古いマザーボードだけどね。

ASRock Z77 Extreme4

ASRock Z77 Extreme4

2012年4月8日の販売開始なので、2年前。

市場予想価格は15,980円前後だったから、中級マザー?

(上位にはASRock Z77 Extreme6があり、同価格は20,980円前後)

ソケットはLGA1155なので、最新の4770K(LGA1150)は載らない。

載るのは、旧世代(Core i7 2600Kとか、3770K等)だね。

まぁ、旧世代であってもまだ十分使えるし、価格性能比で優れたCeleron G1610も載るし、旧板でもまだまだ現役?



起動すると、UEFI(グラフィカルなBIOSっぽいヤツ)になる。

カーソルが表示され、マウスも使える。

UEFIのアップデートは、アップデートファイルを入手し、USBメモリに入れて、メニューから選ぶだけ。

ASRock Z77 Extreme4

ASRock Z77 Extreme4
分かりにくいが、ここでファイル名をクリックすると進む

ASRock Z77 Extreme4

ASRock Z77 Extreme4

ASRock Z77 Extreme4

SDカード+カードリーダーでも読めたし、UEFI起動後に挿しても認識された。

SDカード+カードリーダー

LANケーブルを挿していれば、インターネット経由で可能なようだね。

DOS起動のフロッピーディスクを作成し、その中にBIOSファイルを入れて...とやってたんですな、昔は。

最新のアップデートファイル

Z77EXT42.90 (ver.2.90,7/23/2013)

であったが、そのサイズは8MB

フロッピーでは無理だね(笑)

メモリーは4枚刺さるのだが、3枚挿すとエラーのビープ音。

3枚目を1-2枚目に挿すとエラーではないので、メモリーは正常。

奇数枚挿しはエラーなんですかね、これ。

USBメモリから起動したUbuntu

Ubuntu

Ubuntuでのシステム情報。



UbuntuはLinuxの中でもWindows的であり、インターネットやメール程度であればこれで十分だね。

WindowsXPの期限が今年4月9日に迫っているが、深い用途でなければ、そのマシンにUbuntuを入れると延命可能?

まぁ、インターネットやメール程度であればiPad等のタブレットで十分なのだが。

移動可能、バッテリーは持つし、マウスもキーボードも不要。

関連:iPad Air(第5世代)を入手 - 感動はない(笑)

しかし、少し凝ったことをしようとすると、タブレットでは不可能。

見るだけならタブレットでOK、作る側ならやはりパソコン。




[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!