関西国際空港(KIX)に行く機会があったので、SIMカードの自販機を探してきた。

SIMカード自販機@KIX

設置場所は、第一ターミナルビル1階の北と南の端の二箇所で、各々1台(下図赤矢印)。

第一ターミナルビル1階

左右対称に置かれている感じだね。

容量と価格は、500MBで5,000円、100MBで3,000円の二種類。

やはり高い。

サイズは、標準SIMとマイクロSIM、ナノSIMの三種類。

つまり、合計六種類。

但し自販機でSIMカードの入っている箇所は八箇所あり、

SIMカードの種類

上から

500MB 標準SIM
500MB マイクロSIM
500MB マイクロSIM
500MB ナノSIM
300MB 標準SIM
300MB マイクロSIM
300MB マイクロSIM
300MB ナノSIM

となっており、マイクロSIMの取り扱いが多いようだね。

第一ターミナルビル1階は到着ロビーなので、海外から日本に来た人が利用するのだろうが、目立たない場所にあるのが問題だと思う。

赤矢印の先
赤矢印の先

Telephoneと書かれたプレート(写真ではオレンジ色の板)の陰に設置されている
Telephoneと書かれたプレート(写真ではオレンジ色の板)の陰に設置されている

南側も同様。

南側のSIMカード自販機
南側のSIMカード自販機

So-net(a Sony Company)とあるね。

So-net(a Sony Company)
So-net(a Sony Company)

自販機に表示されている案内は、日本語、英語、簡体中文、繁体中文の四言語。

日本語、英語、簡体中文、繁体中文の四言語
日本語、英語、簡体中文、繁体中文の四言語

ハングル(朝鮮語)はなかったね。

関空にはJR西日本南海電鉄が乗り入れているが、大阪市内中心部に行くには時間がかかりすぎる。

青(左)がJR、赤(右)が南海電鉄

・JR西日本:天王寺駅まで:関空快速
・南海電鉄:なんば駅まで:南海空港線空港急行

両者ともに約55分だから、1時間はみておく必要がある。

東京駅〜羽田空港(HND)のよう(東京モノレールJR東日本で約30分)にはいかない。

関西国際空港内には、羽田空港行きの乗客のために、東京モノレール京急電鉄の券販売機が設置されている。

東京モノレールと京急電鉄の券販売機
東京モノレールと京急電鉄の券販売機

この券売機の利用者は少ないだろうけどwwwww

関西国際空港は国内線と国際線の両方の空港。

羽田空港は国際線もあるが、国際線はやはり成田国際空港(NRT)。

東京から成田空港までは1時間半かかるので、関西国際空港は近い方なのか?



世界のエアライナー 関西国際空港 2012 HD [DVD]
(有)トライスター (2011-11-25)
売り上げランキング: 110,265


世界のエアライナー 成田国際空港 2012 HD [DVD]
(有)トライスター (2011-12-20)
売り上げランキング: 64,086




[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!