ハードディスクメンテナンス

ハードディスクの診断、物理フォーマット、静音化、Linux、サーバー、MySQLなどがメインだったのですが、その後広がり、カメラやハードウェアの投稿も増えてきました。 モバイルデバイスは、MacBookAir(13型)、iPad Air2、ポメラ DM100(キングジム)OLYMPUS STYLUS XZ-2など。 これらを使いながら、ブログを更新しています。

2019年11月



ライブドアブログの管理画面を見ると、Yahoo!ブログからの移行画面があった。

Yahoo!ブログ_データ移行用コード発行

Yahoo!ブログがサービス終了するので、そのためのものである。

関連:Yahoo!ブログがサービス終了へ、2019年12月15日まで!

滅亡までの流れは、以下の通りである。

・2019年6月4日:他社ブログへの移行ツール提供開始

・2019年9月1日:記事・コメント・トラックバックの投稿及び編集機能終了

・2019年12月15日:移行ツール及びサービス終了

2019年12月15日以降、Yahoo!ブログは、閲覧もできなくなる。

yahoo

先立って2019年3月末、Yahoo!ジオシティーズはサービスを終了しており、同年3月31日を以て表示ができなくなった。

関連:Yahoo!ジオシティーズ サービス終了のお知らせ

貴重なコンテンツが消え去ってゆく...

ジオシティーズは1994年アメリカで誕生しました。
誰でも簡単にホームページを開設できる仕組みや、ストリート名と番地を選んでホームページを開設するという、
いわば仮想の都市を作るユニークな試みにより、瞬く間にインターネット初期の代表サービスの1つとなりました。

その後、1997年に日本法人ジオシティーズ株式会社が設立されました。
2000年からはYahoo!ジオシティーズとして運営しております。
アメリカでの誕生から24年、日本法人設立から21年、Yahoo!ジオシティーズとなってから18年が経ちました。
アメリカを始め各国で提供されたジオシティーズは2009年にサービスを終了し、日本のジオシティーズだけが残りました。
たくさんの方にホームページを作成していただき、それをたくさんの方に見ていただくことで、長きにわたり運営を続けられました。

インターネット初期から現在までに作成された膨大なホームページを維持するためスタッフ一同努力を続けて参りましたが、2019年3月末をもちましてサービスを終了させていただくことにいたしました。

サービス終了の理由は、一言では説明できません。
採算面や、今後システムを維持するためのテクノロジーに関する複数の課題などを総合的に判断した結果、これ以上の継続は難しいという判断に至りました。
ご利用いただいている皆様にはご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解をいただけますと幸いです。

ジオシティーズに作成された技術関連のホームページは今でも多くの技術者の助けになっていると聞いています。
現在も毎日のように更新されているホームページもあります。
1990年代後半に作成された個人のホームページはその体裁やデザインも含めて、その時代のインターネット文化そのものです。
Twitter上では「昔作成したホームページがジオシティーズに残っている、黒歴史だから早く消えて」というつぶやきも見かけます。
長期にわたり更新されていないホームページについては、規約にのっとり削除することも可能でしたが、誰かが必要としているかもしれないページを削除するのは忍びなく、できるだけ残す方針を続けてきました。

インターネット上に残された多くの遺産や、現在も積み上げられている情報の蓄積が消えてしまうのはインターネットを愛するスタッフ一同としても残念な思いでいっぱいです。
以下で代替サービスと引っ越し方法について説明いたします。
1つでも多くのサイトが引っ越し先で公開を継続していただけますと幸いです。


それ以降もFTPでデータのダウンロードは可能(当然本人のみ)のようだが、2020年3月31日には全データが削除される。

Yahoo!ブログ、Yahoo!ジオシティーズの両者とも、移行方法が提示されているだけアリガタイのだろうが、
本件に気付かない、興味がない、パスワードが分からない、作者が●ンだなどの理由で、新天地で生き残るのは、ほんの一部だろう。

347620410012
↑さよならジオシティーズ

ナニモカモ、全てが消失していく、再び。

関連:ライブドアブログ
[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



2019年8月18日に、メインマシン(Windows10 Pro)を、バージョン1903にした。

Windows10

2019年5月22日に公開されたようなので、3ヶ月くらい待ってからということになる。

なぜ待ったかというと、過去の大型アップデートで悲惨な目に遭ったから。

音声関連がおかしいとか、挙句の果てにはネットにつながらないなどの不具合多発であった。

関連:Windows10 Fall Creators Updateでトラブル発生、削除するも新たなトラブル!

関連:悲惨杉流、Windows10 Fall Creators Update

目下、バージョン1903に於いては、特段大きな不具合は検知していないが、録画やライブ配信とかでも問題ないかはまだ未確認なので、安心はできない。

なお、2019年8月のメインマシンの構成は以下の通りである。

・CPU:Core i7-6700(Skylake)
・M/B:H170M Pro4(ASRock)
・RAM:32GB(8GB×2枚8GB×2枚)
・GPU:GeForce GTX 1060 AERO ITX 6G OC(MSI)
・SSD:SDSSDXPM2-500G-J25(500GB,M.2,SanDisk)
・電源:MPX-7501-AMAAB-JP(750W,CoolerMaster)
・OS:Windows10 Pro(64bit)

CPUとマザー、RAM16GBで、2015年のシナモノで2016年夏に組み、その後、M.2のSSD追加、電源交換、ビデオカード追加、RAM追加などを経て、現在に至る。

関連:組立作業 Core i7-6700(Skylake) H170M Pro4(ASRock) TS2133HLH-16GK(Transcend)

関連:SDSSDXPM2-500G-J25(エキプロ)の入手,レビュー,ベンチマーク,温度,サンディスク

関連:[MSI] GeForce GTX 1060 AERO ITX 6G OC 開封レビュー [NVIDIA]

関連:[電源] MasterWatt 750 MPX-7501-AMAAB-JP 換装前後レビュー [CoolerMaster]

関連:メモリー(Panram,W4U2666PS-8GC19,8GB×2枚)を買〜た件

マシンパワーに関しては、CPUがCore i7-6700と、2015年あたりの構成であり、既に4年が経過しているが、まぁ大きな不満は無い。

最近はIntelよりもAMDが優秀でコスパにも優れるようなので、そちらへの移行も考えてはいるが、
AMDに抜かれたIntelが「逆々襲」した後のタイミングで変えたいと思っている。

別に反AMDではないし、過去にはK6-2やK6-III、Athlon、Duron、Athlon 64 X2なども使ってきている。

AMD Duron 800MHz

関連:Athlon 64 X2 4400+(Socket939) ADA4400DAA6CD と ADV4400DAA6CD の違い

関連:AMD Duron800MHz(Spitfire)から1.2GHz(Morgan)へ換装する

が、やはりまだまだIntelに最適化されているのが普通なので、その点でもAMDには不安があるが、最近はそうでもない?

OSの再インストールをしたくない(面倒)ため、起動ドライブをそのまま
新環境に取り付けて使いたいので、Intel→AMDだと、修復が必要そうで嫌というのもある。

まぁ、Intelが「逆々襲」とはいっても、状況的にかなり先になりそうなので、その間にAMDに行ってしまいそうである。

その場合は、Ryzen 5 3600を選択したい。

AMD Ryzen 5 3600 with Wraith Stealth cooler 3.6GHz 6コア / 12スレッド 35MB 65W【国内正規代理店品】 100-100000031BOX
AMD Ryzen 5 3600 with Wraith Stealth cooler 3.6GHz 6コア / 12スレッド 35MB 65W【国内正規代理店品】 100-100000031BOX

価格は2.6万円程度で、6コア12スレッドである。

現在のCore i7-6700は4コア8スレッドであり、コア数もスレッド数も増加となる。

AMDで懸念されるシングルスレッドの性能であるが、Zen2になってIntel並になったとのことなので、コアが2ツ増えて、スレッドが4ツ増えた感じとなろう。

当方はYouTubeに動画を出しており、エンコードをする機会は多いのだが、CPUでエンコードすることは少なく、ほとんどがQSV(Intel HD Graphics 530)、
まれにNVENC(GeForce GTX 1060)というハードウェアエンコードなのだが、よく使うAviutlだと、QSVやNVENCを使ってもなぜかCPUが多く使われてしまうので、
Ryzen 5 3600にするとメリットは大きそうだ。

マザーに関してはX570だと無駄に高すぎるので、B450で十分。

ASRockのB450 Pro4だとアマゾンで9,700円前後で安い。

ASRock AMD B450チップ搭載 ATX マザーボード B450 Pro4
ASRock AMD B450チップ搭載 ATX マザーボード B450 Pro4

安価でありながら、M.2が2ツあったり、背面にUSB Type-Cが1ツではあるがあるので、ガチゲーマーやLEDピカピカのキティG*Yではないのでこれで十分。

背面_B450 Pro4

M.2(NVMe)とPCIe(x16)の2本目が排他など、細部には注意だが、当方はビデオカードは1枚のみなので無問題。

購入に際しては、注意点が1ツある。

B450のマザーで第三世代Ryzenを使うには、BIOSのアップデートが必須である。

B450 Pro4の場合、BIOSがP3.20以降が第三世代Ryzen対応だが、通販で買う場合、BIOSが上げられているか分からないのだ。

アマゾンレビューで調べたが不明だし、ドスパラ通販でも不明である。

ドスパラはパソコン屋なのだから明記すべきヤロ?セヤロ?

アマゾンはASRockの他のモデルも同ページ掲載となっており、レビューやFAQを読む際は機種で絞らないとならないので注意。

実店舗なら「Ryzen3000 Ready」とかのシールの有無で判別できるが、ネット通販は多くが不明。

PCワンズのように無料でアップデートしてくれる(通販も実店舗も)ところもあるが、アマゾンやドスパラよりも1,400円ほど高い。

関連:BIOSアップデートサービス (PCワンズ)

ドスパラは実店舗の場合のみ?で、BIOSアップデートサービスがあるが、有料で三千円も取る!

関連:PCの修理・アップグレード作業 (ドスパラ)

AMDが無償でBIOSアップデートのためのCPUを貸してくれる「Boot kit」というものがあるらしいが、手続きが面倒すぎるので除外。

関連:BIOSが古いAMD300マザーで第2世代Ryzenを動作させる3つの公式方法 (インプレス)

ASUSやMSIのマザーなら、CPUもメモリーも映像出力も不要でBIOSをアップデートできる「USB BIOS Flashback」という機能があるが、ASRockのマザーにはそのような機能はない。

関連:Flash BIOS Button (MSI)

BIOSのアップデートのためだけに古いCPUを買うのも無駄で面倒すぎるし、最安のAthlon 200GEでも6千円するし、最初期バージョンのBIOSだとAthlon 200GEでも認識しない罠w

なお、動画のエンコードだけなら、8コア12スレッドのRyzen 7 2700Xが約2.6万円、Ryzen 7 2700が約2.4万円と、Ryzen 5 3600とほぼ同じか安いので、

Ryzen7_3600_2700X_2700

エンコード重視(H.264限定、H.265はダメ)なら、ソチラがいいのかはシラン(SILANE)。


ASRock AMD B450チップ搭載 ATX マザーボード B450 Pro4
ASROCK (2018-07-31)
売り上げランキング: 1,761

AMD CPU Ryzen 7 2700X with Wraith Prism cooler YD270XBGAFBOX
AMD (2018-04-19)
売り上げランキング: 3,130

AMD CPU Ryzen 7 2700 with Wraith Spire (LED) cooler YD2700BBAFBOX
AMD (2018-04-19)
売り上げランキング: 2,049

AMD CPU Athlon 200GE YD200GC6FBBOX Vegaグラフィックス搭載
AMD (2018-09-28)
売り上げランキング: 1,935



ASRock Intel H170チップセット搭載 MicroATXマザーボード H170M Pro4
ASROCK (2016-04-04)
売り上げランキング: 44,327

Transcend デスクトップPC用メモリ PC4-17000(DDR4-2133) 8GB×2 1.2V 288pin DIMM TS2133HLH-16GK
トランセンド・ジャパン (2016-03-24)
売り上げランキング: 38,229


MSI GeForce GTX 1060 AERO ITX 6G OC グラフィックスボード VD6307
MSI COMPUTER (2017-04-08)
売り上げランキング: 1,152




[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ワシが買ぅた時(16,980円)よりも壹阡圓も安くなッてるョ♪

15980円_C24G1_11_NTT-X

23.6型(C24G1/11):21,626円−5,646円(クーポン)=15,980円(税込,送料込)

AOC_C24G1

関連:[16,980円] ゲーミングモニター(C24G1/11,144Hz,24型,FHD,VA)を注文した件 [曲面パネル]

AOC C24G1/11のスペック



・メーカー:AOC
・型式:C24G1/11
・発売日:2018年12月14日
・パネルサイズ:23.6型
・液晶パネル:VA(曲面1500R)
・光沢:非光沢(ノングレア)
・解像度:フルHD(1920x1080)
・画素ピッチ:0.272mm
・画素密度(ppi):93
・表示色:1670万色
・色再現性:NTSC比 82%
・sRGB:96%
・視野角:水平178度/垂直178度
・輝度:250cd/(白色LED)
・コントラスト比:80,000,000:1、3,000:1
・応答速度(MPRT):1ms
・リフレッシュレート:144Hz (DP/HDMI)
・FreeSync:対応
・G-Sync:互換対応(DPのみ)
・入力端子:DP 1.2×1、HDMI 1.4×2、VGA×1
・ヘッドホン端子:あり
・VESA:100x100mm
・スピーカー:なし
・消費電力:21W
・重量:4.46kg

DPでの接続時に限られるが、以下のように、NVIDIA G-SYNCの互換に対応している(NVIDIA社での検証はナシ)。

NVIDIA_G-SYNC_AOC_C24G1

60Hzよりも上のモニターは初だが、差は明らかに分かるね。



144Hzまでイかなくても、90Hz程度でも明らかに分かる。

特に、FPSで振り向いた時に顕著に分かり、背後の敵をソクヅァに発見、対処(ヤ)リ易くなる。

AOC C24G1/11の在庫は僅少、クーポンの期限は2019年11月18日午前10時迄となッてる。

・23.6型(C24G1/11):21,626円−5,646円(クーポン)=15,980円(税込,送料込)

同系の大サイズにもクーポンがあるが、各々の期限が異なるンで要注意!

・27型(C27G1/11):26,977円−4,997円(クーポン)=21,980円(税込,送料込)
・31.5型(C32G1/11):32,330円−7,350円(クーポン)=24,980円(税込,送料込)

関連:KA270HAbmidx(Acerの27型液晶モニター)を入手 レビュー

関連:EB321HQUBbmidphxの購入とレビュー [Acer,31.5型,WQHD(2560x1440),液晶モニター]

関連:[AOC] ゲーミングモニター(144Hz,VA)の24型が19,800円、27型が21,980円、31型が23,980円 [フルHD,曲面]





[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



・予約開始日:2019年8月10日(土)
・発売日:2019年9月30日(月)



NEOGEO mini サムライスピリッツ限定版セット 覇王丸
SNKプレイモア (2019-06-30)
売り上げランキング: 126

NEOGEO mini サムライスピリッツ限定版セット ナコルル
SNKプレイモア (2019-06-30)
売り上げランキング: 129

NEOGEO mini サムライスピリッツ限定版セット 橘 右京
SNKプレイモア (2019-06-30)
売り上げランキング: 207
[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



PHPのバージョンを7.3.8に上げたカラカはシラン(SILANE)けど、

PHP Version 7.3.8

関連:[Mac] PHPのバージョンが異なる問題と解決方法 [HighSierra]

WordPressとかで、ワケの分からないエラーがドン!ドン!出てクル♪

Warning: preg_replace(): JIT compilation failed: no more memory in XXXX
Warning: preg_replace(): JIT compilation failed: no more memory in XXXX
Warning: preg_replace(): JIT compilation failed: no more memory in XXXX
Warning: preg_replace(): JIT compilation failed: no more memory in XXXX
Warning: preg_replace(): JIT compilation failed: no more memory in XXXX


phpinfo()では何らエラーなし、phpMyAdminでは下にツラツラとエラーが出てたけど無視シテタw

ローカルのテスト環境であり表には出ないので害は少ないけど。

以前のv7.1.23では、こんなコトなかった。

で、

no more memory

とユッテルから、

メモリー増設のためにパソコンショップにGO!

てなハナシでは当然ナゐwwwww

調べたら、v7.3.1で同様のエラーが出た人がゐテテ、PHP7.3のバグとのコト。

関連:WordPress PHP7.3にしたらデフォルトテーマでno more memoryってWarningが表示された件

解決方法は、php.iniでコメントアウトされている「;pcre.jit=1」を「pcre.jit=0」として有効にすればゐ々とある。

<php.iniの場所>

/usr/local/etc/php/7.3/php.ini (Homebrew) ←コチラ
/private/etc/php.ini (Mac)

書き換えたら、Apacheを再起動。

sudo apachectl restart

これでエラーが消える。

ケド、v7.3.1でエラーで、v7.3.8でもまだエラーて、どぉゅぅコト?

実はバグではないトカ/渡嘉?

市中のレンタルサーバーのPHPのバージョンが7.2.xまでなのはソノタメか!と思われたが、さくらインターネットは7.3を提供している...

# 7.2は2020年11月サポート終了



なお、phpMyAdminでAUTO_INCREMENTが変更できない(何をしても変わらないw)事案があったが、本件がソノ原因なのかはシラン(SILANE)。

あと、v7.3.8にしてから、Chromeで「このページは動作していません」「データが送信されませんでした」「ERR_EMPTY_RESPONSE」が頻発している。

このページは動作していません_Chrome

百害あって一利ナシwwwww

関連:Macでサーバー(Apache,PHP,MySQL,WordPress)を作る
[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ