内部試験サーバーに、Movable Type 3.X.Xという、非常に古いバージョンが残っている。

Movable Type 3.X.X

セキュリティー的にもよくない(内部だが)ので、これを最新の 6.0.3 にアップグレードしたいが...

関連:最新のMT情報

4と5を飛ばして6、かなり進んでいるが、問題なくアップグレードできるのだろうか?

MT6.0.3はMySQL 5.xを使用とのことだが、MT3ではDBを使用していなかったはず。

最新のMTでも、DBを使用しない運用は可能なのだろうか?

関連:Movable Type 6 へのアップグレード

関連:アップグレード時に、新しいディレクトリにコピーするファイル

関連:Movable Type 3, 4, 5 から6へのアップグレード

新規で最新のMTを入れて、MT3から書き出していた(エクスポート)のをインポートしようと考えたが、MT3にはエクスポート機能がない?

まぁ、失敗する可能性が非常に高いが(笑)、アップグレードしてみよう。

失敗する可能性が高いと避けていた結果、3止まりとなってしまっていたのだ。

四、五千のファイルをアップロードするので、FFFTPでは時間がかかるねwwwww

こういうインストール型のシステムの開発は、非常に大変だね。

セキュリティーアップデートを出していく必要があるし、だいたい、使用者の環境が違いすぎる。

Windowsアプリのように、カンタンに上書きインストールというワケにはいかない。

そもそもインストールといっても、ダブルクリックで済むわけではなく、解凍やアップロード、属性変更等が必要。

さらにはアップグレードのヘルプも作る必要がある。

どのバージョンからのアップグレードかによっても、ヘルプの内容は異なるだろう。

コードを書く必要はないから楽ではあるが、それなりに知識が必要になってくる。

ということも含めて考えるなら、コードが書けるなら、自分でシステムを組んだ方が楽かも...

Movable Type をアップグレードするときに、新しいアプリケーションディレクトリを作成してアップグレードする場合には、現在のアプリケーションディレクトリから必要なファイルをコピーする必要があります。
通常のインストール環境では、コピーするディレクトリは、主に以下の5つです。

・mt-config.cgi
・plugins/追加したプラグイン
・mt-static/plugins/追加したプラグイン
・mt-static/support
・themes/追加したテーマ


mt-config.cgiはあるが mt-static/support はないよ...

-----

この段階で/mt.cgiにアクセスしても、Internal Server Errorとなる。

Internal Server Error

プログラムのアップロードが終わったら、拡張子が ".cgi" となっているファイル(mt.cgi や mt-search.cgi のようなファイルです)に実行権限 (execute) を割り当てる作業を行います。
同様に、MTファイルをアップロードした、mtフォルダ自体にも実行権限を与えます。


属性は755へ。

しかし...

Got an error:Bad ObjectDriver config

終〜了〜!

mt-config.cgiを削除すると設定が進めるようなので、mt-config.cgiが古杉でダメなんだろうね。

MT6にはMySQLが必須なので、過去のMTに於いてDBを使用しない運用だと、アップグレード不可?

古いmt-config.cgiを見たら、DBの設定が全てコメントアウトされていた。

# ObjectDriver DBI::mysql
# Database
# DBUser
# DBPassword
# DBHost localhost

そりゃ、このmt-config.cgiで、DB使用のMT6は動かないわなぁ。

-----

MT3の管理画面を探したら「エントリーの書き出し」というものがあるが?

これで書き出すと、以下のテキストファイルが得られる。

--------
AUTHOR:
TITLE:
STATUS:
ALLOW COMMENTS:
CONVERT BREAKS:
ALLOW PINGS:
PRIMARY CATEGORY:
CATEGORY:

DATE:
-----
BODY:
-----
EXTENDED BODY:
-----
EXCERPT:
-----
KEYWORDS:
-----

この内容が、縦に並んでいる、長いテキストファイル。

かなり大変だが、これを編集してcsvファイルにし、MySQLにインポートさせるのは可能(そのままMT6で使えはしない)だろうが、致命的なのは、その記事のURLがないこと。

URLを失えば、全てリンク切れとなってしまう。

-----

ブログシステムが登場してきた頃、Movable TypeやNucleus等を入れて運用していたね。

Nucleusは、他国語での運用だったので採用した記憶がある。

-----

古い書籍(2004年)を引き出して見たら、MT3.0はDBナシで動かすことが可能だったようだね。

DBを見ても係るテーブルがないので、DBナシで動かしているのだろう。




[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!