンズは、以下の12本?

AF 24mm F2.8
AF 28mm F2.8
AF 50mm F1.4
AF 50mm F1.7
AF 135mm F2.8
AF APO 300mm F2.8
AF ZOOM 28-85mm F3.5-4.5
AF ZOOM 28-135mm F4-4.5
AF ZOOM 35-70mm F4
AF ZOOM 35-105mm F3.5-4.5
AF ZOOM 70-210mm F4
AF MACRO 50mm F2.8

AF ZOOM 35-70mm F4は、α-7000とレンズキットとしてセットにされたので、使った方も多いだろう。

これらのレンズには、後にNewとなって改良されたものもある。

上にあるAF 50mm F1.4は、1998年12月にAF 50mm F1.4 Newとなり、コニカミノルタがカメラから撤退(2006年)しソニーに引き継がれた現在も、50mm F1.4(SAL50F14)として存在している。

この12本のレンズは、現在のαシリーズ(Aマウント)でも問題なく使用可能だが、画質的に厳しいものもある。

特に特に明るいレンズの開放時に顕著で、AF 50mm F1.4(初代)は絞らないと、ちょっと使えない。

AF 50mm F1.4(初代)
AF 50mm F1.4(初代)

30年近く経ったレンズが今も使えるのは素晴らしいことだが、フィルム時代とは異なり、容易に等倍で鑑賞できる今、無理して使うのはアレかと。

最新のAマウントカメラであるα77II(2014年6月)にAF 50mm F1.4(1985年2月)を装着
最新のAマウントカメラであるα77II(2014年6月)にAF 50mm F1.4(1985年2月)を装着

コーティングのデジタルへの適正化やADI調光対応、ピントリングが極狭でMFに苦労したAF MACRO 100mm F2.8が幅広ピントリングになったような改良もあるので、新たに手に入れるならソニーの現行品で。

SONY 50mm F1.4 SAL50F14
SONY 50mm F1.4 SAL50F14
posted with amazlet at 14.11.12
ソニー (2006-07-21)
売り上げランキング: 24,154


SONY 100mm F2.8 Macro SAL100M28
ソニー (2006-07-21)
売り上げランキング: 225,203







[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!