ハードディスクメンテナンス ブログ

ハードディスクの診断、物理フォーマット、静音化、Linux、サーバー、MySQLなどがメインだったのですが、その後広がり、カメラやハードウェアの投稿も増えてきました。 モバイルデバイスは、MacBookAir(13型)、iPad Air2、ポメラ DM100(キングジム)OLYMPUS STYLUS XZ-2など。 これらを使いながら、ブログを更新しています。

2014年02月






KURO-DACHI/CLONE+ERASE/U3(HDDスタンド,USB3.0接続,クローン機能,データ消去機能付)消去作業に入れない件(Eraseボタン長押し、4ランプ点灯の後、消去が始まらない)であるが、

KURO-DACHI/CLONE+ERASE/U3(HDDスタンド,USB3.0接続,クローン機能,データ消去機能付)
KURO-DACHI/CLONE+ERASE/U3(HDDスタンド,USB3.0接続,クローン機能,データ消去機能付)

ハードディスクを挿し、電源を入れてからあまり間を置かずにEraseボタン長押しを実行すると成功率が上がるようだ(早すぎてもダメ)。



その場合、Eraseボタンの長押し時間は、4ランプ点灯を確認すればそれでよく、その場合、3秒もない。

私の個体だけかも知れないが。

電源投入後、速やかに消去作業に入るということは、

説明書14ページにある

Make sure all HDDs have stopped rotating before Erase button is pressed.

に反することになると思うが...

だが、電源投入後、回転が落ちてしまえば、Eraseボタン長押しでも回転が始まらず、結果として消去作業に入らないのである。

また、消去作業中及び消去作業後にHDD2(100%)ランプが点灯する場合は、消去作業失敗のサイン。

クローン処理とは異なり、不良セクタがあっても消去作業は進行するが、不安定なハードディスクは消去失敗になることが多い。

なお、以前書いた超超超超遅いハードディスクは、消去処理が延々と続いて進行しなかった(HDD2(100%)ランプの点灯とはならない)。

超超超超遅遅いながらも進行しているのかは、不明である。

さらに、WDのWD1500ADFDというハードディスク(WD Raptor,150GB,10000回転)を2台所有しているが、2台ともどうやっても消去作業に入れないので、ディスクとの相性があるのかも知れない。




[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!






試験データベースサーバー(DBサーバー)を入れ替えた。

Debian7.4(64bit) MySQL5.5.35

Debian7.4(64bit)

CPU:2.4GHz→3.0GHz
MEM:4GB→8GB (2GB×4枚)

(それでも当然、)SQLで重い処理をすると、CPU占有率が100%に達する。

CPU占有率100%
CPU占有率100%

以下のように100%以上を示すのは異常ではなく、複数コアがある場合。

CPU占有率189%
CPU占有率189%

今回はXeon E3110への換装なので、Dualコアである。

Xeon E3110の詳細

CPU占有率が100%に達する時間が長い場合は、過去に書いてきたMySQLの設定や、SQL文、データベースの設計、index等を見直す必要があるだろう。

ただ、多少見直したところで「遅いものは遅い」処理は、必ず存在する(後述)。

DBサーバーの処理で(ハード的な)ネックになるのは、主に

CPU、メモリー、固定ディスク、NIC

の四つ。

NICは、100BASEよりもGbEの方が当然よい。

NIC
NIC

1Gbpsは125MB/sであるが、固定ディスクが高速であっても、実際にはそこまでは出ない。

NICを経ずに(サーバー内で)重い処理を実行し、それでも重い場合はNICは関係ない。

固定ディスクは、主にハードディスクが用いられるが、速度面から、最近はSSDを採用することもあろう。

ハードディスクとSSD
ハードディスクとSSD

が、SSDは寿命があるのでその点が心配、といっても、HDDも故障はするので、冗長化は必要。

SSDはハードディスクに比べ単位容量あたりの価格が高いが、それをクリアできるなら導入してもよいだろう。

メモリーは、固定ディスクに比べ非常に高速であるが、高価であり、データを一時的にしか保持できない。

メモリー
メモリー

昔に比べると安価であり、多く積みたいが、メインボードのスロット数や搭載上限に注意する必要がある。

また、サーバー系のメインボードの場合、ECC付でないと

さらに、MySQLの調整(key_buffer_size等)でメモリーを有効に使うよう設定をしないと、無駄になる。

最後はCPU。

CPU(Xeon)
CPU(Xeon)

冒頭でも書いたように、上位のCPUに換装しても重いものは重く、CPU占有率が100%に達する。

100%に達している時間が短くなるという効果はあるが、数百MHz上げたところで、大きな効果は見込めない。

重い処理の中には「データを読み出すのに時間がかかる」処理がある。

数万件のデータを全てSELECTするとか、そんな処理。

これは、データが大きいので、時間がかかるのは当然。

CPUよりは、固定ディスクを見直すべきだろう。

当然、数万件のデータが必要になるのか、という検討は必要。

無駄にデータをSELECTしても、最終的にその一部しか必要でないのなら、そもそもSELECTする必要があるのか。

indexが適切に付けられているのか、利用されているのか(EXPLAIN)、等。

JOINやUNIONも処理コストのかかる処理である。

また、DB設計の正規化、非正規化という問題がある。

・正規化:更新のパフォーマンスは向上するが、検索のパフォーマンスは低下。
・非正規化:検索のパフォーマンスは向上するが、更新のパフォーマンスは低下。

正規化は、簡単にいうとテーブルを分けるということ。

テーブルを分ける(正規化)と更新時は一部のテーブルのみの更新で済むが、
検索時に結合する必要が生じるので、検索のパフォーマンスは低下する。

読み出しが多い場合は、あえて非正規化するのも手だろう。

重要なのは使用者にとって快適なシステムか?である。

使用者が開発者と異なる場合、使用者にとって、正規化や非正規化等、どうでもよいこと。

「正規化原理主義者」のような設計者がいるが、使用者の立場に立つと、正規化が常に正しいわけではないことが分かろう。

当然、正規化と非正規化を理解した上で設計するか、そうでないかは、重要であり、知らない人間と共に開発しても、話が合わない(笑)

----

重い処理で、ブラウザ落とせますね。

ページ応答なし
ページ応答なし
[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote






Xeon E3110は、Wolfdale,2Cores,FSB:1333MHz,L2:6MB,TDP:65Wであり、XeonではあるがCore2 Duo E8400とほぼ同等。

Xeon E3110
Xeon E3110

CPUソケットもサーバー用のLGA771ではなくLGA775であり、メインボードが対応していれば一般品でも稼働する。

(当然だが、LGA775とLGA771はピン数や切欠きの位置が異なり互換性がない)

Xeon E3110は、Core2 Duo E8400が品薄になった時に、代用として求められた。

Xeon E3110のLGA771版ともいえるものが、E5240

Core2 Duo E8400は、当時はCore2 Duoの上位(E8600,E8500に次ぐ上から三番目)であったが、その後、度重なるマイクロアーキテクチャ(MA)の進化があり、

Core2世代

Corei7 第一世代(Nehalem,Lynnfield)

Corei7 第二世代(Sandy Bridge)

Corei7 第三世代(Ivy Bridge)

Corei7 第四世代(Haswell)

かつてはCore2 Duo最強軍団の一角を成したが、2014年の今となっては、現行品のCeleron Dual-Core(Haswell,LGA1155)に(性能は)負ける?かもしれない...

・Celeron DC G1820:2.7GHz

・Celeron DC G1820T:2.7GHz

・Celeron DC G1830:2.8GHz

たかだか実売五千円程度のCeleronごときに、王者が敗北(マケ)るのかッ!!

関連:Core2 Duo 三兄弟(E8400, E8500 ,E8600) - Core2 Duo最強軍団

Intel Boxed Core 2 Duo E8400 3.00GHz BX80570E8400
インテル (2008-01-20)
売り上げランキング: 9,064
[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote






phpMyAdmin 3.4.11.1deb2

phpMyAdminの標準のデザイン(テーマ/スタイル)は、いつしかpmahommeというものに変更になっている。

pmahomme
pmahomme

しかし、前のテーマ(Original)に慣れている場合、Originalの方がいいこともあろう。

Original
Original

テーマは、ホームにある 外観の設定>テーマ/スタイル から変更できる。

外観の設定>テーマ/スタイル

これを、標準でOriginalにするには、

/var/www/phpmyadmin/libraries

にある

config.default.php

のファイル中の以下をOriginalに書き換える。

/**
* set up default theme, if ThemePath not empty you can set up here an valid
* path to themes or 'original' for the original pma-theme
*
* @global string $cfg['ThemeDefault']
*/
$cfg['ThemeDefault'] = 'pmahomme';



$cfg['ThemeDefault'] = 'Original';

なお、テーマのファイル群は

/var/www/phpmyadmin/themes

に格納されており、他のテーマも配布されている。

複数のサーバーを持って複数のphpMyAdminを扱う場合、試験サーバーのDBと思ってDROPしたら、実は実運用サーバーのDBであった、となると困る。

どちらのDBであるか分かりやすくするため、試験サーバーと実運用サーバーのphpMyAdminのテーマを大きく変えておくとよいだろう。

phpMyAdminの左上にはクリックするとホームに飛ぶロゴがあるが、これを「試験サーバー」とか「実サーバー」とかに変えておくと分かりやすいだろう。

Originalの場合は

http://192.168.0.10/phpmyadmin/themes/original/img/logo_left.png

が左上のロゴであり、pmahommeでは

http://192.168.0.10/phpmyadmin/themes/pmahomme/img/logo_left.png

である。

なお、phpMyAdminでテーブル選択後に「SQL」をクリックすると「データベース xxx 上でクエリを実行する」ことができるが、この標準のSQL文(SELECT * FROM @TABLE@ WHERE 1)も変更可能だ。

上記のconfig.default.phpの該当箇所を書き換える。

/**
* Default query for table
*
* @global string $cfg['DefaultQueryTable']
*/
$cfg['DefaultQueryTable'] = 'SELECT * FROM @TABLE@ WHERE 1';

インポートの最長サイズはの変更はこれらの設定ではできないので、

phpMyAdminでのインポートファイルの最長を変更(Debian)を参照のこと。
[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote






古いマザーボードだけどね。

ASRock Z77 Extreme4

ASRock Z77 Extreme4

2012年4月8日の販売開始なので、2年前。

市場予想価格は15,980円前後だったから、中級マザー?

(上位にはASRock Z77 Extreme6があり、同価格は20,980円前後)

ソケットはLGA1155なので、最新の4770K(LGA1150)は載らない。

載るのは、旧世代(Core i7 2600Kとか、3770K等)だね。

まぁ、旧世代であってもまだ十分使えるし、価格性能比で優れたCeleron G1610も載るし、旧板でもまだまだ現役?



起動すると、UEFI(グラフィカルなBIOSっぽいヤツ)になる。

カーソルが表示され、マウスも使える。

UEFIのアップデートは、アップデートファイルを入手し、USBメモリに入れて、メニューから選ぶだけ。

ASRock Z77 Extreme4

ASRock Z77 Extreme4
分かりにくいが、ここでファイル名をクリックすると進む

ASRock Z77 Extreme4

ASRock Z77 Extreme4

ASRock Z77 Extreme4

SDカード+カードリーダーでも読めたし、UEFI起動後に挿しても認識された。

SDカード+カードリーダー

LANケーブルを挿していれば、インターネット経由で可能なようだね。

DOS起動のフロッピーディスクを作成し、その中にBIOSファイルを入れて...とやってたんですな、昔は。

最新のアップデートファイル

Z77EXT42.90 (ver.2.90,7/23/2013)

であったが、そのサイズは8MB

フロッピーでは無理だね(笑)

メモリーは4枚刺さるのだが、3枚挿すとエラーのビープ音。

3枚目を1-2枚目に挿すとエラーではないので、メモリーは正常。

奇数枚挿しはエラーなんですかね、これ。

USBメモリから起動したUbuntu

Ubuntu

Ubuntuでのシステム情報。



UbuntuはLinuxの中でもWindows的であり、インターネットやメール程度であればこれで十分だね。

WindowsXPの期限が今年4月9日に迫っているが、深い用途でなければ、そのマシンにUbuntuを入れると延命可能?

まぁ、インターネットやメール程度であればiPad等のタブレットで十分なのだが。

移動可能、バッテリーは持つし、マウスもキーボードも不要。

関連:iPad Air(第5世代)を入手 - 感動はない(笑)

しかし、少し凝ったことをしようとすると、タブレットでは不可能。

見るだけならタブレットでOK、作る側ならやはりパソコン。
[PR] au WALLETカードの情報 - auのプリペイドカードでショッピングをおトクに!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ