以前書いたJetDrive Lite(Transcend)だが、

関連:MacbookAirやMacbookProの容量不足を手軽に解消する方法 (SDカードスロットに増設メモリー) JetDrive Lite (Transcend)

64GB128GBしかないのね...





512GBが欲しいなと思っているのだがwwwww

MacBook Air 13型 Mid 2011
MacBook Air 13型 Mid 2011

JetDrive Liteは、Macbook Air(13型)に搭載されているSDカードスロットに挿して使う増設メモリー(MacBook Pro用もあり、後述)。

右側面にSDカードスロットがある
右側面にSDカードスロットがある

普通のSD(HC)カードを挿しても増設は可能だが、飛び出るのが問題。

普通のSD(HC)カードだと飛び出る
普通のSD(HC)カードだと飛び出る

飛び出ままケースに入れて持ち運ぶと、カードに負荷が掛かって壊れそうだ。

挿しても飛び出ないよう、JetDrive Liteは設計されている。

挿し込んで
挿し込んで

押すと
押すと

飛び出ない!
飛び出ない!

私のMacbook Air(13型)のSSDは256MBだが、BootCampでWindowsも入れてある。

BootCamp
BootCampによりMacとWinで使用中

256MBのSSDを折半しているため、各々に割り当てられる容量は128GBとなり、不足がちだ。





256GBや512GBのJetDrive Liteがあれば、一眼で撮影したデータを退避させるには十分な容量となるのだが...

なお、11型のMacbook AirにはSDカードスロットがないので、JetDrive Liteでの増設はできない。

MacBook Proにも同様にJetDrive Liteがあるが、種類や年式などによりJetDrive Liteの型が異なるので注意しよう。

JetDrive Liteの対応表
JetDrive Liteの対応表

<MacBook Air 13型>
・Late 2010
・Mid 2011
・Mid 2012
・Mid 2013
Early 2014

JetDrive Lite 130 (64GB)
JetDrive Lite 130 (128GB)

-----

<MacBook Pro(Retina) 13型>
・Late 2012
・Early 2013
・Late 2013
Mid 2014

JetDrive Lite 330 (64GB)
JetDrive Lite 330 (128GB)

-----

<MacBook Pro(Retina) 15型>
・Mid 2012
・Early 2013

JetDrive Lite 350 (64GB)
JetDrive Lite 350 (128GB)

-----

<MacBook Pro(Retina) 15型>
・Late 2013
Mid 2014

JetDrive Lite 360 (64GB)
JetDrive Lite 360 (128GB)

-----

これらの対応があるのは、同じSDカードスロットでも、深さがなどが異なるのだと思う。

MacBook Pro(Retina)は3種類(容量を含めると6種類)あるので、特に注意だ。

自分の使っているMacの年と時期が分からない場合は、以下の方法で調べられる。

画面左上の「リンゴマーク」をクリック
画面左上の「リンゴマーク」をクリック

「このMacについて」をクリック
「このMacについて」をクリック

「詳しい情報」をクリック
「詳しい情報」をクリック

機種名と時期,年が表示される
機種名と時期,年が表示される

私の場合、MacBook Air 13型 Mid 2011ね。







[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!