Apple製品を新旧複数所有しているため、DOCKコネクタとLightningコネクタの2種類が混在している。

DOCKケーブルとLightningケーブル(ともに純正)
DOCKケーブルとLightningケーブル(ともに純正)

全て新しいものに置き換えればLightningのみとなるのだろうが、DOCKコネクタの機種も使用中なのね。

となると、ケーブルが問題となる。

iPadにしても、第三世代とAir(第五世代)があり、充電ケーブルが異なる。

充電は、自宅ではAnkerの5ポートUSB充電器を使っている。

AK-71AN25W-W5JA,B00F3VZ45C

関連:Ankerの5ポートUSB充電器を入手(AK-71AN25W-W5JA,B00F3VZ45C)

2A出力が2つあるので、第三世代と第五世代を同時に充電できるのは便利だ。



PowerIQ搭載の新型が出たためか、私が購入したときから1,000円近く安くなっているwwwww



しかし、Lightningケーブルを外に持ち出してしまい、家でケーブルがない!となり充電できない場合がある。

ということで、Lightningケーブルを入手していた。

HanyeTechのLightningケーブル
HanyeTechのLightningケーブル

ご存知のように、Lightningケーブルはチップ認証があるため、DOCK機種のケーブルのように何でもいい(100円ショップとか)とは限らない。

Appleの純正を買えば済むが、高い(1,900円!)しね...

認証されていないケーブルは安いが、使用不可能なもの、充電のみ可能で通信できないものなど様々。

また、端末によったり(iPhone5はOKだがSでは不可など)、OSのアップデートで使用できなくなったりと、不安な点が多い。

しかし、このような互換ケーブルは、純正に比べると格段に安いので、カバン常駐(出先でのモバイルバッテリーでの充電)なども考えると、選択肢に入ってくる。

で、しばらく気になっていたHanyeTechのLightningケーブルを入手。

HanyeTech製 Lightning USBケーブル

販売価格はたったの198円wwwww

純正がバカらしくなるね。

アマゾンのレビューを見ると、耐久性に難があったり、使用できなかったりするようだが、まぁ安いので挑戦!

今のところ、iPad Air(第五世代)で問題なく使用できている(iOSは最新の7.1.1)

充電可能で、パソコン接続での通信も可能。

純正とHanyeTech

純正と比べると、コネクタ部が太いので、ケースによっては奥まで挿さらない可能性があるが、私のケースでは問題ないので、何本か買っておこうと思う。

自宅と事務所だけでなく、モバイルバッテリーとセットでカバンに入れておけば、出先でも充電可能。

Panasonicのモバイルバッテリー(QE-QL201)であれば2A出力ができるので、iPadも充電可能だ。

モバイルバッテリー(QE-QL201)

関連:iPadも充電可能なUSBモバイルバッテリー「QE-PL201(Panasonic)」

上述のように、今後のOSのアップデートでは使用不可になる可能性は残る。

純正のケーブルでも耐久性が高ければよいのだが、純正もすぐに断線するしね...

MacBook Air(MBA)のACアダプタもそうだが、Apple製品は周辺機器の質が低杉流

MBAのACアダプタ(MagSafe1)は断線により廃棄、互換品を使用中であり、AppleのMagic Mouseも認識しなくなってしまったので、今は別のマウス使っている次第だ。

不安なら、MFi認証を受けたヤツの方がいいだろうね。



















MFi認証とは、Made for iPod、Made for iPhone、Made for iPadなどのこと。




[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!